ミステリーツアー

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/06/10 | 掲載終了日 2024/06/12

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ミステリーツアー #NetGalleyJP


内容紹介


ミステリーのことはよくわからない、でも知りたい
――
そんなあなたに。

大人気ミステリ作家さんによる、超豪華ミステリ書評本!

次に読みたい「謎」がきっと見つかります。

5人の小説家が刺激的な「謎」の世界をわかりやすく紹介!
1回2分で読める全75回のミステリー書評。

~・~・~・~・~・~・~

― はじめに より ―

『ミステリーツアー』へ、ようこそ!
突然ですが、問題です。あなたのすぐ近くにあるのに、絶対に見ることが出来ないものは、なんでしょうか?

正解は「頭の中」。

そんな「頭の中」を巡る旅に連れ出してくれるのが、この本『ミステリーツアー』です。今回は五名のミステリー作家の「頭の中」を大公開!
最前線で活躍する小説家は、何を読んで面白いと感じるのか?
何故面白いと感じるのか? 古今東西の驚きに満ちた小説の数々とその楽しみ方をご案内します。

連載の各回では、書評とともに著者からのアンケートを配信しました(質問も選択肢も、著者の方たちが考えてくださいました)。本書にはそれらのアンケートも集計結果とともに収録しています。自分ならこう答えたはずだ、と想像しながらもう一つの「旅」をお楽しみ下さい。

~・~・~・~・~・~・~

会員制読書クラブMRC(メフィストリーダーズクラブ)で好評の書評連載がついに書籍化!


ミステリーのことはよくわからない、でも知りたい
――
そんなあなたに。

大人気ミステリ作家さんによる、超豪華ミステリ書評本!

次に読みたい「謎」がきっと見つかります。

5人の小説家が刺激的な「謎」の世界をわかりやすく紹介!
1回2分で読める全75回のミステリー書評。

~・~・~・~・~・~・~

― はじめに より ―

『ミステリーツアー』へ、ようこそ!
突然ですが、問題です。あなたのすぐ近くにあるのに、絶対に見ること...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、...


おすすめコメント

[NetGalley担当より]
5名の人気作家さんのお名前と「ミステリーツアー」というタイトルから、一体どんな内容なのだろう…と興味津々にページをめくってみたら…
なるほど、そういうことか!

あなたのお気に入りの1冊に加わる作品が見つかるかもしれません。

[NetGalley担当より]
5名の人気作家さんのお名前と「ミステリーツアー」というタイトルから、一体どんな内容なのだろう…と興味津々にページをめくってみたら…
なるほど、そういうことか!

あなたのお気に入りの1冊に加わる作品が見つかるかもしれません。


販促プラン


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューをご投稿ください!
著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。
また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 出版営業局>まで直接お問合せをお願いいたします。      

★★


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューをご投稿ください!
著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。
また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐...


出版情報

ISBN 9784065358986
本体価格 ¥1,950 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

「突き詰めれば推理小説とは、論理を物語に落とし込み、その普遍性を確認する、という作業を延々繰り返しているだけともいえる」

5人のミステリー作家による(広義の)ミステリ本書評。

「ミステリに求める物は何よりも意外性」
「本格ミステリ作家には“稚気”が必要」
「トリックは新規性とか奇抜さより“見せ方”が大事」
といった作家ごとにミステリによる考え方の違いがあって興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

ミステリー小説が大好きです。
紹介記事や解説を読むより、本編を1つでも多く読みたい!
けれど、どんな作品が世に出ているかも知りたい!
そんな私にぴったり、1作品の紹介文は上限600字という簡潔さ。
5人×15冊の全75作品。
興味を引かれる本が目白押しでした。

このレビューは参考になりましたか?

『ミステリーツアー』へ、ようこそ!
と始まる冒頭。そこで突然出される問題。
その答えとともに五名のミステリー作家によるミステリーツアーが始まる。

しかしこのツアーは非常に危険なものだった。
なにせ五名のミステリー作家が、この本面白いよ、この本おすすめだよと次々と勧めてくるのである。どの本も読みたくなる紹介の上手さに次々に読みたい本として読書管理のアプリに登録していく。積読が増えるという危険なツアーだ……
そして好きな本が紹介されていると、この本面白いですよね!とにやけてしまう。特に青崎有吾先生が紹介している『ヒエログリフを解け ロゼッタストーンに挑んだ英仏ふたりの天才と究極の解読レース』は私も夢中になった一冊なので、ノンフィクションでありながらもミステリーとして紹介されていることに嬉しくなった。同じく青崎先生の第二回の『増大派に告ぐ』の紹介も嬉しい。私もこの本の文庫化をずっと待っているので、文庫化されない謎を考えるのもまた楽しくなった。

五人の作家が15回ずつ作品を紹介していく。
そして番外編で触れられる内容もそれぞれで面白い。
私はミステリーは読まず嫌いなところもあるので、この危険なツアーのおかげで読んでみたいと素直に思うことができた。
さあこの本を読んで皆さんも一緒に新しい本の旅に出ましょう。

このレビューは参考になりましたか?

