人と数学のあいだ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/01/10 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#人と数学のあいだ #NetGalleyJP


内容紹介

数学を学ぶことは、人間を学ぶこと

数学×物理学・プログラミング、ビジネス、小説、脳科学

数学の可能性を探る、4人との異分野対談!


■目次■

はじめに――数学を学ぶことは人間を学ぶこと

社会の至るところに浸透している数学

数学を学ぶことは人間を学ぶことである

数学を楽しむということ

数学するとは生きること――竹内薫さん

数学と孤独――岩井圭也さん

数学と脳――上野雄文さん

コンテンツとしての数学――川上量生さん

第1章 数学することは、生きること  加藤文元×竹内 薫

数学とプログラミングとクリエイティビティ

ルービックキューブで「群論」が分かる?

自分で「発見」することの大切さ

数学は人間が生み出したのか、自然にあるものか

数学はすごい、でも物理学もすごい

未来の数学の姿

第2章 数学と文学の交差点——すべての表現者は孤独か?  加藤文元×岩井圭也

なぜ、数学者を題材に小説を書こうと思ったのか

天才数学者の孤独

共同で革新的アイデアを生み出すことは可能か

作家の孤独

孤独とストイックの違い

「共鳴箱」の必要性

数学と文学の共通項

第3章 数学と脳科学――数学者の精神と脳科学の数理  加藤文元×上野雄文

脳から数学を読み解く

ガロアの死亡診断書

「数学脳」はあるのか?

数学と視覚の関係

数学者も言葉を通して考える

数学における〈正しさ〉とは何か

野山を駆け回ることと発想力

機械に数学はできるか

数学が「一つ」であること

人間の脳は、どのように抽象概念を手に入れたか

第4章 数学は「役に立つ」のか?  加藤文元×川上量生

数学という最高のエンターテインメント

数学はビジネスの役に立つのか

プログラムや法律の複雑度を「幾何学的」思考で測る

現代数学は「非可逆圧縮」された情報だと考えられる?

現代数学の可能性を探る――古典数学と現代数学の違い

「空間化」することの意味

数学における空間の考え方の変遷


数学を学ぶことは、人間を学ぶこと

数学×物理学・プログラミング、ビジネス、小説、脳科学

数学の可能性を探る、4人との異分野対談!


■目次■

はじめに――数学を学ぶことは人間を学ぶこと

社会の至るところに浸透している数学

数学を学ぶことは人間を学ぶことである

数学を楽しむということ

数学するとは生きること――竹内薫さん

数学と孤独――岩井圭也さん

数学と脳――上野雄文さん

コンテンツと...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784798701837
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

数学という学問は、どうしても好きになれなかった苦手な分野だ。だからこそ、数学を愛する人からは一体どんな世界が見えるのか興味が湧いた。この本では、様々な分野のエキスパートとの対談の中で、様々な視点から数学の魅力が語られていく。そうか、数学には古典数学と現代数学があるのか、とかルービックキューブは数学的に解けるのか、とか、読んでいて新しい発見ばかりだった。ガロアの本もいつか読んでみよう。

このレビューは参考になりましたか?

対談なのでとても読みやすかったです。
もともと数学や算数が好きだったのですが、改めて『数学って面白い』と思いました。
日常生活ではあまり意識していませんでしたが、たしかに、思った以上に数学は身近に存在していますよね。
よく考えてみれば、他人との距離感にも数学が使われているのかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

数学者の加藤文元さんが他分野の著名人とのトークを収録した対談集。
最近数学に興味があり、岩井圭也先生とのお話しがあったので読んでみました。
数学って用語に迫力があって面白い!
竹内薫先生との対談で出てくる用語が謎すぎてスゴイ。

"カラビ・ヤウ多様体をウルフラム言語で可視化した図をカバーに使ってます"
(講談社ブルーバックスの表紙について)
"宇宙際タイヒミュラー理論"とか???な言葉が。

理解してなくても数学はいろんなアプローチで興味をもっていいんだなと思わせてくれました。
自然と数学は関連しているというのも目が覚める思いでした。

このレビューは参考になりましたか?

数学の道に進んだ人が、どのような幼少期を送って興味を持ち、専門分野に進んだのか。ルービックキューブの解の法則を数式で表し、数学的にはどういう考え方を用いているのか。いわゆる数学脳というものの存在の有無と脳の領域の関係など、専門家達により興味深いテーマが取り上げられる。

このレビューは参考になりましたか?

知らない数学の概念がいくつか出てきてわからない部分がけっこうありましたが、対談なので読みやすく、語ろうとしておられる話そのものはおもしろかったです。話を理解できる知識を持っていなかったのが残念でした…。岩井圭也さんのデビュー作『永遠についての証明』について語られていたのが興味深かったです。

このレビューは参考になりましたか?

専門家同士の対談は、一般書として語ってくれていても理解不能という部分はあった(想定内)。

岩井圭也氏は、北海道大学大学院農学部(修士課程)で学ばれている。本書は数学者の加藤文元氏が色々な人と対談するという趣旨なのだが、数学者と数学が好きな理系出身の人気作家という異色の対談。数学をテーマ、とすると岩井氏の場合は当然「#永遠についての証明」!ファンには垂涎。

数学。抽象的な学なんだなと思う。文系の頭では三次元せいぜい時間軸を足して四次元までしか想像できないけれど、次元をどんどん増やして考えられる、という時点で頭の構造が違う気がする。どんなふうに考えるのか、ということを考えることは面白いと思った(ついていけないけど)。子供やその友人たちは数学に魅了されている。

数学が好きな人はもっともっと楽しめると思う。

このレビューは参考になりましたか?