ここでは誰もが嘘をつく

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/12/05 | 掲載終了日 2022/12/04

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ここでは誰もが嘘をつく #NetGalleyJP


内容紹介

目の前にいる患者は、犯罪者。罪を償わせるために、命を救う医師がいる。
この仕事は、誰かがやらなければいけない。
目の前の患者を救うことを、分け隔てなく。

函館にある医療刑務所分院に努める金子由衣(かねこゆい)は、2年目の矯正医官。医療刑務所では、患者である受刑者の平均年齢も高く、凶悪な罪を犯した者も基礎疾患などを抱え医師の助けを必要としている。一方で不調を訴え刑務作業逃れをしようとするものも多い。受刑者の過去の罪と患者としての現在の状況を毎日のように目の当たりにし、贖罪とは何かを考える由衣だったが、当直の晩、糖尿病を患っていた前科四犯の受刑者が亡くなった。これは医療事故か、あるいは殺人事件なのかーー。


著者・嶋中 潤(なかじま じゅん)
1961年、 千葉県生まれ。東北大学理学部卒業、東京工業大学大学院修了。国際宇宙ステーション利用業務に従事。2013年、『代理処罰』で第17回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
著書に、無戸籍者の苦悩を描いた『貌なし』、国際宇宙ステーションでの国際テロを描いた『天穹のテロリズム』、死刑制度に翻弄される者の悲哀を描いた『死刑狂騒曲』など。

目の前にいる患者は、犯罪者。罪を償わせるために、命を救う医師がいる。
この仕事は、誰かがやらなければいけない。
目の前の患者を救うことを、分け隔てなく。

函館にある医療刑務所分院に努める金子由衣(かねこゆい)は、2年目の矯正医官。医療刑務所では、患者である受刑者の平均年齢も高く、凶悪な罪を犯した者も基礎疾患などを抱え医師の助けを必要としている。一方で不調を訴え刑務作業逃れをしようとするものも多い。受刑者...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、...


販促プラン

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなどNetGalley以外の外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。

★★


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなどNetGalley以外の外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 第五事...


出版情報

ISBN 9784065292822
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

疲弊するのは、仕事の意味がわからなくなったときだ。働いていれば、大なり小なり直面する。その極端な形がここに描かれている。だから自分とはかけ離れた職場環境が舞台にもかかわらず、引き込まれる。
社会の多数派が求める正義には、圧がある。圧は正義の顔をして、悪を唆す。

この小説のどこに怖さを感じるか、そのときの自分の人生のリトマス試験紙になるかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

京アニの事件でも話題になっていた、犯罪者をなぜ助けるのか。
非常に難しい問題だと思う。
この本を読んで「誰かがやらなきゃいけない仕事」だとは分かっても、複雑な心境になった。
当事者たちもそんな想いで迷いながらも葛藤しながらも真摯に仕事に向き合っている姿に頭が下がる。
高齢化が進んでいるのは、刑務所内でも同じこと。生死の自由もない、塀の中での暮らし。だけど、貧しい暮らしをしている人よりは、税金で手厚く生活ができる。全てが社会問題で闇が深くて、かなり考えさせられた作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

医療刑務所で矯正医官として働く若手女医が、老いや病から助けを必要としている受刑者と向き合い、医師としての正しさに思いを巡らす医療ミステリー。
どんなに理不尽でも「誰かがやらなくてはならない事」が世の中には溢れていて、その憤りをどう受け入れるか、正解のない問題に悩まされた。医師・看護師・刑務官、同じ所で働く仲間でも、役割の違いから生じる「責任」に関する描写が凄く印象に残った。
生きていく為には必要な物がたくさんあって、当たり前にそれは加害者にも言える事だけど、被害者への乏しい支援から鑑みると、不自由な受刑者の方がよほど恵まれている様に思えて、やるせない気持ちになった。不自由すら生きてる証。

このレビューは参考になりましたか?