本書は、講談社の有料会員倶楽部で連載されていたものです。
作家それぞれが、様々な選び方で自分の読んだミステリーを紹介。
最近の話題書から過去の古典と呼ばれる部類の本まで幅広く、紹介されている。
また、それぞれの担当分最後のあとがきは、作家それぞれの個性溢れる内容となっており、ここだけでも楽しめるかもしれない。
ミステリー好きもミステリー初心者にも楽しめる1冊です。

このレビューは参考になりましたか?

MRC(メフィストリーダーズクラブ)で行われた、5人のミステリー作家が各15冊のミステリを選んでの書評にエッセイを加えて書籍化。
紹介される75冊ものミステリは勿論、書評やエッセイの端々に作家の個性が出ていて興味深かった。

-----------------------------

ミステリーについての書き手からの最良のガイド。

15冊ずつの書評を担当し、最後にエッセイを加えた各ミステリー作家の、それぞれ持ち味からその人となりを感じられて、遠い人と思ってしまいがちなミステリー作家をより身近な存在にさせてくれた。もちろん、計75冊もの興味深い書評もこの上ないものだった。このような企画を立て、更に本にまとめてくださった講談社に大感謝。

青崎有吾先生が『ノウイットオール』を〈極小のジャンルリミックス〉、『標本作家』で〈推理小説は再現性の維持という科学的文学〉と看過した、その考えの深さに恐れ入った。

阿津川辰海先生は、書評するミステリーのセレクトのレベルの高さと、その紹介の仕方の妙が素晴らしかった。未読のミステリーを端から読んでみたくなってしまった。

伊吹亜門先生の〈正しい探偵〉への疑問と〈ぶっとんだもの〉への愛に貫かれた書評に、ポリシーを明確に持つことはミステリー作家としてとても重要な事なのではと思った。

似鳥鶏先生の語り口は最高。そして先生の言う〈駄目人間ループの読書版〉、正にそれをしている自分に苦笑いしてしまった。

真下みこと先生の真面目な語り口と、比較的知られたミステリをセレクトする気遣いに感じ入った。エッセイも慎ましやかが現れていて、好印象だった。

「推理の時間です」に続く、ミステリー作家と読者を近づけていこうという企画、これからもよろしくお願いします。

このレビューは参考になりましたか?

ミステリ作家によるミステリ書評本。
大人気作家さんは、どんなミステリを面白いと思うのか。
他の作家さんの作品をどう評価しているのか、興味ありますよね。
実際、自分も読んだ本が紹介されているとついうれしくなったり。
まだまだ知らない作品に興味惹かれ、これからの読書が楽しみになりました。
『ミステリーツアー』を堪能できました。

このレビューは参考になりましたか?

5名の推理小説家がそれぞれ紹介する様々なミステリー。読んだことのない本が多くて、自分の読書の浅さを思い知らされる思いです。けれど、中には読んでいる本もあって、共通する本を読んでいることの高揚感も得られました。1冊ずつ紹介した後のアンケートも興味深く、自分も答えてみて、多数派になったり、少数派になったりするのを楽しみました。紹介された本はどれも面白そうなので、少しずつ読み始めようと思います。

このレビューは参考になりましたか?

5人のミステリー作家さんたちのおすすめのミステリー作品を教えてくれるとは、なんと興味深い!
読んだことの無い作品がたくさんあり、それぞれおすすめポイントが書かれているので読んでみたくなるものばかりです。
いつも決まった作家さんの本ばかり…と偏って読んでいるので、新たな発見がありとても良かったです!

このレビューは参考になりましたか?

ニュージェネレーションのミステリ作家は、執筆の合間にどのようなミステリを嗜んでいるのか。彼・彼女たちの作家脳を解体し、ツアーと冠して推理小説の書評を行う本作は、ファン垂涎の一冊といえます。あまりに贅沢だ。
 紹介された書籍において、未読の作品ならば「あの作家がオススメしているならば読んでみようか」と思えるし、既読でも「ああ、そういう読み方もあるのか!」と膝を叩き、その反動で目から鱗ということがしばしばあった。
 ミステリはかくも楽しいジャンルなのだ。
 また、書評には各作家の個性がしっかり滲んでおり、平凡な読者の一人である私にとって遠い存在である彼・彼女らでも、「ミステリが好き」という強固な共通項で繋がっているのだと自覚させられる。
 取り敢えず私は、近場にミステリを読み始めたいと思う人を見つけたら、迷わず本作をオススメするでしょう。古典から最新作まで網羅した、ミステリの航海において素晴らしいコンパスとなります。

このレビューは参考になりましたか?

