介護者D

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/09/07 | 掲載終了日 2022/09/14

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#介護者D #NetGalleyJP


内容紹介

三十歳の琴美は東京で派遣社員として働く地味な毎日。そんな日々に一筋の光が。それは偶然、路上ライブで出会ったアイドルグループ「アルティメットパレット」だった。

働いたお金を貯めグッズやライブへ行き、仲間もできつつあるなか、札幌に住む父が体調を崩したとのことで急遽、帰宅することに。

交通事故で五年前に母親は他界し、妹は結婚しアメリカへ。雪かきもままならない父親の様子を見て、

札幌に戻ることを決意した琴美だが、地元の同級生は結婚し子育て真っ最中、初めての父子生活にお互いぎこちない日々、そしてコロナ禍に突入する……。

閉鎖的な日々、明るい展望も見えない中、生き続けるためのよすがを求めて懸命に生きる姿を描き切った、著者の新境地。


三十歳の琴美は東京で派遣社員として働く地味な毎日。そんな日々に一筋の光が。それは偶然、路上ライブで出会ったアイドルグループ「アルティメットパレット」だった。

働いたお金を貯めグッズやライブへ行き、仲間もできつつあるなか、札幌に住む父が体調を崩したとのことで急遽、帰宅することに。

交通事故で五年前に母親は他界し、妹は結婚しアメリカへ。雪かきもままならない父親の様子を見て、

札幌に戻ることを決意...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

★表紙は仮のものです。変更の可能性があります。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。
○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

★表紙は仮のものです。変更の可能性があります。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合...


おすすめコメント

▽担当編集者より
『絞め殺しの樹』で第167回直木賞の候補作になるなど、さらに今後が期待される河﨑秋子さんの新刊です。 今までは自然と歴史的な物語を執筆し、その実力を評価されておりましたが、今回は30代の女性が父親の介護に直面する現代的な問題を軸に描いております。 主人公・琴美の唯一の救いは「アイドル」。推しへの思いの描写が大変リアルで、行き場のなさがコロナ禍での閉鎖的な毎日にも重なり、 今の日本でなんとか踏ん張って生きながらえている人々に響く小説になっています。

▽担当編集者より
『絞め殺しの樹』で第167回直木賞の候補作になるなど、さらに今後が期待される河﨑秋子さんの新刊です。 今までは自然と歴史的な物語を執筆し、その実力を評価されておりましたが、今回は30代の女性が父親の介護に直面する現代的な問題を軸に描いております。 主人公・琴美の唯一の救いは「アイドル」。推しへの思いの描写が大変リアルで、行き場のなさがコロナ禍での閉鎖的な毎日にも重なり、 ...

販促プラン

★読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

投稿いただいたコメント・感想の一部は、弊社HP、SNSにて公開させていただきます。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は

恐れ入りますが<朝日新聞出版販売部>まで直接お問合せをお願い致します。


★読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

投稿いただいたコメント・感想の一部は、弊社HP、SNSにて公開させていただきます。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※ ...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784022518552
本体価格 ¥1,870 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

浅学にして初めて読む作者だが、ものすごく引き込まれた。
東京でのどん詰まりの生活の中、30歳の派遣社員の女性は父親の介護のため田舎に帰る。生きがいは推しのB級アイドル。
田舎での毎日に希望はない。だが生きていかなければならない。
生きていれば人生は拓けていく。
ものすごく暖かな気持ちになれた一作。
旧作もゼヒ読まなければ。

このレビューは参考になりましたか?

読んでいくうちに「介護者D」のタイトルの意味が重苦しくなる。なるほどDか。
子供時代に感じた妹に対する劣等感、父親や同世代の生き方や言動に読んでいる私まで傷つけられるよう。
大人になっても、ふとしたことがきっかけで沸き上がる感情にシンパシーを感じてしまった。
頭では介護の為に優先すべきことはわかっている。だけど!って叫びたくもなります。
いくつになっても親にとっては子供だし、違和感がありつつもそれを甘んじて受け入れる関係がどの家族でもあり得るのではないでしょうか。
推し活が重たくなりがちな物語のガス抜きをしてくれていて良かった。
推しはパワーの源ですもんね。
長期戦である介護は正解はないのかもしれません。
私自身が今まさに経験しているテーマだったのでネガティブな感情も否定せずにいようと思えました。

このレビューは参考になりましたか?

