おちびさんじゃないよ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。 ログインまたは今すぐ登録
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2023/02/27 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#おちびさんじゃないよ #NetGalleyJP


内容紹介

★★★第70回青少年読書感想文全国コンクール 小学校低学年の部選定★★★

テンちゃんは身体の小さな女の子。周りの皆んなが子ども扱いするけど、いろんなことができるし、知っているのです。ある日、学校にマルくんという身体の小さな男の子が転校してきました。小さなマルくんにいじめっ子が近づきます。どうしよう…小さなテンちゃんはマルくんを助けようと……..

★★★第70回青少年読書感想文全国コンクール 小学校低学年の部選定★★★

テンちゃんは身体の小さな女の子。周りの皆んなが子ども扱いするけど、いろんなことができるし、知っているのです。ある日、学校にマルくんという身体の小さな男の子が転校してきました。小さなマルくんにいじめっ子が近づきます。どうしよう…小さなテンちゃんはマルくんを助けようと……..


おすすめコメント

絵本の舞台は学校です。学校のいじめっ子に勇気を振り絞って大きな声をあげた身体の小さな女の子テンちゃんのお話です。

絵本の舞台は学校です。学校のいじめっ子に勇気を振り絞って大きな声をあげた身体の小さな女の子テンちゃんのお話です。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784909809445
本体価格 ¥1,700 (JPY)
ページ数 44

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

低学年の子たちに読み聞かせしてあげたい絵本。最高にスカッとします。

体の小さなテンちゃんとマルくん、2人の友情が芽生えるシーンは必見です。
勇気をもって、自分のことをはっきり主張できるテンちゃんは、小さくなんかない!

このレビューは参考になりましたか?

ルッキズムというのは、美醜だけでなく、大小でもある。
それを声を大にして、自分は小さくない、と言えるテンちゃんは素晴らしい。
マルくんとの友情も育んでいけそうで、いい話だなと思った。
絵もかわいらしいし、訳も自然で読みやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

誰もが持っているコンプレックス。それをわざと相手の気持ちに関係なく、言葉にしたり、言ったりするのは、いじめになる。そんな、行為にはっきりと「ノー」といえる主人公。彼女の勇気に拍手!元気のでる本。経験のある子もそうでない子も、共感できる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

どこにいっても「おちびさん」って言われる。クラスでも一番小さい。でもあたしはおちびさんなんかじゃない。なんでもできるし、バカにしないでって思うテン。
ある日、クラスにマルくんていう転校生がやってきて…。テンと同じくらい小さいマル。どうやらいじめっ子に目をつけられた様子。さあテンはどうする。
自分もチビだったけど、あんまこういう思いをしたことはない。てんとまる。点と丸?2人のこれから広がる世界が楽しく思える一冊。

このレビューは参考になりましたか?

課題図書ということで読ませていただきました。
小さい子扱い、ついついしてしまいますが、小さくたって一人前!の気持ちを持っている子の思いを汲み取っていきたいと思いました。
また、ページの使い方がいいなあと思いました。左右見開きで反論するテンちゃん。それまでの葛藤も相まってインパクトがありました。
購入する予定です。実際に手に取って、読み聞かせをするのが楽しみです。
ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

背が小さいということよりも、背が小さいに付随してついてくるレッテルが許せない。
そういうことってあると思う。今の時代男だから女だからこうしなさいもなくなってきている。

短絡的に判断することを、楽なところにいる人たちはしがちになるが、
人一人が見えている、他人のことに対して感じていることってあまりにも少ない。
自分にとっては一瞬だけど、もっと長い時間をかけて私は作られている。

あなたが私を見て判断して知っている分は少なすぎる。
そう思って生きさせてくれる力をもらえる本だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

娘が小さい頃を思い出した。親戚の小学生の子どもたちが集まるなか、一番のおちびさんで、まだ未就学だ。だが本人はおかまいなしで、遊びの輪の中に入っていた。これは、自分が小さいと自覚なしの怖いもの知らず。しかし、この主人公はちがう。体が小さいことを自覚して、元気いっぱい。リアルないじめ現場に遭遇しての態度。まさに友だちの感想がズバリ「おおもの」あっぱれ。

このレビューは参考になりましたか?

