ブリーフぐまとパンケーキ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。 ログインまたは今すぐ登録
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/05/29 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ブリーフぐまとパンケーキ #NetGalleyJP


内容紹介

\レビュー投稿で本作品の絵本をプレゼント/

ゲラを読んでレビューをご投稿頂いた方の中から、抽選で3名様に本書をプレゼントいたします。素敵なレビューをお待ちしております。

レビュー投稿締切:2024年5月28日

*抽選後、当選者には、NetGalleyにご登録されているメールアドレスへ当選メールをお送りします。メールアドレスの開示設定をされている方が応募条件となります。

======================

<内容紹介>

かわいいフォルムと渋い顔立ちの「ブリーフぐま」が主人公の、親子で楽しめる子ども向け絵本!

「森の安藤」など独特でシュールなタッチのアニメーションで知られる谷口崇氏が絵本向けに初めての水彩色鉛筆で作画を担当した作品!


<あらすじ>

ブリーフをはいたくま、それがブリーフぐま。

親子で一緒に読みたくなる、ちょっとシュールでクスッと笑える絵本。

森に一人で住んでいるブリーフぐまは、パンケーキが大好きです。

ある日、いつものようにパンケーキを焼いていると、いい匂いにつられてたくさんの動物たちがおうちにやってきました。

かわいいフォルムに渋いお顔のブリーフぐまが、マイペースにパンケーキを振る舞う姿がとっても可愛くて面白い!

親子で何度でも読み返したくなる一冊です。

======================

【ゲラを読まれる方へ大切なお願い】

・本文は校了前のデータに基づいており、刊行時に変更される可能性があります。
・ネットギャリーだけでなく、外部サイトやSNS等でも、多くの方が目にする場でのレビュー投稿においては、ネタバレ行為はご遠慮ください。
・作品が自分に合わないと感じた場合、今後の作品選びや読書の楽しみを広げるために、建設的なご意見をぜひお聞かせください。
・今作は作者のご厚意により、校了前の貴重なゲラを公開しています。

◎拡材や新刊配本のお申込みにつきましては、【玄光社 営業部】までお問い合わせいただけますと幸いです。「番線 or 番線情報」「書店名」「ご発注者様名」をご記載いただき、玄光社 営業部 「sales@genkosha.co.jp」までメールにてご連絡ください。

======================


\レビュー投稿で本作品の絵本をプレゼント/

ゲラを読んでレビューをご投稿頂いた方の中から、抽選で3名様に本書をプレゼントいたします。素敵なレビューをお待ちしております。

レビュー投稿締切:2024年5月28日

*抽選後、当選者には、NetGalleyにご登録されているメールアドレスへ当選メールをお送りします。メールアドレスの開示設定をされている方が応募条件となります。

==================...


おすすめコメント

アニメーション作家としてYoutube で人気の谷口崇による絵本。ブリーフを履いた熊「ブリーフぐま」が森の生き物たちと楽しく過ごす1日を描いた作品。一度見たら忘れない不気味な顔なのに、どこか憎めない可愛らしさがあるキャラクターで、子どもから大人まで楽しめる作品です。


著者紹介:

【絵:たにぐちたかし】

アニメ・イラスト作家。脚本・作画・編集・声までを一人でこなしたオリジナルアニメ『森の安藤』『むきだしの光子』などがYouTubeで話題となり、その後、バラエティ番組『じっくり聞いタロウ』のマスコットキャラ、TVアニメ『ピコ太郎のララバイラーラバイ』、『花王シャンプー』『LINE証券』のCMなどを手掛ける。

【文:うめだしんすけ】

ゲームプロデューサー。『ワールズエンドクラブ』『デスカムトゥルー』『冤罪執行遊戯ユルキル』『雨魂』などをプロデュース。株式会社イザナギゲームズ のCEOを務めながら、様々なエンターテインメントコンテンツの企画、プロデュース、ディレクションを行っている。


アニメーション作家としてYoutube で人気の谷口崇による絵本。ブリーフを履いた熊「ブリーフぐま」が森の生き物たちと楽しく過ごす1日を描いた作品。一度見たら忘れない不気味な顔なのに、どこか憎めない可愛らしさがあるキャラクターで、子どもから大人まで楽しめる作品です。


