天路の旅人

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/10/25 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#天路の旅人 #NetGalleyJP


内容紹介

「この稀有な旅人のことを、どうしても書きたい。」

『深夜特急』シリーズの沢木耕太郎が、どうしても完成させたかった9年ぶりのノンフィクション長編。

1943年から8年間、中国からインドまでたった一人で旅した男・西川一三(かずみ)。
当初は密偵として西を目指した西川だが終戦後もラマ僧のふりをして旅を続け、ヒマラヤを9度越え物乞いも経験、幾度も死線をさまよった。そんな稀代の旅人の人生を彼への1年間に及ぶ徹底的なインタビューをもとに描き出す。

「この稀有な旅人のことを、どうしても書きたい。」

『深夜特急』シリーズの沢木耕太郎が、どうしても完成させたかった9年ぶりのノンフィクション長編。

1943年から8年間、中国からインドまでたった一人で旅した男・西川一三(かずみ)。
当初は密偵として西を目指した西川だが終戦後もラマ僧のふりをして旅を続け、ヒマラヤを9度越え物乞いも経験、幾度も死線をさまよった。そんな稀代の旅人の人生を彼への1年間に及ぶ徹底的...


おすすめコメント

「新潮」で第一部、第二部にわけて掲載しましたが話題になり完売に近い売り上げを出しました。『深夜特急』シリーズを読んだことのある人には絶対に読んでもらいたい作品です。

モデルになっている西川さんのとてつもないエネルギーと、どこまでも自由を希求する純粋さと狂気は沢木さんによく似ています。沢木さんは数年かかっても、どうしても西川さんを主人公とした長編を書きたかったそうです。

「新潮」で第一部、第二部にわけて掲載しましたが話題になり完売に近い売り上げを出しました。『深夜特急』シリーズを読んだことのある人には絶対に読んでもらいたい作品です。

モデルになっている西川さんのとてつもないエネルギーと、どこまでも自由を希求する純粋さと狂気は沢木さんによく似ています。沢木さんは数年かかっても、どうしても西川さんを主人公とした長編を書きたかったそうです。


販促プラン

拡材(B2ポスター、A4パネル、POP)あります。
また、ゲラをお読みいただいた方、特に書店員の皆様にご感想と初回希望を募ります。PDFをダウンロードしてFAXかメール(kmhrk@shinchosha.co.jp)まで送付してください。
どうぞ宜しくお願い致します。 

拡材(B2ポスター、A4パネル、POP)あります。
また、ゲラをお読みいただいた方、特に書店員の皆様にご感想と初回希望を募ります。PDFをダウンロードしてFAXかメール(kmhrk@shinchosha.co.jp)まで送付してください。
どうぞ宜しくお願い致します。 


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784103275237
本体価格 ¥2,400 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

『深夜特急』を初めて読んでから30年近くが経つ。
《ワレ到着セズ》この言葉にたどり着きたくてシリーズを何度も読み返している。
その著者である沢木耕太郎さんがどうしても描きたかったという、西川一三さんの旅を読みたくてこの本をリクエストした。

盛岡に西川さんを訪ねる場面から始まる。
西川さんについて私は全く知らなかったが、沢木さんが「このひとについて書いてみたい」と強く思った場面では、私もこの人について、この人の旅をもっと知りたいと思い読み進めた。

1943年から8年間の中国からインドまでへの旅。その旅は過酷なものであった。
沢木さんが書く旅は、その土地の風景が見え、人々の声が聞こえてくるようで読んでいてとても楽しい。聞いたことのない食べ物までもが美味しそうに思える。
密偵として西を目指し、終戦を知ってからもラマ僧として旅を続ける。放浪に必要なのは金より言葉、と働きながら勉強を続ける西川さんの旅は、時代を越えても人の心に響いてくる。色褪せない旅が沢木さんの旅とも重なってくるようにも思えた。
「どうして自分の語学力を生かそうとしなかったのですか」というインタヴューに答えた西川さんの答えが本当に素敵だった。

沢木さんと西川さんの旅が交差したかのような二人の会話で終わるラストに私も鳥肌がたった。そしてその場面のページをあの本から探し当てた。
ほんの一瞬だけ二人の会話に加われたようで、とても幸せな気持ちで読み終えた。

『深夜特急』で沢木さんの旅に心踊らせたことのある人はぜひ読んでほしい。もちろん読んだことがなくても、西川さんの旅を一緒にたどり、時代を越えても色褪せない旅を味わってほしい。
発売されたら私もまたこの旅を味わいたい。

このレビューは参考になりましたか?