ただいまねこ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2023/02/10 | 掲載終了日 2023/02/07

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ただいまねこ #NetGalleyJP


内容紹介

大好きな人との再会を描いた、涙の感動作

この絵本の主人公は黒白猫のちびた。毎日ごろごろ、おだやかな日々を送っています。そんなある日のこと、仲間の猫が「きょうは、年に一度のおうちに帰る日だよ」と、言い出しました。わけがわからず渡された三角の布を頭につけると、ちびたは思い出します。自分はあかりちゃんのうちの猫で、彼女たちとかけがえのない時間をすごし、年老いたある日、死を迎えたことを──。


著者:ミヤザーナツ(絵本作家、イラストレーター)

長野県生まれ。デザイン会社を経て、イラストレーターとして出版業界や広告業界で活躍。2020年より作家名を「宮澤ナツ」から「ミヤザーナツ」に変更。絵本に『らったくんのばんごはん』(作・坂根美佳/福音館書店)、『がんばれ、なみちゃん!』(作・くすのきしげのり/講談社)、『でんしゃにのるよ ひとりでのるよ』(作・村せひでのぶ/交通新聞社)。紙芝居に文部科学省選定『キジムナーにあったサンラー』(さえぐさひろこ 脚本/童心社) 、『アマガエルのきしょうよほうし』(キム・ファン 脚本/童心社)などがある。音楽を聴くこと、庭仕事、散歩、読書、生き物と接することが好き。


大好きな人との再会を描いた、涙の感動作

この絵本の主人公は黒白猫のちびた。毎日ごろごろ、おだやかな日々を送っています。そんなある日のこと、仲間の猫が「きょうは、年に一度のおうちに帰る日だよ」と、言い出しました。わけがわからず渡された三角の布を頭につけると、ちびたは思い出します。自分はあかりちゃんのうちの猫で、彼女たちとかけがえのない時間をすごし、年老いたある日、死を迎えたことを──。


著者:ミヤザーナ...


おすすめコメント

大切なものとの別れは、だれにとってもつらく悲しいものですが、本書のなかではその先に訪れる穏やかで静かな時間を描いています。現在、学校現場でも重要視されている「デス・エデュケーション(死をとおしてよりよく生きることを考える教育)」にも最適な一冊です。

大切なものとの別れは、だれにとってもつらく悲しいものですが、本書のなかではその先に訪れる穏やかで静かな時間を描いています。現在、学校現場でも重要視されている「デス・エデュケーション(死をとおしてよりよく生きることを考える教育)」にも最適な一冊です。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784140361504
本体価格 ¥1,500 (JPY)
ページ数 32

関連リンク

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

まいにちごろごろでしあわせのぼく。“しあわせ”であるけれど、違うところでしあわせだったんだね。

「ただいま」とあかりちゃ~んにいう場面は、再会した喜びに満ち溢れていて胸が熱くなりました。私が愛犬との別れを経験したからかもしれませんが、心が奪われる1ページとなりました。

このレビューは参考になりましたか?

あれ?
これって、ないてるっていうのかな?
だって、なにかをあらいながすように、
なみだがあふれてる、あたたかいなみだが・・・
でも、かなしくないんです、ちっとも
それどころか、とっても、あったかい、とってもあかるいとうめいなきもちです
あのときいらい、
あんなにかなしくて、あんなにくるしくて、あんなにくやんで・・・
わすれちゃってたきもち
おかえり、きみだね・・・
おかえり、だいすきな、だいすきな、だいすきなきみ
ふしぎ。みえないけど、かんじてるよ。そばにいるんだね。ああ、かわんないね、ほっとしたよ・・・
ミヤザーナツさん。これ、作り話じゃないですね、ほんとのはなしですね。なぜって、こんなにも、こころが大きくうなずいてるもの。ほんとだよって。・・・ありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?