いつもおちびさん扱いされるテンちゃん。でも、体は小さくたってなんだってできる!おちびさんなんかじゃない!と頑張るテンちゃんが本当にかわいい。新しく学校に来たもっと小さな男の子をいじめっ子から助けたテンちゃんは、勇気があって心も全然おちびじゃないことをみんなに見せつけたのです。子どもに勇気をくれる本です。

このレビューは参考になりましたか?

何をやっても「ちいさくてかわいいから」と、くすっと笑いながら見られることに、末っ子で、親戚の中でも一番小さかった私はがまんができませんでした。テンちゃんの気持ちがとてもよくわかります。大声で反論した友だち思いのテンちゃんが格好良くて、何回か繰り返し読みました。色鉛筆のイラストがすてきです。

このレビューは参考になりましたか?

身体が小さいからって、それがその人のすべてじゃない。
それを主人公のテンちゃんが教えてくれます。
男の子をいじめから守るテンちゃんは最高にかっこいい!
いじめはだめ!と言うだけでなく、こういう本を読むことで、子供たちは色々感じ、色々考え、行動してくれるのだと思います。

このレビューは参考になりましたか?

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」
 私も背は高くないのでいつも思っていました。
この本のテンちゃんもそうです。
『ちっちゃなサリーはみていたよ』のサリーも同じように勇気を出したことを思い出しました。

 身体が小さくったって、なんだってできるんだから。
これは今ならばジェンダー問題にも置き換えられるのかもしれません。

 テンちゃんの志の成長が止まることのない世の中であって欲しいものです。

このレビューは参考になりましたか?

家族の中でも学校でも一番小さいけれど誇り高い「あたし」。小さな転校生マルくんにいじめっこが近づいてきたのを見て…。/マルくん、コリアンなのかな。みんながサンドイッチ食べている中でご飯らしきお弁当を広げている。アジア系の転校生を助けてくれる子がいるっていうところにホロリとしてしまう…。イラストを描いているヘウォン・ユンさんも韓国の方。子どもたちを見守る大人たちの笑顔がすてき。

このレビューは参考になりましたか?

小さいと思われていることに不満があるテンちゃん。ずっとずっとため込んでいた不満をここぞという時に最適な相手にぶつけることができた時は、拍手を贈りたくなりました。そんなテンちゃんを見て「今まで見た中で一番大物だ」と言えるマル君も十分大物の気配がします。周りをよく見れているよね。

普段言いたい事を我慢してしまう子に、「大丈夫、言ってもいいんだよ」と後押ししてくれるような本だなと思いました。
個人的には、原著ではテンとマルがどういう名前なのか気になっています。

このレビューは参考になりましたか?

主人公は小さいけど、転校生はもっと小さそう。おちびさんと言われるけど、抵抗する姿が可愛い。いじめっ子との対決、読み聞かせでは盛り上がった(^^)最後もほのぼの追われて楽しい一冊。低学年には良い本だと思います

このレビューは参考になりましたか?

何か他の子に負けてるとか引け目を感じるとか思っている子に、「この本を読むと心が晴れやかになるよ」とおすすめしたいですね。
ハートの強さも広さもでっかいテンちゃん。でもマルくんの存在がテンちゃんをさらに大きくした気がします。

このレビューは参考になりましたか?

2024年低学年向け課題図書。
とても課題図書らしく、なおかつ子どもの心を勇気づけてくれる絵本。
また、学校という身近な場所が舞台で、読書感想文も書きやすいと思います。

身長が人より低い子が主人公。
そういった子の困りごとや気持ちがきちんと描かれていて、
課題図書の対象である低学年の子に対し、身の回りのそんな子に対して想像力を働かせるきっかけを与えてくれることでしょう。

最後、勇敢な主人公を「おおもの」と表現したのも、「低い身長」と対比がされていて素敵な言葉選びだなと思いました。
(翻訳の力?それとも原文から?)

このレビューは参考になりましたか?