あらゆる薔薇のために

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/09/27 | 掲載終了日 2022/09/26

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#あらゆる薔薇のために #NetGalleyJP


内容紹介

あなたがいたから生きることができた。あなたがいなければ忘れることができた――。

新時代の特殊設定ミステリー作家、潮谷験が贈る「愛と記憶のミステリー」

「オスロ昏睡病」という難病から回復した患者は、身体の一部に薔薇の形をした腫瘍ができる後遺症を持つ。
35年前に治療法を確立し権威となった医師が殺されたことを皮切りに「オスロ昏睡病」の患者が次々に襲われる事件が発生。
自身もかつてその難病に罹った京都府警の八嶋警部補は、犯人の特定と難病治療がもたらした闇に挑む。

あなたがいたから生きることができた。あなたがいなければ忘れることができた――。

新時代の特殊設定ミステリー作家、潮谷験が贈る「愛と記憶のミステリー」

「オスロ昏睡病」という難病から回復した患者は、身体の一部に薔薇の形をした腫瘍ができる後遺症を持つ。
35年前に治療法を確立し権威となった医師が殺されたことを皮切りに「オスロ昏睡病」の患者が次々に襲われる事件が発生。
自身もかつてその難病に罹った京都府警の...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、...


販促プラン

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 第五事業局販売部>まで直接お問合せをお願い致します。

★★

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希...


出版情報

ISBN 9784065292693
本体価格 ¥1,700 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

自分好みのタイトルと表紙に吸い寄せられるように読み始めました。
特殊な設定と世界観にすぐにハマりました。殺人事件の犯人を追う楽しさと、理解するのは難しかったけど、脳や記憶のもしかしたらの世界を想像する楽しさ。
そこから宇宙や人類の未来についても想像が膨らむ壮大さ。
読んでいてすごく楽しかったです!
白昼夢の世界が綺麗で不気味で、映像でもみてみたい!と思いました。
犯人の動機は哀しいものでしたが、めちゃくちゃロマンチックな終わり方が大好きです!タイトルも表紙も内容も全て含めて、この作品の雰囲気が大好きです!!
久しぶりに自分の好みにドンピシャの作品に出会えました!
素敵な作品をありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?

書影、タイトル、そして後遺症として薔薇の腫瘍が残るという奇病から、むせ返るほどの花の香りを連想した。
主人公はドライな性格で、話の展開も耽美な設定に引っ張られ過ぎていない。読む人を選ぶという感じではなく、どんどん読み進めることが出来る。
殺人事件の被害者、担当刑事など主要人物の大半が『オスロ昏睡病』に関わりがあり、この設定だからこその展開が続く。
このまま静かに終わりへと向かうのかと思っていたところで、エピローグにて一気に世界観が変わり壮大なものとなった。
一風変わったミステリーが読みたい方におすすめです。

このレビューは参考になりましたか?