「まいにち ごろごろ まいにち しあわせ」。そんなちびたが帰る場所は、懐かしいおうち。
思い出せそうで思い出せなかった懐かしいあかりちゃんに会うことができました。
いきなり天冠(頭に巻く三角の布)が出てきてはっとしましたが、初めてのちびたにはわからなくて当然。周りのねこたちがやさしくてよかったね。
見えないことはいないことじゃないのですね。あかりちゃんにもちゃんと届いたその声が、幸せそうです。一旦は別れても、心を澄ませてちゃんと感じる大切な存在。今も大切な存在なんだとわかります。

このレビューは参考になりましたか?

大切な存在が眼の前から居なくなったときは
悲しくて、悲しくて、気持ちがふさぎ込んでしまうけれど。
でも違うんだよね。
みんな別の場所で穏やかに過ごしているんだよね。

私も一緒に過ごしてくれた人や動物たちを
忘れずに思い出して
笑顔で「ありがとう」って言いたいです。

このレビューは参考になりましたか?

過去に猫やペットを飼っていて、あの子が帰ってはこないかと思う人には幸せな作品。「虹の橋」と同じような、日本バージョンのような。亡くした猫やフェレットがきゅうりに乗って帰ってきたらどんなにうれしいでしょう。

(ここから追記)
迎えるペットは二度と会えない他とは違う子なので、飼い主はできる限り大切にして、絶対後悔しないということは難しくても、楽しく暮らしてもらいたいです。飽きたから飼いきれないからは論外です。この絵本のところまで可愛がってほしい。わたしも次もそうしたいです。

お盆に帰ってくる猫達も良かったですけど、皆その辺にまだいるのかもと思っています。優しい絵本でいろいろなことを思い起こしました。

このレビューは参考になりましたか?

ネコってどんな環境でもありのままでいてくれそう。
それが今であっても昔であってもかかわった人々の心に。
無邪気なただいまと、落ち着いてやっとありがとうのただいまと、
いろんなただいまってあるけれど、帰れるところ、
帰ったら喜んでくれるところがあるっていいなあ。
そういう場所皆ちゃんと作れるかなあ。

このレビューは参考になりましたか?

大切なペットや家族を亡くした子どもにも、大人にも、優しい絵と言葉で寄り添ってくれる良い絵本だと思いました。
お盆の風習も自然に描いてあり、見たことのある子どもにとっては、意味が分かるようになっていて良いですが、巻末に迎え火・送り火や、精霊馬の説明があると、一人で読まなければならない子どもにも、教えられてより良いと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

大切な家族だったあの子たちが、私のもとを旅立ったあと、こんなふうに過ごしてくれていたらなんて幸せだろうと思いました。

お盆にはお墓参りくらいしかしていなかったけれど、きちんと精霊馬も作りたくなります。
小さな子ども達にもやさしく伝えられるいい本だなぁと思います。

亡くなってしまった猫や犬はもちろん、
人にも心を向けられるきっかけになる本でした。

このレビューは参考になりましたか?

猫と暮らすすべての人のど真ん中に届く作品です。
うちには13年もいたのに、まったくなつかない、家庭内野良ともいうべき猫がいました。家の中で出会おうものなら、後ずさり。おやつをあげてもシャー! でも母にだけはベッタリでした。その名も「ちびすけ」。メスなのに。母はちびた(!)と呼んでいました。
やっぱり毎年帰ってきているのかな。
さて、今年も地獄の釜の蓋があくのを待つことにしましょう。

このレビューは参考になりましたか?

わが家にも迷い猫がいます。住みついて3年。この猫と同じ柄なので、表紙と内容紹介文を見て読むのには勇気がいりました。読み始めると寝姿までうちの猫と同じで。
生きているものは必ず命を失います。それでも今まで注いできた愛情をいなくなってからでも注ぎ続けたいと、世話をしてきた人は誰もが強くそう考えると思います。
それを猫の側から表しているのが新鮮な感じがしました。「猫もさびしさを感じたり、この日が待ち遠しいと思ったりして、一緒にいてくれた人たちへの思いが心の中に残り続けるのかな。そうであってほしいな」と、この本を読みながら思いました。(いま横にいるわが家の猫を見て涙してます)

このレビューは参考になりましたか?