著者紹介:

【絵:たにぐちたかし】

アニメ・イラスト作家。脚本・作画・編集・声までを一人でこなしたオリジナルアニメ『森の安藤』『む...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784768319109
本体価格 ¥1,600 (JPY)
ページ数 40

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

シュールな表紙に心を奪われ、勢いよく読ませていただきました。
ブリーフぐまって!笑
後ろからみたおしりはなんか可愛いし、しかもなぜか靴下履いてますし。でもそこが良い…!
いろんな動物にパンケーキを頼まれて、いいよー。と返事をするまでの、なんともいえない表情と絶妙な間がたまりません。
みんなにパンケーキを焼いてあげて、お礼に果物やホイップをもらう。
最後に出来上がった豪華なパンケーキがすごく美味しそうでした!
動物達の個性的なファッションにも注目です!!
思わず笑ってしまう、にっこり笑顔が止まらない一冊でした!
めちゃくちゃ面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

絵がシュール過ぎて最初お話が入って来ませんでした。
なのでもう一度読み直しました。
私が今欲しい絵本第一位に躍り出ました。

しかし、子供はこれ喜ぶのか?小さい子供はこの面白さを理解できるのでしょうか。
3歳くらいの子供のいる家で読み聞かせて、本棚にずっとあり、思春期くらいに気付いて何これ????となって欲しいと勝手に想像しています。
リスの顔を拡大したところまたすごい顔。そして、ブリーフぐまはパンツ履いてるのにリスは下半身剥き出し。
ペンギンに至ってはベルトのみ。そしてブタはなぜかゴスロリ。ゾウさんはネクタイと靴。
ファッションセンスのレベルが高過ぎます。
絵のタッチや色などはとてもほんわかしたものなのに。
ちなみにお客様が来た時のクマの尻も個人的にツボです。

あとパンケーキ焼いてと頼まれた時に一瞬挟まれる真顔。この間のクマの気持ちを想像してしまいます。
私には「めんどうくせえな」と聞こえて来ます。

面白すぎて夫に読み聞かせをしました。不思議なことに、どうしてもお客さまの声がどうしてもオヤジ声になってしまいます。ブタさんはざあます的なおばちゃん声を意識してしまいます。

お客さまからトッピングをもらってクマさんのだけ豪華になっていくのも面白かったです。
いやシェアしないんだ。って。

大人に布教したい本だったし、パンどろぼうシリーズが大好きな妹に早速布教しました。

このレビューは参考になりましたか?

ブリーフを履いているのはちょっとおめかししているのかなと想像しながら読みました。

森の動物たちが次々と訪れてパンケーキをリクエストしますが、ブリーフぐまさんは「いいよー」と喜んで作ります。
パンケーキのトッピングが次々と増えて、さらにおいしそう。

みんなのやさしい気持ちがおいしさを引き立てていますね!

このレビューは参考になりましたか?

もりのおうちにひとりで住んでいるブリーフぐまは白ブリーフと白靴下をはいています。くまの姿はシュールすぎるしくまの表情が癖になります。
ブリーフぐまが大好きなパンケーキを作り、食べようとするとパンケーキのいい匂いを嗅ぎ付けたお客様がやってきます。
「パンケーキのいいにおいするなあ。ぼくにもつくってくれない?」と頼まれたときは無表情なのに「いいよー。」と言うときの笑顔がもうたまりません。
パンケーキを食べたいお客様が次々にやってきて、その度にブリーフぐまは「いいよー」とパンケーキを焼きます。お客様はそれぞれお礼を持ってきて最後はとても美味しそうです。
もりでひとりで住んでいるくまにも仲間ができて、くまの笑顔と仲間たちのくすっとしてしまうような表情が見たくて何度も読み返しました。これは子どもよりも大人のほうがハマりそうですね。

このレビューは参考になりましたか?

