THE FORMAT

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/11/09 | 掲載終了日 2023/02/28

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#THEFORMAT #NetGalleyJP


内容紹介

「メールをしたのに、上司から返事がきません……」

「メールやメッセージの文面から相手の感情が読めず、

必要以上に気を使ってしまい、疲れます……」

「言いたいことを全部書くと、どうしても文章が長くなってしまい、

途中から『電話する方が早いかな?』と思ってしまいます……」

「部下からもらったメッセージが長すぎると、読む気をなくしてしまいます……」

対面での仕事が減って、メールやチャットでのやり取りが増えてきた時代。

多くの人が、「会わず」に「書いて」仕事をすすめることに課題を感じています。

「話した方が早いのに、書かなければいけない。正直めんどくさい」と

思っている人も多いはずです。

でも実は、そうではありません。

じつは、「うまく書く」と、「話す」よりも、何倍も早く仕事ができるようになります。

では「うまく書く」にはどうしたらいいのか……?

この本には

「文章力ゼロでも、スラスラと、誤解のない文章が書けるようになる

9つのフォーマット」が載っています。

誰でも、このフォーマットに沿って書き込んでいくだけで、

伝わりやすく、誤解がない、そして成果の上がる文章が書けるようになります。


「メールをしたのに、上司から返事がきません……」

「メールやメッセージの文面から相手の感情が読めず、

必要以上に気を使ってしまい、疲れます……」

「言いたいことを全部書くと、どうしても文章が長くなってしまい、

途中から『電話する方が早いかな?』と思ってしまいます……」

「部下からもらったメッセージが長すぎると、読む気をなくしてしまいます……」

対面での仕事が減って、メールやチャットでの...


販促プラン

■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪レビュー投稿締切:2023年1月31日(火)23:59≫

※当選発表は、当選者へのメール通知にて発表いたします
※当選者へのメール通知は2月上旬を予定しています
※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります

■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪レビュー投稿締切:2023年1月31日(火)23:59≫

※当選発表は、当選者へのメール通知にて発表いたします
※当選者へ...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784763140180
本体価格 ¥1,500 (JPY)
ページ数 239

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

仕事のやりとりは、ダントツでメールがいい。言った言わないを防げるし、伝えたいことを正確に伝えられる。
とはいえ、伝わる文章を作るにはコツがあって、そのコツを自分だけで研究するのはけっこう骨が折れる。
あの時の自分にこの本があればもっと楽ができたな、と思った。
本書では、伝えるための要点やそのフォーマットを作る時のポイントがたっぷり載っている。
本でじっくり読みたい。
ビジネスマン必携の一冊。

このレビューは参考になりましたか?

長文を読みこなせない(読む気がない?)、短文で書くことに慣れすぎていて伝わらない、という人が増えてきているような気がしています。親しい間柄の楽しい会話であれば成り立つと思いますが、いざきちんとやりとりをしなければならない時に、あれ?となってしまうのではないでしょうか。友人同士のコミュニケーションと、ビジネス上のやり取りを同じように考えてしまうとうまくいかないことが多いと思います。
本当は自分でトライ&エラーをして獲得していくフォーマットだと思いますが、メールを使う機会も少ない中では難しいのかもしれません。すぐ知りたい、という人には即実行できるので役に立つと思います。

このレビューは参考になりましたか?

マニュアルなど形にはめ込むことに抵抗があったのですが、この本を読んでそれが悪くないことだとわかりました。
書くことは思いや考えをスッキリさせること。仕事内容によって何を書くか(何をどう考えどう表現するか)はある程度形が決まってくるので、考えなくていい部分はフォーマットにあてはめれば大事なところに時間をかけられる、ということですね。
この本で石倉さんが伝えたいことって、「過程も書かせる」に集約されていると思いました。テキストコミュニケーションのアドバイスで「『やべぇ!』でもいいから困っているときは何か書け」などもそうですよね。
2015年からリモートワークを選んだ理由には納得です。リモートだから「話す・聞く」が大事かと感じていましたが、やりとりの早さだけでなく、効率よくアイデアの広がりやすい「話す・聞く」をするためにも「読む・書く」が重要になってくるのだと。

このレビューは参考になりましたか?

内容紹介の「伝えたいことが多すぎて、長くなってしまう」「メールだと相手の感情がわかりにくい」などに「わかる!わかる!そう!それ!」との勢いで読ませていただきましたが、私の職では使える部分が少ないかも。
これからは文章力も磨かないといけない時代なんて怖すぎる。相手に自分の意図を的確に伝えるために、誤解や失礼のないように文章を書くのは難しい。

このレビューは参考になりましたか?