植物少女

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2023/01/06 | 掲載終了日 2023/01/15

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#植物少女 #NetGalleyJP


内容紹介

 美桜が生まれた時からずっと母は植物状態でベッドに寝たきりだった。小学生の頃も大人になっても母に会いに病室へ行く。動いている母の姿は想像ができなかった。美桜の成長を通して、親子の関係性も変化していき――


「小説トリッパー」掲載時から共同通信、読売新聞、小説新潮などの文芸時評で話題となった作品。現役医師作家が唯一無二の母と娘のあり方を描く。

 美桜が生まれた時からずっと母は植物状態でベッドに寝たきりだった。小学生の頃も大人になっても母に会いに病室へ行く。動いている母の姿は想像ができなかった。美桜の成長を通して、親子の関係性も変化していき――


「小説トリッパー」掲載時から共同通信、読売新聞、小説新潮などの文芸時評で話題となった作品。現役医師作家が唯一無二の母と娘のあり方を描く。


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。
○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかな...


販促プラン

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

投稿いただいたコメント・感想の一部は、弊社HP、SNSにて公開させていただきます。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は

恐れ入りますが<朝日新聞出版・販売部>まで直接お問合せをお願い致します。


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

投稿いただいたコメント・感想の一部は、弊社HP、SNSにて公開させていただきます。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784022518842
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

娘を出産時に脳出血になり、それ以降ずっと植物状態で寝たきりの母を持つ娘と家族の物語。
この設定だけで想像もつかない物語が始まるのだと覚悟した。
娘が足繁く母の病室に通う様子や、妹が欲しいと父にねだる様子はギョッとさせられる。
全体を通して娘の視点や感覚などは想像力を掻き立てられた。
芥川賞を受賞しそうな作品だと感じた。
「私の盲端」も是非読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

世間から切り離されたような母の病室。静かで穏やかと言いながらその日常は異様に映り、そこで過ごす美桜の感覚に違和感を抱きながら物語にしがみつくように読み進めた。一方、祖母や父、他の患者の家族の悲しみに涙が出る。けれども、成長していく美桜を追いかけるうち、物言わぬ母への愛着が痛いほど伝わってくる。読み終わると、あの病室がかけがえのない場所だったと思えて、再び涙が溢れる。命を生き切るということの本当の姿を教えられたと思う。忘れられない一冊になった。

このレビューは参考になりましたか?

『私の盲端』を読んだとき、オストメイトの生活や心情ががリアルに描かれていてとても驚いた。現役医師が今作ではどんな作品を描いたのかとても気になりリクエストした。

美桜の記憶のなかでは母親は植物状態。
口に運べば食事は摂るし、排泄もする。痛み刺激にも反応する。
娘はその姿をそのまま受け入れる。だって生まれたときから母親の姿はこれしか知らないのだから。
父親や祖母にとっては、また意思の疎通ができるのでは?と思う妻であり娘だ。美桜とは違い元気な頃を知っていると受け入れがたいだろう。そんな家族それぞれの心情、そして病室の音や臭いの描写がリアルで病室にいるような錯覚に陥った。

生きていることに意味など見出だせなくても、ただ呼吸し生きる毎日。日々の生活に大きな喜びも悲しみもなくてもいい。ただ生きていることを願ってくれる人がそばにいてくれたら、それでいいのではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

自分が生まれることによりに母が植物状態になってしまったと悲観的に捉えるような感情が描かれてはいないことが私には印象に残る。
ただ呼吸をして呼吸をして在り続ける命。
少女が成長すると共に沸き上がる感情をもしかしたら、そんな母だからこそ打ち明けぶつけられたのではないかと思う。
甘えから母の乳首に吸い付いていた感覚を俄に思い出してしまった。
読みながら大きく一息つく。
私もまた呼吸をして生きているということを改めて感じる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

なんだかすごいものを読んだ気がする。
生まれた時から植物人間状態の母親と過ごした娘の視点から語られる回想。母親から抱きしめてもらったり、語られることはなくても、生理的な反射で、母親の手に自分の手を重ねれば握り返してくれたり、乳児期にはおっぱいを咥えたり、お腹の上で母の呼吸に合わせて眠ったり…
母親として子どもに何もできないと自分を苛むことがあるけれど、何も行動や言葉にできなくても、ただそばにいるだけで子どもに残すことができるものが確かにあると、この物語から教えられた。
もちろん何を受け取るかは子ども側に委ねられるのだけれど、それでもただ生きて、息をしているだけで、人の記憶に何かを残すことはできるのだ。

このレビューは参考になりましたか?

なんと不埒で生々しい介護生活だろう。序盤を読んでそう感じた。生まれてすぐに植物状態になった母、介護する少女は今でいうヤングケアラーだ。母とのふれあいを知らずに育った少女の介護は母との触れ合い。いじめも、父への感情も、父の新しい恋人のことも、寝たきりの母にささやく。ラストにさしかかるにつれて、他者との繋がり、命のつながりをこのように描きたかったという意図を感じた。

このレビューは参考になりましたか?