ホロヴィッツ ホラー

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/10/04 | 掲載終了日 2022/10/09

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ホロヴィッツホラー #NetGalleyJP


内容紹介

「これから話す物語は、おれの全く知らない男の死から始まる――。」

『カササギ殺人事件』で史上初の7巻、続く3作で年末ミステリランキング(2019~2022)を完全制覇したイギリスを代表する人気作家、アンソニー・ホロヴィッツによるホラー短編集です。
1999年に発表した9つの物語の主人公は、すべて中・高校生。
あたりまえの日常が暗く歪む瞬間をぜひ、体験して下さい。

「これから話す物語は、おれの全く知らない男の死から始まる――。」

『カササギ殺人事件』で史上初の7巻、続く3作で年末ミステリランキング(2019~2022)を完全制覇したイギリスを代表する人気作家、アンソニー・ホロヴィッツによるホラー短編集です。
1999年に発表した9つの物語の主人公は、すべて中・高校生。
あたりまえの日常が暗く歪む瞬間をぜひ、体験して下さい。


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、...


おすすめコメント

ミステリの名手ホロヴィッツによる、ホラーの予想外なおもしろさとストーリーテラーとしての魅力を堪能できる1冊です。
子どもから大人まで楽しめる、極上のホラー短編をお楽しみ下さい!
――担当編集者より

ミステリの名手ホロヴィッツによる、ホラーの予想外なおもしろさとストーリーテラーとしての魅力を堪能できる1冊です。
子どもから大人まで楽しめる、極上のホラー短編をお楽しみ下さい!
――担当編集者より


販促プラン


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。
また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。
※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※
ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。
★★★★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 販売部>まで直接お問合せをお願い致します。
★★


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。
また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。
※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※
ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。
★★★★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様...

出版情報

ISBN 9784065283066
本体価格 ¥1,300 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

ホラー好きで結構沢山読んだと思っていましたがその中でもかなり上位の怖さでした。何とも救われない後味の苦いものばかり。
『コンピューターゲームの仕事』と『田舎のゲイリー』の終わり方では主人公の日頃を思えば当然と自分自身までもが嫌な人間になったり、そうかと思えば最初の『恐怖のバスタブ』や『殺人カメラ』などは普通に過ごしているだけなのにふとしたきっかけで闇に飲まれていく恐ろしさに震えたり。次の話に進む度に感情をリセットするのが大変でした。

海外の作品だったので情景が入ってくるか気になりましたが特に問題はありませんでしたが、児童書だったらバスタブや深夜バスなどの挿絵がそれぞれの扉に描かれているとよりわかりやすいかなと感じました。
読みやすく1話1話がちょうど良い長さでホラーの好きな大人もしっかり満足できる一冊だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

全9話のホラー短編集。
 あの『カササギ殺人事件』のアンソニー・ホロヴィッツのホラーということで、おおいに期待して読みはじめました。
 バスタブ、カメラ、古いPC……ホラーあるあるガジェットを中心に、あり得ない事が起きて人間が翻弄される……正統派のホラー展開ながら、予想の斜め上を行くラストのオチに「さすが、ホロヴィッツ」と唸らせられました。
 以下、各話ごとの雑感を少しだけ。

恐怖のバスタブ
 日本とは違うお風呂事情(自分でバスタブを見つけて据え付けるとか、バスタブに<猫足>が付いてるとか)が、いかにも海外ホラーらしくていいですね。お決まりの水展開に続くラストも、やっぱり日本とは違うって感じがしました。

殺人カメラ
 次々と起きる奇妙な出来事に気を取られていると、いつの間にか時間すらも超えて他者の視点を体感する恐怖にさらされる……予想の斜め上を行く、スケールの大きいオチが良かったです。

スイスイスピーディ
 欲望にのみ込まれて、どんどん行ってはいけない方向に向かってしまう少年にハラハラさせられます。結局、人の欲が一番怖いのかもしれませんね。

深夜バス
 よく考えると深夜に知らない人と一緒に箱詰めされる深夜バスってそもそも怖いですね。ハロウィーンという設定を上手く使って、次々に乗り込んでくる奇妙な乗客たちがバスを埋めていく展開が予測不可能で面白い。

ハリエットの恐ろしい夢
 これ、主人公がわがままな性格だからこそ、読者が「きっとこの後悪い展開になる」と予想しちゃうんですよねぇ。

田舎のゲイリー
 これもハリエットに似ていますね。悪い子はどうなるか……こうなるのっ!?

コンピューターゲームの仕事
 これもまた悪い子が出てきますね。非日常的なバイオレンスと、日常の物(トイレットペーパーやチーズ!)のリアルな描写の対比が面白かったです。

黄色い顔の男
 これは誰なのか? という謎解きのような展開。正直、これは途中で予想できちゃいました。

猿の耳
 童話のような話だけど、微妙に違う。微妙な違いの原因は……その謎解きは作品後半をどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?

ホロヴィッツはホラーもすごかった!!!!
ホロヴィッツ作品が大好きで、ミステリはほぼ全部読んでいます。
今回初めてホロヴィッツのホラー小説が刊行されるとのことで、とても期待しながら読み始めました。

”ホラー”といってもこの短編集の作品の切り口は様々。
主人公にも否がある(ように思える)因果応報的なもの、ほんの偶然から巻き込まれてしまうものなどなど。
バラエティ豊かで、最後まで全く飽きませんでした。
そしてどの話もラストは「さすがホロヴィッツ!!!」と唸らされるような結末ばかり。
ホラーですが、ミステリ的な楽しさもありました。

ちなみに一番怖かったのは『恐怖のバスタブ』。一番驚いたのは『殺人カメラ』でした。

本書は1999年に本国で発表された本の初翻訳のようですが、どの話も20年以上前の話とはまったく思えません。
令和の子どもたちが読んでも、楽しいものばかりだと思います。

このレビューは参考になりましたか?