できる人は、「これ」しか言わない

1万人の話を聞いてわかった「一瞬で心をつかむ」伝え方

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2021/12/21 | 掲載終了日 2023/02/28

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#できる人はこれしか言わない #NetGalleyJP


内容紹介

「言葉を尽くして説明しても、真意がまったく伝わらない」そんな悩みを解消!

「たったひと言で人を動かす方法」教えます。


話が長いわりに何を言っているのかわからない人がいる一方、短い言葉でバシッと伝わる人もいる。

その違いは一体なんなのか……。

本書はリクルートでトップセールスとして活躍し、1万人以上のビジネスパーソンへのインタビューを行ってきた「話し方のプロ」である大塚寿氏が、「短くても伝わる言葉の作り方」を説くもの。

なぜ、話が長くなってしまうのかの原因を探るとともに、短くて鋭い言葉を作るための具体的なステップを紹介していく。

本書の特徴は何といっても、具体的なセリフが多数紹介されていること。

「1万人へのインタビュー」経験を活かし、自身が言った/受けた言葉の中で印象的だったものを紹介。

その数、100以上。

巻末に印象的な言葉を集めた「セリフ一覧」つき。


「言葉を尽くして説明しても、真意がまったく伝わらない」そんな悩みを解消!

「たったひと言で人を動かす方法」教えます。


話が長いわりに何を言っているのかわからない人がいる一方、短い言葉でバシッと伝わる人もいる。

その違いは一体なんなのか……。

本書はリクルートでトップセールスとして活躍し、1万人以上のビジネスパーソンへのインタビューを行ってきた「話し方のプロ」である大塚寿氏が、「短くても伝わる言葉の作り方」...


おすすめコメント

「ダラダラ話して嫌われる人」「ひと言でビシッと決める人」の違いとは?

1万人にインタビューした男が明かす最強&最速の会話術。

「ダラダラ話して嫌われる人」「ひと言でビシッと決める人」の違いとは?

1万人にインタビューした男が明かす最強&最速の会話術。


販促プラン

■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪レビュー投稿締切:2023年1月31日(火)23:59≫

※当選発表は、当選者へのメール通知にて発表いたします
※当選者へのメール通知は2月上旬を予定しています
※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります

■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪レビュー投稿締切:2023年1月31日(火)23:59≫

※当選発表は、当選者へのメール通知にて発表いたします
※当選者へ...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784569851204
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

相手を動かす極意が詰まった一冊。わかりやすい事例で、自分に当てはめて考えることができる。
それにしてもストーリーテリングが重要視されている風潮があるだなんて知らなかった。プレゼンや自己紹介に、ストーリーテリングが使えるのか。なるほど。

このレビューは参考になりましたか?

テレアポ時には、最初の1フレーズで受注率が変わる。何を言いますか?

できる人ほど「話が短く、しかも印象に残る」

そんなイメージを持っていました。
でも、具体的にはどうやったらいいのだろうか?

本の前半では、主に技術的な話。
話をうまくまとめるコツ や そのための具体的なプロセス。

後半では、具体的なセリフを交えながら とっておきの決めセリフの紹介。

もっと早く知りたかったのが
テレアポするときの最初の1フレーズ。
著者は、これで5回電話をして1回受注とのこと。
これだけでも読む価値ありです。

のり@本が好き倶楽部

このレビューは参考になりましたか?

勉強になりました。
「正論だけでは人は動かない」もうハッとしました。確かにそうなんだよなぁと。
日本語も難しいですよね。「大丈夫です」「結構です」なんて、前後の文脈などから推しはかるのですが、時々無理な状況もあるし、行き違いがあったり、本当に難しい。
「人の話を聞いていない、覚えていない」というのも分かっていれば、楽ですね。そういうもんだと諦めていればイラつくこともない。
読んで良かったです。ビジネス書では久々の収穫です。

このレビューは参考になりましたか?

確かに、話しの長い人の話しって、結局、何が言いたかったのかが理解できなかったりする。相手に伝えたいなら的確に短く効果的な言葉を使うのがいいということ。
たくさんのテクニックが紹介されていた。相手の性格によって話しかたを変えるという考え方はいいと思った。ストーリーを作るという話しも参考になった。説得力がある。要するに、コミュニケーションで大切なのは、FOR YOU という感覚。相手を重視するということですね。営業職ではないが、とても参考になる本だと感じました。

このレビューは参考になりましたか?

教員の経験があり、新任の頃話し方の基本を叩き込まれました。ただ「日本語(や日本人)の特性を理解して」と言われたことはなかったですし、何より【聞くこと】についてはあまり細かく指導された記憶がありません。なので「苦手な人の話は物語(エンタメ)として聞く」「相手の立場に、ではなく、相手になりきって」「相手の印象的なセリフは細部まで覚えよ」は、なるほど!でした。相手に「これしか言わない」ためには相手の話をどううまく聞くかが大事なんだなと痛感しました。
この本は教員の方にもぜひ読んでほしいです。『授業での話し方』みたいな教育書を読んでいる先生は多いでしょうが。電話対応の裏ワザは若い先生方必読だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

何歳になっても「結果を出すための」仕事のやり方や生活習慣というのは試行錯誤するもの。僕自身、還暦前ですがまだ正解は見つかっていません。そんな人にオススメなのが本書、リクルートとトップ営業、MBA取得等数多の長所に裏づけられた「人の心を掴むワザ」を披露してくれています。性格的に少し自分には難しいかもという箇所はすっ飛ばして共感できる部分からでも始めようと思える一冊です。

このレビューは参考になりましたか?