『絞め殺しの樹』を読んだ時どうしようもないほどの苦しみを味わったのにまた苦しくなるだろうと思うのに、新作を楽しみにしているのでリクエストしました。

「雪かきに来てくれないか」
父親からのこのメールで東京から札幌に戻った琴美。このメールの一言だけでも胸が苦しくなった。タイトルの『介護者D』この意味がわかってくるとさらに苦しくなる。
介護が必要となっても威厳を保とうとする父親、姉に介護を頼む妹、郷里で久しぶりに会った友人の言葉、とてもリアルに描かれていた。
介護やコロナ禍での閉塞感の風穴となり心の支えとなる推し活。
家族が介護が必要になったときの心境が私自身とも重なり読んでいてとても苦しかった。コロナ禍も重なり誰しもなにかに夢中になり閉塞感から抜け出そうとしたのではないだろうか。琴美の姿と自分を重ねる人も多いだろう。

介護、コロナ禍、自分の生活の手の届く範囲での出来事の今作もとても苦しかった。
私は苦しくとも読んでしまう河﨑さんの作品に、答えを求めようとも救ってもらおうとも思って読んではいない。ただ自分と重ね追体験し感じたままの苦しさを心に留めるようにしている。それがいつか自分が苦しいときに少しでも救われる何かのヒントになるのではないかとも思っている。
ここまで心を追い込んでくれる河﨑さんの作品をこれからも読んでいきたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

30歳独身で東京で派遣社員として働く琴美。
父が脳卒中で倒れ、
その後遺症で生活に不自由が出たことから、
実家のある北海道へ帰ることに。

母は5年前に事故で他界、
妹は海外在住、
父と暮らせるのは自分しかいない中で、
父と2人での生活が始まる。

当事者ではない周囲からの言葉に苛立ちを覚えたり、
逃げ場のない状況への不安や恐怖、
そんな自分に対して感じてしまう蔑み、
決して良くなることのない父の現状、
琴美の生活に介護はどんどん侵入していく。

そんな琴美の心の拠り所になっていたのは、
女性アイドルグループの推しの存在。
たまに会いに東京へ行くことでリフレッシュしていたが、
コロナ禍となりそれもままならない状況になっていく。
それでも続いていく日々。
自分を守りながら、父と娘はどう向き合っていくのか。


推しへの思い、周囲への苛立ち、
父への感情、自身のもどかしさ、
琴美のすべてにリアルを感じた。
タイトルの意味がラストに向け重みを増す感じがした。

このレビューは参考になりましたか?

河崎秋子さんの作品、初めて読ませていただきました。
今まさに渦中のコロナ禍、東京から父のいる故郷へ戻り、父と愛犬トトの介護に足を踏み入れる状況。そんな重苦しくなっていく中での推し活。
友達の心無い一言や遠く離れた妹との会話など身近に起こりえそうなことも多く、考えさせられました。

このレビューは参考になりましたか?

読んでいて辛かった。
だけどいつか自分もなりうるであろう介護する側、される側のリアルが描かれていて、
琴美に自分を重ねて読んだ。

30代独身、無職の琴美。
父親の介護と家事に追われる日々。
この先、何十年と続くであろう父親の介護。
どんなに頑張っても認めてもらえない理不尽さ。
先の見えない自分の未来への不安。
自分とは出来が違う優等生の妹。
そんな日々に苛立ち、いつも悪態をつく琴美。
唯一の心の拠り所がアイドルの押し活。
キラキラと輝くゆなを追いかけることで自分個人の時間を
大切にし、生きがいを求める。

今はまだ元気な両親でも他人事ではない現実に直面する時、
琴美のように私も何かに生きがいを求めるのだろう。

介護という重いテーマに、押し活というポップさで重すぎず前向きになれる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

六月に刊行されたばかりの「鯨の岬」を読了した直後。
間違いなく北海道を代表する表現者だという思いをあたらにしたばかりだった。
「新境地」という言葉がしっくりくる。道東は根室の地に根差し、羊飼いとして生きた生活の中から生まれる文学が紡ぎ出される。安易な感傷を排したと感じられる厳しい筆致の背後には、生き物全てを圧倒する過酷な自然の中に生きる実感に根差す言葉がある。自然界の中で人間を特別視していない。

本作は、徹底的に人間の心の動きに焦点をあてている点で、河崎秋子としては新鮮な感じがする。
時は平等に流れゆく。誰でも少しずつ歳をとる。自分の身の回りのことができなくなってきた時どうするか。その時誰かそばにいるのか。家族は寄り添えるのか。その時日常はどう変わるのか。誰の身にも起こりうること。
Dの意味がわかった時の切なさ。
家族それぞれの心のひだひだを描きながら、現実は進む。
でも。どこか全て危うくて、一歩間違えば悲劇だとも感じた。
足元のどこかにのぞく深淵。
それでもみんな生きてゆく。どうにかして生きてゆく。

本作が初めての一冊という方は、是非著者の他の作品も読んで見てほしい。

このレビューは参考になりましたか?