ストーリーは単純。
ただ、パンケーキを焼いて食べようとするたびに、お客がやってきて、「ぼくにも作って」というので、お客のサイズに合わせたパンケーキを作り、お客にもらったフルーツやクリームをトッピングして、みんなでパンケーキを食べます。
それなのに、このシュールさ。
動物たちの表情、恰好、それに間が、何とも言えない空気を醸し出しています。
パンケーキが食べたくなりました。
それも、一人じゃなくて、だれかと一緒に。

このレビューは参考になりましたか?

白いブリーフにそこはかとなく漂う昭和感。白い靴下と合わせて、ブリーフぐまのきちんと感をだしているのかな?と、そのビジュアルだけで心の声が騒ぐ。
森の動物が次々とパンケーキの焼けるいい匂いにつられてやってきて、自分にも焼いてほしいと所望すると、真顔からの破顔のにこっ!がたまりません。ひとりで暮らすブリーフぐまには、ちょっとした出来事だったのではないでしょうか?
そして、ブリーフぐまのパンケーキがどんどん豪華になっていくようすに、あらしれっとしてるわね⁉︎と思わずつっこむわたし。でも不思議に幸せのおすそ分けをいただいた気分で本を閉じました。

このレビューは参考になりましたか?

この本は誰向けかと言われると難しい。
難しい言葉は使われていないから幼児さん向けかと言われると絵面がシュール過ぎる。(好きだけど)
大人向けかと言われると助け合いの精神や種別を超えた仲間意識があるのでお子さんにも読んでほしいと思ったり。こびとづかんの立ち位置のそれと似ている気がします。
でも個人的にはものすごく好き。それぞれの癖のあるワンポイントのお洒落もくまさんが一瞬真顔になるシーンもさいごの無理矢理パンツを洗濯させようとするところも可愛いです。
つまりは何が言いたいかというと全世代にお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?

イラストのタッチは柔らかいのに、登場する動物たちは一度見たら忘れられない姿で、そのギャップがクセになりそうなお話です。
ブリーフ一丁(靴下も履いてましたが)のブリーフぐまが、訪れる動物の体格に合わせてパンケーキを焼くのが優しくていいなあと思います。トッピングが増えてどんどんパンケーキが豪華になっていくのも楽しいです。
パンケーキを頼まれた後の真顔から笑顔になるところがたまらない。このページはブリーフぐまの表情だけが変わるので、電子版でスクロールするとまるで動いているみたいに顔が変わるのが面白かったです。何度も真顔→「いいよー。」→真顔→「いいよー。」と繰り返して遊んでしまいました。楽しい一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

ブリーフって清潔感と紳士的な感じで、彼は一目して怖いくまでなくてかわいいくまとわかる。
気楽に訪ねてくる動物たちを次々にパンケーキとともに受け入れる笑顔。
笑顔って一番、心と経験と表裏が出るもの。それでブリーフぐまは一瞬で相手の心をつかむ。

チャーミングな笑顔がブリーフという小物と相まってとても素敵なくまになる。
一方的にごちそうになるっていうだけでなく、みんなでパンケーキを作り上げる。
そういう要素もページをめくる楽しさがあり、めくるからこそ何度も見る笑顔に、
私が訪ねてもブリーフぐまはこんな顔でいいよーって言ってくれるのかなって癒されます。

このレビューは参考になりましたか?

良い絵本というものは、繰り返し読みたくなるものです。
と、考えていましたが、この絵本はその上をいきます。

中毒性が半端ではない!
最初はブリーフに目が行ってしまっいましたが、読み進めるうちにブリーフはもはや通常運転となり、
ブリーフぐまの一瞬の表情の動きに目を奪われます。

持ってきたいちごやクリームなど、え!ブリーフぐま、ブリーフぐまひとり占め!
と、どんどん豪華になっていく、くま自身のパンケーキ。
テーブルぎゅうぎゅう、椅子も足りないのに、気にせず食べようとする動物たち。
訪ねてくる動物たちも、何かしら身に着けていて、そちらも気になるところです。

この中毒性がゆえに、しばらくたつとこの本を再び、開きたくなります。
そして気づくのです。ブリーフぐまのふるまいと、ぷりぷりのお尻に魅了され搦めとられていることに。

年齢フリーで読める絵本です。

このレビューは参考になりましたか?

