保健室には魔女が必要

偕成社ノベルフリーク

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/12/12 | 掲載終了日 2022/12/12

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#保健室には魔女が必要 #NetGalleyJP


内容紹介

ある人が、こんな言葉を残している。

『学校には、おまじないが必要だ』

 だから、わたしはここにいる。

 保健室には、魔女が必要だ── (本文より)


主人公は、中学校の保健室の先生にして魔女。自分が考案する「おまじない」を流通させ、もっとも定着させた魔女が選ばれる七魔女決定戦に参加している。今日も魔女は、保健室にやってくる生徒たちの悩みをきき、それを解決する「おまじない」を授ける。悩みによりそう連作短編集。

ある人が、こんな言葉を残している。

『学校には、おまじないが必要だ』

 だから、わたしはここにいる。

 保健室には、魔女が必要だ── (本文より)


主人公は、中学校の保健室の先生にして魔女。自分が考案する「おまじない」を流通させ、もっとも定着させた魔女が選ばれる七魔女決定戦に参加している。今日も魔女は、保健室にやってくる生徒たちの悩みをきき、それを解決する「おまじない」を授ける。悩みによりそう連作...


出版社からの備考・コメント

【ご注意下さい】
ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。

【ご注意下さい】
ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。


おすすめコメント

【目次】

・ 自分のきらいなところが消えてなくなるおまじない

・ 胸が小さくなるおまじない

・ お母さんにひどいことをいわなくなるおまじない

・ 目が大きくなるおまじない

・ 特別な人になれるおまじない

・ きらいな人を不幸にするおまじない   

【目次】

・ 自分のきらいなところが消えてなくなるおまじない

・ 胸が小さくなるおまじない

・ お母さんにひどいことをいわなくなるおまじない

・ 目が大きくなるおまじない

・ 特別な人になれるおまじない

・ きらいな人を不幸にするおまじない   


販促プラン

【著者紹介】

作 石川宏千花(いしかわひろちか)

女子美術大学芸術学部卒業。『ユリエルとグレン』で講談社児童文学新人賞佳作を受賞。作品に「二ノ丸くんが調査中」、「死神うどんカフェ1号店」、「少年N」などのシリーズや、『わたしが少女型ロボットだったころ』『拝啓パンクスノットデッドさま』(日本児童文学者協会賞)などがある。


作 赤(あか)

イラストレーター・グラフィックデザイナー。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。 書籍、広告などを中心に活躍している。

【著者紹介】

作 石川宏千花(いしかわひろちか)

女子美術大学芸術学部卒業。『ユリエルとグレン』で講談社児童文学新人賞佳作を受賞。作品に「二ノ丸くんが調査中」、「死神うどんカフェ1号店」、「少年N」などのシリーズや、『わたしが少女型ロボットだったころ』『拝啓パンクスノットデッドさま』(日本児童文学者協会賞)などがある。


作 赤(あか)

イラストレーター・グラフィックデザイナー。多摩美術大学...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784036492107
本体価格 ¥900 (JPY)
ページ数 158

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

どうも違うよなぁ、と思うことがあった。いじめに類することがあったときに、同レベルになるから放っておけというヤツだ。泣き寝入りと紙一重のその方法が、功を奏したところを少なくとも私は知らない。やり過ごすための命綱にはなったとしても、解決には到らない。
この物語の魔女がそこに答えをくれた。
その情報を冷静に伝えて、広く話題の俎上にのせればよいのだ。その行動の後ろの妬み嫉みに気づくよう、ハンドリングすればよいのだ。
そんなことを考えさせてくれる本だった。

このレビューは参考になりましたか?

保健室の先生という立場で「魔女のおまじない」を広め、七魔女の座を目指している主人公。とはいえ、迷える中学生の手助けをすることが最優先で、中学生くらいの年頃によくありそうな視野の狭さや悩みに向き合う日々。何でもおまじないで解決するのではなく、養護教諭としての職務とバランスを取って最善を尽くそうとするところに誠実さを感じました。本を読むのが好きな子に自分でおまじないを産み出せる能力が期待できるなら、本を読むのが好きな子を増やす努力をもっとしなくてはと思っいました。

このレビューは参考になりましたか?

雄花第一中学校養護教諭の弓浜民生(通称みんちゃん先生)が、保健室に悩み相談に来る生徒たちの話を聞き、おまじないによって悩み解決の手助けをする連作短編物語。
実は、養護教諭というのは仮の姿で、弓浜民生は魔女である。
現在、「ひとつでも多くのおまじないを人間の世界に流通させた者を一席だけ空いた七魔女の末席に迎え入れる」という七魔女決定戦に参戦している。
七魔女決定戦に勝つために悩みを抱えた中学生におまじないを教えているわけなのだが、時に、魔女であることよりも養護教諭という立場を優先して、おまじないを使わずに悩みを解決しようとすることもある。

教諭の立場から、自分と考え方が全く違う、苦手意識を感じるような生徒に、頭ごなしに否定せず、どのように問題の抜本的部分を伝えたらいいのか、と悩む場面も盛り込まれていて興味深い。
魔女同士の戦いなども描かれているのでエンターテイメントとして楽しめ、その上、読者が実際に抱えている悩みの解決のヒントも得られ、理想的な中学生向きの物語だと思う。
ただ、保健室に相談に来るのがすべて女子生徒というところが気になった。
次回は男子生徒の悩みも読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

YAの鉄板、「保健室もの」の作品。やっぱり、保健室ってちょっと特別な場所ですよね。それで、文学の中の保健室にはちょっと不思議でカッコいい先生がいるもんなんですが、この作品の先生がまたクールでかっこいい。しかも魔女。読まずにはいられません。
主人公の魔女が、助けが必要な子と触れ合うための就職先として保健室と図書館で迷った、という下りがあって、そうだよね〜、と、うなずきました。この本は、子どもたちが、思春期をサバイバルしていくのを、ちょっと楽にしてくれそうな本だと感じました。うちの図書館にも魔女がいたらいいのにな。私がなれればいいんですけど、ちょっと大変そう。武闘派じゃないと難しそうだし…。
なにはともあれ、読めてよかったです。出版が楽しみです。ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?