2冊のだいすきノート

32歳、がんで旅立ったママが、4歳の双子に残した笑顔と言葉

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/12/21 | 掲載終了日 2022/12/21

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#2冊のだいすきノート #NetGalleyJP


内容紹介

「おそらく、もう治ることはないだろう」。32歳の双子のママ、みどりさんは2019年夏に吐血。病院での診断はスキルス胃がんだった。手術不可能なステージ4。これ以上の治療が難しくなった頃、みどりさんは2冊のノートを手にする。子どもに親の病と、いずれ訪れるであろう死をどうつたえればよいのか――。若いがん患者の実像を描きつつ、在宅医療の現実にも迫る、感動のノンフィクション。

「おそらく、もう治ることはないだろう」。32歳の双子のママ、みどりさんは2019年夏に吐血。病院での診断はスキルス胃がんだった。手術不可能なステージ4。これ以上の治療が難しくなった頃、みどりさんは2冊のノートを手にする。子どもに親の病と、いずれ訪れるであろう死をどうつたえればよいのか――。若いがん患者の実像を描きつつ、在宅医療の現実にも迫る、感動のノンフィクション。


出版社からの備考・コメント

※書影は11月17日時点のものです。実際の表紙とは異なる場合がございます。

※書影は11月17日時点のものです。実際の表紙とは異なる場合がございます。


おすすめコメント

 

 


販促プラン

書店の皆さま

初回指定のご希望がございましたら

以下の【販促素材】『2冊のだいすきノート』初回指定用紙にてFAXでお申し込みいただくか、

光文社書籍販売部 関口までご連絡ください!(☎03-5395-8112)

※締め切りは12月2日(金)中です


書店の皆さま

初回指定のご希望がございましたら

以下の【販促素材】『2冊のだいすきノート』初回指定用紙にてFAXでお申し込みいただくか、

光文社書籍販売部 関口までご連絡ください!(☎03-5395-8112)

※締め切りは12月2日(金)中です



出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784334953492
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

朝日デジタル新聞掲載にて、すでに少し読んでいたが、改めて読むとことで、いろいろ思うことがあった。
双子の母、みどりさん、診断前からの不調の・発症から何度も、いろんな診療所には訪れていたが、正確な診断されるまで、かなりの時間がかかっていた。
母として子供ことを優先し、ずーと続く不調と不安の中、痛みと苦しさに耐え続けたみどりさん。
2019年の吐血後、やっと大病院で診断された。病名は ステルス性胃がん、既にステージ4b。。
みどりさん自身の残された時間の短さに、自身の心身ともの辛さや無念な様子が ひしひしと感じられた。
また、支え続けた夫と双子の子どもたち・ご両親・兄弟の想いなど、時系列をおって客観的に綴られている。
何より、母として自分の病気と余命の話を まだ4歳の子どもたちにどう伝えるか?が最大の気がかりだったことだろう。そこで「2つのノート」が登場する。…子供たちに残すというアイデア。
子供たちは、今はまだ小さく言葉で上手く理解できないだろうことと、大きくなってから、母の事を思い出し、自分たちの事をどう思ってくれていたかを知ることは、とても重要な意味をもつ。
最初を夫から勧められノートを受け取ったときのみどりさんの反応は微妙だったが、いざノートを書こうと決めてから、みどりさんの様子は、すべてをノートに‥この様子は切実で身につまされた。

このレビューは参考になりましたか?

うまく言葉に出来ませんが…私自身も中学生の時に弟をガンで亡くしました。その時の気持ちや家庭内の空気などを思い出して、読み進めるのがつらい部分もありました。でもみどりさんの生きた証を心に刻み込もうと、最後までしっかり読ませていただきました。
みどりさん、みどりさんのご家族、双子ちゃんの事を思うと涙が止まりませんでした。そして決して他人事ではない、突然の病気。自分が、自分の家族が、もしもそうなった時、私は何が出来るのだろうと深く考えさせられました。そして考えるとまた涙が出てきます。
みどりさんの強さ、深い愛情、絶対に忘れません。
自治体の支援や補助の事なども詳しく書いてくださっていましたが、知らない方も多いと思うので少しでも広まればいいなと思います。
みどりさんのご家族、双子ちゃんがどうか健やかに過ごされていますように。

このレビューは参考になりましたか?