パンケーキをお願いされたときの表情が
たまらなくシュールでかわいい!一瞬ときが止まる感じがいいです。また、なぜプリーフをはいているの??そこが不思議で子どもたちへの読み聞かせなどには盛り上がりますね、きっと。

このレビューは参考になりましたか?

ふふふ、ふふふと笑いながら読み終えました。
吉田戦車っぽい感じがいいですね。
なんでブリーフはいてんのかなあ、過去編なんかいつか続編ででてくるのかなあ。
「いいよー。」だけじゃなく、「だめー。」っていう展開もいつか見たいなあ。
謎が謎を呼ぶ、新たな絵本の登場! という感じでした。
子どもたち、すごく喜ぶと思うなあ。男の子に大うけしそう。
あとは母親が手に取って買ってくれるかというハードルの高さはありそうですが。
だいじょうぶ! おしりたんていの例もありますから。
ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

インパクトありすぎる設定と絵!!
くまさんの後ろ姿のおしりにクギヅケです。

「いいよ」とにっこりする場面が、デジタルでは目と口だけうごいていい感じですが、
絵本のページめくる感じではどんな風になるのか気になります。

このレビューは参考になりましたか?

先ずは表紙のシュール過ぎるブリーフ姿のくまさんにやられる。
そもそも、真っ白なブリーフに白靴下コーデって!期待感が俄然、膨らみます。
ほかほかのパンケーキも上手に焼けて美味しそう、さあ食べようと思ったら…。
いい匂いにつられて次から次へとやってくる森の面々にもツッコミどころ満載。「焼いて、作って」とねだられた瞬間のくまさんの表情にククっとほくそ笑んでしまう。心の声が聞こえてきそう。
積み重なったパンケーキをあんぐりと満足そうに食べている表情が想像できますね。ラストのページまで最高です。あー楽しかった!!

このレビューは参考になりましたか?

キモカワなブリーフぐまと、キモカワな動物たちのあたたかい交流に癒され、どんどん豪華になっていくパンケーキに思わずヨダレが出そうになりました(笑)
最後はどうして!?と思ったのですが、楽しく読ませていただきました。

このレビューは参考になりましたか?

何だこのシュールさは!白ブリーフと白靴下のみのブリーフぐま。大好きなパンケーキを焼いていると(なぜかテーブルにもブリーフが!)動物たちがやってきてパンケーキを作って欲しいとリクエスト。その時のくまさんの無表情からのにっこり「いいよー。」がたまらない!そして動物たちそれぞれの格好も様々で面白い!この絵本の面白さは何歳から分かるのだろう?少なくとも大人はハマること間違いない。ひょっとしたら幅広い世代で楽しめるかも。

このレビューは参考になりましたか?

ブリーフを履いたくまがパンケーキを焼きはじめると、その匂いにつられてお客が、お客が、お客が。ニコニコ迎えるブリーフぐま。みんなでいっしょに食べる方がおいしいものね。

------------------------------------

ブリーフぐま、その姿を見てギョッとしてしまうのは、世俗にまみれた大人だからなのだろうな。ありのままを受け入れる子どもの瞳には、そのままの姿が当然のものと写るのだろう。

パンケーキを焼く匂いにつられてやってきた動物達の望みを引き受けるブリーフぐまの嬉しそうな表情も、勿論ありのままに。

そして、ブリーフぐまのパンケーキだけは高く高くなり、全てのトッピングでゴージャスになっていく、ブリーフぐまのそんな要領の良さも、クスクスと笑って見ているのかな?

みんなで食べるパンケーキ、本当に美味しかったろう。

そうして、最後にみんなは縦に並んで何をしてるのかな?
読み聞かせをしたあと、我が子や聞いてくれた子ども達に、「何をしているんだと思う? それはどうして?」なんて聞いてみたい。どんな答えが返ってくるか、わくわくしてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

