100年企業の すごすぎる製紙工場

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/08/24 | 掲載終了日 2023/02/28

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#100年企業のすごすぎる製紙工場 #NetGalleyJP


内容紹介

国内の見学者が絶えない、進化する製紙工場の秘密とは!?

今年で創業100年を迎える鶴見製紙。かつて「日本一汚い製紙工場」と言われた同社がいかにしてクリーンであり、エコであり、かつ製紙業界ではトップクラスと言われるIT化を成し遂げたのか。

100年の歩みを振り返りながら、人にと環境にやさしく、絶えまなく進化を続ける同社の取り組みを紹介します。

国内の見学者が絶えない、進化する製紙工場の秘密とは!?

今年で創業100年を迎える鶴見製紙。かつて「日本一汚い製紙工場」と言われた同社がいかにしてクリーンであり、エコであり、かつ製紙業界ではトップクラスと言われるIT化を成し遂げたのか。

100年の歩みを振り返りながら、人にと環境にやさしく、絶えまなく進化を続ける同社の取り組みを紹介します。


おすすめコメント

【目次】

第1章

日本一汚い工場が究極のエコ工場に変われたワケ

第2章

「全社参加型経営」で会社を変える

第3章

「人材戦略」が会社を成長させる

第4章

人がどんどん成長するしくみ

第5章

創業100年でもまだまだ進化する!


【著者プロフィール】

1922年創業の鶴見製紙の 3 代目社長。今年 100 周年を迎える鶴見製紙は、埼玉県で再生紙トイレットペーパー製造と機密書類溶解を事業としている企業で、地球の美しい緑と水を次世代に残すため、常に最新の設備と古紙リサイクル技術で高品質の再生紙 100% のトイレットペーパーを提供している。 3 代目就任当初は日本一汚い製紙工場とまで言われた鶴見製紙を環境整備や IT 化などの経営改革で立て直し、クリーンでエコな製紙会社へと変貌させた。

【目次】

第1章

日本一汚い工場が究極のエコ工場に変われたワケ

第2章

「全社参加型経営」で会社を変える

第3章

「人材戦略」が会社を成長させる

第4章

人がどんどん成長するしくみ

第5章

創業100年でもまだまだ進化する!


【著者プロフィール】

1922年創業の鶴見製紙の 3 代目社長。今年 100 周年を迎える鶴見製紙は、埼玉県で再生紙トイレットペーパー製造と機密書類溶解を事業とし...


販促プラン

ネットギャリー会員のみなさま、ぜひご紹介よろしくお願いいたします。 コメントなどを拡材などに使用する場合がございます。


■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪レビュー投稿締切:2023年1月31日(火)23:59≫

※当選発表は、当選者へのメール通知にて発表いたします
※当選者へのメール通知は2月上旬を予定しています
※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります

ネットギャリー会員のみなさま、ぜひご紹介よろしくお願いいたします。 コメントなどを拡材などに使用する場合がございます。


■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784866673974
本体価格 ¥1,650 (JPY)
ページ数 197

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

もっとも企業が生き残るためには利益を出し続けることが必要です。しかしながらどのように出し続けるか、そこにも「変化」「進化」がなくてはなりません。本書は「変化」「進化」を行い、そしてそれが続いていることを証明していると言える一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?