レイチェル・カーソン物語

なぜ鳥は、なかなくなったの?

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/10/04 | 掲載終了日 2022/10/10

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#レイチェルカーソン物語 #NetGalleyJP


内容紹介

ベストセラー『沈黙の春』を発表し、のちの環境保護運動に大きな影響を与えたレイチェル・カーソンの伝記絵本。


ちいさなレイチェルは目をこらし、耳をすませました。

鳥のさえずり、虫の羽音。

自然のリズムのなかで暮らしていました。


あるとき、鳥がうたうのをやめ、自然が声を失いはじめたことに気がつきました。

いったいなぜ? だれのせいで? 

レイチェルの一生をかけた調査、勇気ある行動は、

人びとの環境への意識を高め、社会全体の考え方を大きく変えたのです。

環境の汚染や破壊をくいとめ、たくさんの生きものが支え合って暮らしていける地球にするために、

人間はどうしたらいいのでしょう。

レイチェルの言葉は今、ますますその重みを増しています。

ベストセラー『沈黙の春』を発表し、のちの環境保護運動に大きな影響を与えたレイチェル・カーソンの伝記絵本。


ちいさなレイチェルは目をこらし、耳をすませました。

鳥のさえずり、虫の羽音。

自然のリズムのなかで暮らしていました。


あるとき、鳥がうたうのをやめ、自然が声を失いはじめたことに気がつきました。

いったいなぜ? だれのせいで? 

レイチェルの一生をかけた調査、勇気ある行動は、

人び...


出版社からの備考・コメント

〈作者・監修者・訳者のプロフィール〉

文・絵◆ステファニー・ロス・シソン(Stephanie Roth Sisson)
多くの絵本や子どもの本の挿し絵を手がけるイラストレーター。小さなころレイチェル・カーソンの本を読んで感動し、現在も作家・画家としてカーソンの影響をうけている。作品に『星のこども カール・セーガン博士と宇宙のふしぎ』などがある。アメリカ・フロリダ州とモーリシャス島を行き来して暮らしている。



監修◆上遠恵子(かみとお けいこ)
エッセイスト、レイチェル・カーソン日本協会会長。東京薬科大学卒業。研究室勤務、学会誌編集者を経て、現在にいたる。訳書に『海辺 生命のふるさと』『潮風の下で』『センス・オブ・ワンダー』などのカーソンの作品、伝記など多数。監修書に『13歳からのレイチェル・カーソン』、著書に『レイチェル・カーソン いまに生きる言葉』などがある。東京都出身。
*レイチェル・カーソン日本協会ホームページ http://j-rcc.org/



訳◆おおつか のりこ(おおつか のりこ)
福島県で生まれ、緑の山のふところで育つ。自然を愛するキャンパー。訳書に『100歳ランナーの物語 夢をあきらめなかったファウジャ』、『わたしのかぞく みんなのかぞく』、著作に『感染症と人類の歴史』全3巻(第24回学校図書館出版賞受賞)などがある。日本国際児童図書評議会(JBBY)理事、やまねこ翻訳クラブ会員。

〈作者・監修者・訳者のプロフィール〉

文・絵◆ステファニー・ロス・シソン(Stephanie Roth Sisson)
多くの絵本や子どもの本の挿し絵を手がけるイラストレーター。小さなころレイチェル・カーソンの本を読んで感動し、現在も作家・画家としてカーソンの影響をうけている。作品に『星のこども カール・セーガン博士と宇宙のふしぎ』などがある。アメリカ・フロリダ州とモーリシャス島を行き来し...


おすすめコメント

『沈黙の春』『センス・オブ・ワンダー』など、のちの環境保護活動に大きな影響を与えた数々の著作や、深い思索に満ちたエッセイで知られるレイチェル・カーソン(1937~1964)。その生涯を描いた伝記絵本です。

監修は、レイチェル・カーソン日本協会会長の上遠恵子さん。

『沈黙の春』『センス・オブ・ワンダー』など、のちの環境保護活動に大きな影響を与えた数々の著作や、深い思索に満ちたエッセイで知られるレイチェル・カーソン(1937~1964)。その生涯を描いた伝記絵本です。

監修は、レイチェル・カーソン日本協会会長の上遠恵子さん。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784867060407
本体価格 ¥1,650 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

手元に#沈黙の春 の文庫版があり、パラパラとめくってみると、目次に「そして、鳥は鳴かず」という章がある。「鳥がまた帰ってくると、ああ春がきたな、と思う。でも、朝早く起きても、鳥の鳴き声がしない、それでいて春だけがやってくる」とはじまる。この絵本は、小さな少女だった頃の彼女の気づき、を描き出す。沈黙の春が出版されたのは1962年。それから60年。さまざまな分野でかかれる書物に、驚くほど頻繁に彼女の言葉が引用されている。今この時に必要とされる叡智なのだろう、本当に日々、彼女の言葉にいろんなところに出会っている。出会い直している、というべきか。


Spring After Spring:
How Rachel Carson Inspired the Environmental Movement
by Stephanie Roth Sisson

このレビューは参考になりましたか?

環境問題に取り組まれた生物学者のレイチェルさんを知っていますか?私は恥ずかしながら存じ上げていませんでしたが、今この絵本に出会えてよかったです。

まず絵本でありながら、マンガのような緻密さと紙芝居を感じさせるような立体感に驚きました。人物を始めとして、まるで虫、鳥、動物たちの声が今にも聞こえそうな“音の響き”があるのです!

レイチェルさんの一生を描いた本作品は、文と絵の作者ステファニーさんの尊敬の念で溢れています。しかしながら、この本を読むとレイチェルさんをすでに知っている人も知らない人も作者と同じような想いを抱くのではないでしょうか。

「おかしなことがおきていました」という一文に胸がぐっときて、そこから真剣に考えながら読み進めるという貴重な1冊になりました。

このレビューは参考になりましたか?

こんなお話大好き!
でも、「沈黙の春」の作者さんのお話だったとは最初は思わなかったなあ。
そんなこと関係ないくらいに、物語として面白かったですよ。
前半の物語があったから、後半の人物伝に親しみをもてるんですね。
これから学ぼうという子どもたちにとって、とっても丁寧で親切なつくりですね。
あ、もちろん修正が入るとは思いますが、
後半、出てくるたくさんの本の背タイトルは手書きか別のフォントにしてほしかったかな。
素敵は本でした。ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

恥ずかしながら、レイチェルカーソンも「沈黙の春」も初めて知りました。
人は便利さを追求し過ぎました。
もっと早くにレイチェルのように自然(環境)の変化に気付いていたら、ここまで深刻な環境問題にならずに済んだかもしれません。
今は小学校でも環境について学びますが、この絵本をきっかけに、子どもたちがもっともっと自然に興味を持ち、触れ合う時間が増えてくれるといいなぁ、と感じます。
まずは私も「沈黙の春」を読んでみようと思いました。

このレビューは参考になりましたか?