5年前に緩和ケアを在宅で訪問診療を受けながら、実家で父を膵臓がんで看取った経験がある。介護の方、医師、看護師、家族、みんな一つのチームとなって過ごした濃密な日々を、久しぶりに思い出した。
父は80代だったが、この本の患者さんは32歳で双子の女の子のお母さん。突然のがん告知から、抗がん剤、そして積極的治療を受ける体力もなくなり、自宅に帰り家族に看取られて亡くなった彼女が望んでいたのは、ごく普通に家族と過ごすこと。周囲の家族や医師、看護師1人1人の思いやスタンス、後悔なども、丁寧に書き込まれていて、1人の人が病に倒れ、死を迎えるまでの道のりを、当事者目線で読むことができた。
巻末に、スキルス胃がんのことや、遺された家族にあてたノートについてや、若い人の介護補助制度など、当事者や家族にも役立つ内容がきちんと書かれているのも丁寧だった。
患者が、おじさんから教えられた、耐えられない苦しみは与えられないという聖書の言葉。普通の32歳の女性が、痛みや苦しみ、悲しさ、無念さを感じながら、最期の時を穏やかに迎えられたことが、その言葉が真実であったことを裏づけているのではないかと思った。言った本人は、安易に口にしてしまい、後悔していたようだけれど、私には、そう思えた。

このレビューは参考になりましたか?

『二冊のだいすきノート』
32 歳、がんで旅立ったママが、4 歳の双子に残した笑顔と言葉

親より先に、しかも小さい子を残して逝く事の無念さを思うと涙が止まらない。
と語弊を恐れずこのワンフレーズを発しても、言葉が上滑りしかしてない気がする。
みどりさんの思いのうちの一体何%を受け取れただろう?と、思ってしまう。
とてもじゃないけど、分かったとか理解したなんて言えない。

ただ、たくさんの問題提起はしっかり受け取りました。と、読了した今、痛切に感じた。

母として、娘として、配偶者として、人として Aya世代 ターミナルケア 緩和ケア 積極的治療をどこまでやるか 自宅診療 手術 抗がん剤治療 放射線治療 入院 個室 QOL ウィッグ 告知 子供への告知 周囲の助け 訪問診療 アロマセラピー 輸血

このレビューは参考になりましたか?

自分や家族が余命宣告をされたとき、家族に何をしてあげられるのか、子どもたちにどう伝えればいいのか…誰もが一度は考えて、悩むことだ思う。
この本は、特に家族がどんな支援を受けられるか、どんな気持ちで受け入れていくかを中心に書かれている。患者との接し方、かける言葉、覚悟を決めた時…辛抱の日々が続くことに、心が痛くなった。
そして、どんなに痛みや吐き気が続いても、子どもたちの前では常に笑顔でいるみどりさんの強さに、尊敬の念が止まらない。子どもたちの夢の中に出てくるママが笑顔だったことが、みどりさんやご主人、そして家族の方々の優しさを象徴している。
巻末のコラムには、スキルス胃がんについてや支援制度など、役立つ情報も掲載されている。がんの治療は人によって千差万別だと思うが、一つの例として読めて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

タイトルから、ほんわかした優しい内容かと思っていました。しかし読み進めてみると、1人の女性の無念な死を迎えるまでの壮絶な、そして正確に記録されたルポだと悟りました。2冊というのは、みどりさんの愛する双子ちゃんのため、平等に、一人一人に語りかける大切な場だったのですね。みどりさんの周りの親族の方々が皆愛情深く、彼女のサポートに勤しみながら、深い悲しみに追われ、最後は皆、スキルス癌の脅威になす術もなくみどりさんの死を迎えます。まだまだ小さいお子さんたち、大切なノートの本当の意味がわかる頃はもう少し後でしょう。それまで周りの方々に愛され、すくすく成長されることを祈ってやみません。医学的見地からもきちんと記録されている一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?