このお話に出てくるブリーフぐまは、ビジュアルは怪しさ満点です。何しろ身につけているのは、パンツと靴下だけなのですから。それなのに、顔はとってもシュール。もうその見た目だけで、半径10メートル以内には近づきたくないと思うのが普通ではないでしょうか。でも来たお客さんにパンケーキをつくってあげ、みんなで食べるのです。この話から次のようなことが分かるのではないでしょうか。人は見かけによらぬもの。怪しさ満点のくまさんがみんなにパンケーキを作ってあげるのです。次に食欲は偉大だということでしょうか。あの怪しさ満点のくまさんにみんなパンケーキを食べたさに近づいていくのですから。最後に食事はみんなで食べると美味しいということでしょうか。パンケーキをみんなで食べるのですが、くまさんの焼いたパンケーキに、お客さんの持ってきたものが合わさってとっても美味しそうになるのです。これはくまさんだけだったら何もデコレーションの無い質素ともいえるパンケーキを食べないといけませんでしたから。

このレビューは参考になりましたか?

おもしろい!
「間」が絶妙!
絵も魅力だけど、文も魅力的。絵と文は別の先生なんですね。そうとは思えないほどお互いを高めあっていて、どのページも笑えます。
なんだろこの読書体験。はたしてこれは読書なんだろうか。それをもはや超えているかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

パッと見は怖そうな白ブリーフと白靴下をはいた一人暮らしのブリーフぐまなのですが、意外にも心優しく家にやってきた動物たち、りす、ペンギン、ブタ、ゾウにパンケーキを作ってあげます。動物たちは作ってもらったお礼に、イチゴ、バナナ、ホイップクリームをくれてパンケーキにトッピングしていきますので、どんどんおいしそうになりますよ。ブリーフぐまが作ってとお願いされると一瞬は無表情になりますが次の瞬間に「いいよー」とニッコリ微笑む瞬間がとてもナイス!ですね。人も動物も見た目じゃなく心の優しさが大事だよと教えてくれますね。

このレビューは参考になりましたか?

イラストのタッチが好きすぎました!!!
めちゃくちゃかわいいです!!!
動物がお家に来た時のブリーフぐまの後ろ姿と「いいよー」の時の笑顔がとにかく最高で癒されました。とても好きです!!
パンケーキがだんだんと豪華になっていくのも見ていてわくわくしました。
この作品のパネル展があればぜひ開催したいです!

このレビューは参考になりましたか?

どう言ったら良いのか。
とにかくインパクトが強い。
ブリーフを履いたくま、そしてパンケーキを焼く。
訪問者の動物たちに応える前に見せる表情に、こちらが一瞬固まってしまう(笑)
いいの? ダメなの? そう此方がくまに問うてしまいたくなる。
だからこそ、そのあとのくまの表情が効いてくる。
本を閉じたのに、また開いて確かめたくなる 
ちょっとクセになる1冊だ。

このレビューは参考になりましたか?

インパクト絶大のルックス。これ、人間のオジサマなら、色々「アウト」かもしれませんね・・・
でも、これは、くまさんなのです!あくまでも、ファンタジーのくまさんなのです。だから、OK!
それでもって、来客のリクエストのたびに見せる、ブリーフぐまさんの、真顔の瞬間。この間は、一瞬の永遠。真顔の、おじさまの憶測のつかない無言の時間。むむむむむっ・・・緊張が走るのも当然!
そして、破顔一笑。顔の大きさにしては、こじんまりとした、目・鼻・口。それが、こんなにもインパクトのあるバズーカ砲のような笑顔。
次から次への来客のたびに、私は疑ってしまうのです。きっとなにか起こるのではと・・・
さて、続きは自分で確かめてほしいのです。あなたは、このたにぐちたかしワールドの挑戦を真正面から受け止められるでしょうか?
それは、どうやら、私達が持っている、知らず知らずの先入観への挑戦状のようです。
ふつう絵本の主人公はこんな感じ。こんなことを言いそう。こんなことをしそう。こんなことはしない・・・
子供向けの絵本であっても、子供が受ける以上のメッセージが大人に届く絵本です。
わたしは、子供にもこの先入観をもって、接していないかだろうか?押し付けてはいないだろうか?
自分の分だけどんどん増えるパンケーキ。これも、どう受け取るかは、私に委ねてしまうんですね、たにぐちさん。
受けて立とじゃないですか(笑)
インパクトに隠れた繊細な個性。ありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?