日本の仏像図鑑

ログインするとリクエスト可能か確認できます。 ログインまたは今すぐ登録
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2021/11/17 | 掲載終了日 2024/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#日本の仏像図鑑 #NetGalleyJP


内容紹介

「この仏像、なぜか気になる…」「このポーズにはどんな意味があるの?」「どうして動物に乗ってるの?」
 このような疑問が思い浮かんだ経験はありませんか?

仏教のことはよくわからないけど、仏像が好き。お寺めぐりもいいけど、お目当ては仏像。そんな仏像好きの方たちに贈る、仏像の入門書&ガイド本です。

仏像はどのようなグループに分かれるのか、このポーズにはどんな意味があるのか、持ち物は?衣装は?どこに行けばどんな仏像に会えるのか?などなど。

仏像の基礎知識をとにかくわかりやすく説明しつつ、イラスト満載で、ページをめくるうちに仏像に会いに行きたくなる1冊です。

「この仏像、なぜか気になる…」「このポーズにはどんな意味があるの?」「どうして動物に乗ってるの?」
 このような疑問が思い浮かんだ経験はありませんか?

仏教のことはよくわからないけど、仏像が好き。お寺めぐりもいいけど、お目当ては仏像。そんな仏像好きの方たちに贈る、仏像の入門書&ガイド本です。

仏像はどのようなグループに分かれるのか、このポーズにはどんな意味があるのか、持ち物は?衣装は?どこに行けばどんな...


出版社からの備考・コメント

🌟新星出版社 創業100周年記念企画第2弾!

📕本作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、抽選で1名様に、本作品の紙書籍をプレゼント!

レビュー投稿締切:2024年3月31日(日)23:59

※締切後、当選された方のNetGalley登録メールアドレスへ当選メールをお送りします。そのため、メールアドレスを出版社に開示設定を行っている方がプレゼント対象となります。

※発送の都合上、国内在住の方が対象となります。

🎯キャラ図鑑シリーズ全16点がNetGalleyに掲載されております。各作品にぜひご応募ください!

🌟新星出版社 創業100周年記念企画第2弾!

📕本作品にレビューをご投稿いただいた方の中から、抽選で1名様に、本作品の紙書籍をプレゼント!

レビュー投稿締切:2024年3月31日(日)23:59

※締切後、当選された方のNetGalley登録メールアドレスへ当選メールをお送りします。そのため、メールアドレスを出版社に開示設定を行っている方がプレゼント対象となります。

※発送...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784405073258
本体価格 ¥1,200 (JPY)
ページ数 160

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

わかりやすい文章と親しみやすいイラストが満載で、仏像沼に引き摺り込まれそうです…!
もともと仏閣巡りが大好きなので、実際に目にした事のある仏像が登場しては、知ってる〜!とテンションが上がりました。
でも先にこの本を読んでから会いに行っていたら、もっと楽しかっただろうなと…!
私の推しは自分自身が浄土宗ということもあり、阿弥陀如来様です。
今度平等院鳳凰堂に行くので、わくわくしています!
仏像に今まで縁がなかった人も、仏像を好きな人も、いろんな人が楽しめる一冊だと思います。きっと新しい発見があるはず!
わくわくするような作品でした。
ありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?

私にははっきりした信仰はないが、美術としての仏像は好きなので興味深く読んだ。
どの神様を表した像なのか?
仏像のあの部分は何を表現しているのかなどイラストでわかりやすく紹介している。
さまざまな仏像の解説もあるので、「会いに行きたくなる」のタイトル通り、読了後、実物を見たくなってくる。
同時に「どの仏像も推せる……」という状態に。
本物に会いに行く旅の計画をしようか。

このレビューは参考になりましたか?

仏像大好きなのでとても面白かったです。
信仰心はないので宗派を問わず拝観に行っています。
桜の時期は長谷寺、安部文殊院や金峯山寺へ、梅雨時は三千院、紅葉シーズンは.....などなど書き始めるとキリがないくらい季節ごとに会いに行きたくなる仏像がいます。
そのなかで一番会いに行くのはファンクラブにも入るほど好きな興福寺の阿修羅像です。

仏教世界においての仏像の種類も図説で解説されていて、如来や菩薩などの違いも分かりやすく説明されています。
光背や台座などの解説もあり、仏像をあまり見慣れない人にももっと楽しめるポイントが押さえられています。
仏像に会いに行くときのポイントとして持ち物までも紹介されていているのもいいですね。私も必ずクリアファイルやリーフレットを畳んで収納できるファイルを持ち歩いています。

関西に住んでいるので会いに行きやすいという利点もありますが、鑑真和上坐像のように拝観できる日が限られている仏像も多くまだまだ会いに行きたい仏像がたくさんいるなと改めて思いました。

このレビューは参考になりましたか?