心の整えかた トップアスリートならこうする

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/08/25 | 掲載終了日 2022/08/22

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#心の整えかたトップアスリートならこうする #NetGalleyJP


内容紹介

日常生活で、受験会場で、ビジネスシーンで。誰にでも応用できるメンタルトレーニング

「メンタルヘルスリテラシーを高める」「不快な感情と向き合う」「怒りの使い方」「やる気を分類する」「メンタルタフネスを手に入れる」などについて、五輪メダリストにしてスポーツ心理学者でもある著者ならではの実践法を提案する。ボクサー・村田諒太選手とのセッション(対話)の様子も紹介。NHKラジオテキスト『こころをよむ心の整えかた トップアスリートならこうする』(2020年7月~9月放送)に加筆して、単行本化。


日常生活で、受験会場で、ビジネスシーンで。誰にでも応用できるメンタルトレーニング

「メンタルヘルスリテラシーを高める」「不快な感情と向き合う」「怒りの使い方」「やる気を分類する」「メンタルタフネスを手に入れる」などについて、五輪メダリストにしてスポーツ心理学者でもある著者ならではの実践法を提案する。ボクサー・村田諒太選手とのセッション(対話)の様子も紹介。NHKラジオテキスト『こころをよむ心の整...


おすすめコメント

前WBAミドル級王者・村田諒太選手のために行ったメンタルトレーニング(セッション=対話)の様子や、2021年、東京パラリンピックで銀メダルを獲得した、車いすバスケットボール男子日本代表チームのメンタルトレーニングの様子を収録。常にぎりぎりの精神状態に置かれているトップアスリートたちの実際のメンタルトレーニングから学び、普段の私たちの心の整えかたに応用する。

前WBAミドル級王者・村田諒太選手のために行ったメンタルトレーニング(セッション=対話)の様子や、2021年、東京パラリンピックで銀メダルを獲得した、車いすバスケットボール男子日本代表チームのメンタルトレーニングの様子を収録。常にぎりぎりの精神状態に置かれているトップアスリートたちの実際のメンタルトレーニングから学び、普段の私たちの心の整えかたに応用する。


販促プラン

ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリスト 、田中ウルヴェ 京 が“心の整えかた” 教えます!

★下記より書店様用注文書がダウンロードできます。

https://shoten-pr.nhk-book.co.jp/news/n48352.html

⇒店頭用POPもご用意いたしますので、よろしくお願いいたします。

ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリスト 、田中ウルヴェ 京 が“心の整えかた” 教えます!

★下記より書店様用注文書がダウンロードできます。

https://shoten-pr.nhk-book.co.jp/news/n48352.html

⇒店頭用POPもご用意いたしますので、よろしくお願いいたします。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784140819074
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

田中ウルヴェ宮子さんのことは、夕方のニュース番組や雑誌でときどき目にする程度でした。
よく知らないかただったのですが、面白そうだったので読みました。
本書では多岐にわたって心理学などが応用されてい、読んでて面白かったです。
私はよく緊張してしまうので、緊張状態から自分を助ける方法が印象的でした。
緊張する自分を否定しない、緊張状態を具体的に把握する、状況に合わせた対処法を考える。
また、「で? 私はどうするの?」「べつに、やる気なんてなくたっていい」「心の調整をして、ベストな行動をする」などの言葉は目からウロコでした。

紙の媒体でも読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

スポーツ心理学という言葉は知っていたのですが、実際どのようにセッションするのかと興味が湧いて読み始めました。特に自分の弱い感情に気づいて言語化していくと、やる気には種類があって変容する箇所が新しい発見でした。
今の私はこの“やる気”なんだと思うと次の行動が見えてくるかもしれませんね。

このレビューは参考になりましたか?

アスリートたちの活躍を知るたびに、そのメンタルをどのようにコントロールしているのか、常に不思議に思っていました。
今まであまりメンタルとの向き合い方を意識することなく生きてきてしまい、知りたいテーマの本だったので、また著者もテレビなどで見る機会があり信頼が置けたので、読んでみました。
「感情を言語化する」「呼吸法」「自分の考え方のクセを知る」等にはなるほどと思いじっくり読みました。
これらはアスリートに限らず、全ての人に役立つ、人生の共通のテーマだと感じています。
そして、自分の感情や考え方を怖がらず、また面倒がらずに見つめてみることが大事なのだとわかります。
できることから実践してしてみたいなと思いましたし、ちょっと生きづらかったり落ち込んだりすることがあるなら、ぜひ読んでみて欲しい本だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

NHK「こころをよむ」テキストで拝読し、感銘を受けた内容が、田中ウルヴェ京さんとボクシングの村田諒太さんのセッションなど書下ろしを加えて書籍化。トップアスリートが裸の自分の心をさらしてまで伝えたいメンタルトレーニング法は、スポーツ選手でなくとも万人に役立つものだと思います。「感情と思考のコントロール方法」を手に入れれば、子育てのイライラも、仕事のストレスも、ここ一番の大勝負での緊張も、「言語化」して客観視したのち、上手に脇によけることができる。ビビる自分を否定するのではなく、ビビる自分を受け入れ、認めることこそ「強さ」なのだ、という村田さんの言葉が心に響きました。

このレビューは参考になりましたか?

京さんの言葉は名言ばかりに思えました。
頭では出来ているつもりでも
意外と出来ていなかった事を
猛省しながらもこれからの人生が
より豊かになりそうでワクワクしてきました。
アスリートでもアスリートでなくても
先行き不安な人も楽観視している人も
他人を変えようとしてしまう人も
凡ゆるべき思考で自分自身を苦しめている人にも
何かしら学びを持ち帰り
気持ちが楽になる自身との向き合い方を
徐々にでも習得して欲しいと読みながら
他者に対しても勝手に思いました。

このレビューは参考になりましたか?

子どもがスポーツをやっているので何か参考になればと思って読み始めました。
スポーツに限らず社会生活にも共通するところがあり、自分の今後にも役に立つ情報が沢山載っているなと思いました。
とにかくやり切る、努力する、やる気がないからパフォーマンスに結びつかないなどの昔ながらの精神論とは全く違い、トップダウン方式で事象を突き詰めていく方法が多い印象です。
自分の考え方の癖の理解、感情の言語化でアウトプットによる現状把握が大事なことや客観的に自分を見ること、目標を立てることなど参考になりました。

このレビューは参考になりましたか?