やわらかく、考える。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/06/27 | 掲載終了日 2023/02/28

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#やわらかく考える #NetGalleyJP


内容紹介

大人気シリーズ第2弾!

本書は、ベストセラーとなった箴言集『こうやって、考える。』の姉妹本です。

知の巨人がこれまでに執筆した膨大な著作の中から、「柔軟な視点を養うためのヒント」を150に厳選しました。

ガチガチになった頭を解きほぐし、ひらめきとアイデアが溢れ出す1冊!

(主な項目)
●忙しくても、昼寝をする
●ゆっくり急ぐ
●頭の中のよぶんなものを捨てる
●雑談は発見のタネ
●不幸なときは読書のチャンス
●あてもない旅をする etc.
 

「本書は、これまでの著作の中から「柔軟にものごとを見るヒント」となるような箇所を抜粋して、一冊の本にまとめたものである。

日ごろしていることをほんのすこし変えるだけで、ずいぶん変わってくる。

新しいことのように見えても、その実、昔から言われてきた知恵と同じだったりする。

こういうヒントが、読者のみなさんに、いくらかでも参考になれば幸いである」(本書「はじめに」より抜粋)


大人気シリーズ第2弾!

本書は、ベストセラーとなった箴言集『こうやって、考える。』の姉妹本です。

知の巨人がこれまでに執筆した膨大な著作の中から、「柔軟な視点を養うためのヒント」を150に厳選しました。

ガチガチになった頭を解きほぐし、ひらめきとアイデアが溢れ出す1冊!

(主な項目)
●忙しくても、昼寝をする
●ゆっくり急ぐ
●頭の中のよぶんなものを捨てる
●雑談は発見のタネ
●不幸なときは読書のチャンス
●あてもな...


おすすめコメント

「雑談は発見のタネ」「ゆっくり急ぐ」など、知の巨人の膨大な著作から柔軟にものごとを見るヒントをまとめた箴言集、待望の第二弾!

「雑談は発見のタネ」「ゆっくり急ぐ」など、知の巨人の膨大な著作から柔軟にものごとを見るヒントをまとめた箴言集、待望の第二弾!


販促プラン

■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪レビュー投稿締切:2023年1月31日(火)23:59≫

※当選発表は、当選者へのメール通知にて発表いたします
※当選者へのメール通知は2月上旬を予定しています
※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります

■NetGalley主催「注目のビジネス書にレビューを書こう!」キャンペーン!

ビジネス書グランプリノミネート作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、
抽選で20名様に図書カードネットギフト1000円分をプレゼント!

複数レビュー投稿で当選率アップ!!
ふるってご参加ください

≪レビュー投稿締切:2023年1月31日(火)23:59≫

※当選発表は、当選者へのメール通知にて発表いたします
※当選者へ...


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784569902098
本体価格 ¥680 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

本書を一言で表せば、「外山滋比古名言集」ということになろうか。本書は、これまで外山さんがいろいろな本で発表してきた柔軟な物事の見方のヒントになるようなところを抜粋して、一冊にまとめたものである。何の本から抜粋したかも示されているので、全部を読みたい人は、元の本を読んでみるのもいいと思う。ご存じのように外山さんは、2020年7月に96歳で亡くなられた。その年齢になるまで知的活動を続けられたバイタリティをせいぜい見習いたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

さすがは「知の巨人」のお言葉と唸るしかない!学生の頃「思考の整理学」を読み、その時は半分も理解できていなかったが、社会に出て自分の考えや進路で迷った時、著者の考えにようやく辿り着いた気がしたもの。本書も思考法やアウトプットの方法に関し著者が論じたオムニバス的な作品であるので読んでいてもムダがない。心に刺さる文章です。特に若い方に読んでもらいたいですね。

このレビューは参考になりましたか?

モチーフは、柔軟にものごとを見るだろうか。『こうやって、考える。』の姉妹本です。外山さんの名言集です。「流れる水は腐らない」という言葉が気にいりました。動きを失うと活力を失う。これは思考でも行動にでも言えることで、まさしく外山さんらしい名言でした

このレビューは参考になりましたか?

著者の今までの作品から、「柔軟に思考する」という視点で選ばれた言葉が集められている。読む前は、そういう形式の本だと思わず読み始めたので、少し驚いたが、悩んだ時など、自分の状況に合った章だけ読んでもいいし、ぱらぱらとめくって、開いたページに載っている言葉を読むのもよさそうだと思った。
読書についてや日本語についての言葉もたくさん書かれていたが、私が一番印象的だったのは、「われわれは不幸、失敗の足りないことをこそおそれるべきである」という言葉で、原典となっている元の著作も読んでみたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

『こうやって、考える。』と同様、数多くのアルバムを出してきたミュージシャンのベストアルバムという感じでしょうか。凝縮されたひとつひとつの言葉がすごく響いてきます。
わたしが言葉を意識したからかもしれませんが、『日本語の論理』から選ばれたものが多く感じました。そのためか、主張はもちろんですが、外山さんは表現のしかたがお上手だと実感しました。エッセンスを集めたこの本ならではの読み応えでしょうか。
「あいまいさは一種の論理」がわたしには一番やわらかい考え方だと感じました。

このレビューは参考になりましたか?