ミステリー好きにとっては作家からの立場で紹介されるミステリー本はとても参考になります。
普通の生活の中における意外性を求めたり、細かく積み重ねられた伏線を考えながら想像したり、
それでも最後まで読んで納得できる本をたくさん教えていただけたので、参考にして読んでいきます。
『ミステリーツアー』とても良いタイトルでした。

このレビューは参考になりましたか?

ミステリー作家5人が、15冊ずつミステリ小説の書評を書いたものを収録。合計75冊(+おまけで紹介されている本もあり)という大ボリュームなブックガイド。
1冊ずつの書評は見開き2ページなので、隙間時間に読むのに最適。

ミステリー作家さんたちがどんなところを気にしながら読んでいるのか、どこを面白いと思うのかが人それぞれで、紹介されている本はもちろんだが、5人の作家さんたちの書かれた本も読みたくなる。
結果、読みたい本が一気に増えて、とても楽しいミステリーツアーだった。
他のジャンル(恋愛、青春、お仕事小説など)や、他の作家さんたちのツアーもぜひ読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

青崎さんが好きでこちらを読んでみました。たまにある「作家」がおすすめする作品集、が私は好きで楽しく読めました。古い作品や海外ミステリーばかりではなく、最近のミステリー小説も多く入っていたので、自分が読んだものの書評を読んで「そうそう、そうなんだよー」と共感しながら読みました!自分ではなんとなく好きだと思っている作品も、さすがは作家さん、しっかり言語化してくれました。毎回挟まっている質問コーナーが息抜きになって一気に読めます。何冊も読みたい作品が増えました、参考にします!

このレビューは参考になりましたか?

最近よく耳にする作家の先生がおすすめする
ミステリーをツアー形式で紹介してくれてます。

コテコテのミステリーから最近話題のあっさりとした不思議なミステリーまで
幅広い本を紹介してくれています。
国内海外を問わずいろんなジャンルがありあれもこれも読んでみたいと感じた。

それにしても作家の先生ってホントにたくさんの本を読まれるんですね!


#ミステリーツアー
#NetGalleyJP

このレビューは参考になりましたか?

ミステリー本の紹介と言うだけでなく、その可能性、広がり、そして楽しみを貰える内容となっています。
新しいトリックのネタ本としても使えそうですね。例えば、探偵が犯人で、自分が自分を推理して、追い込む、その結果が•••見たいな物とか。
ミステリーを敬遠している人には、異なる分野からトライすることが出来るのではないかと。
上手く纏まっていて、次に何を読もうかのGOODな手引きをしてくれます。

このレビューは参考になりましたか?

作家さんが紹介するミステリー作品。
もちろんミステリー好きとしては読んだ作品もたくさんあった。しかし、どれも私の視点と違う方向からの紹介でもう一度読みたくなる!!そして読んでいない作品は今すぐ読みたい!!となってしまう。私の積読がふえつづけるじゃないですか!どうしてくれるんですか!この『ミステリーツアー』という本を読むと読みたい本が際限なく増えていく呪いがかかってしまうようです。止まらない、どうしよう!嬉しい!

このレビューは参考になりましたか?

「ミステリー作家の頭の中がわかる」というふれこみのブックガイド。
次はどんなミステリ-を読もうかと考えている人には最適な1冊。
また、すでに読んだ作品があれば、自分との感覚の違いを知ることもできます。

このレビューは参考になりましたか?

ミステリファンとしては、これほどの人気作家の先生方の頭の中をのぞくことができて、わくわくが止まりません。次読むミステリの参考にもなりますし、既読のミステリの新たな一面を知ることもできます。どの先生方もさすが、素晴らしい文章なのですが、私が特に興味を持ったのは、阿津川先生と似鳥先生の文章です。阿津川先生は、次に書評してほしい本を読者に聞き(3択)実際にその本の書評をしてくださるのですが、とてもミステリ愛にあふれ、ミステリへのリスペクトを感じる文章でした。似鳥先生は、サービス精神にあふれ、選書もわりと有名な作品を選んでくださり、興味をもちやすかったです。あとがきも、楽しかった。ミステリ好きなら、一度は手にとりたい1冊です。

このレビューは参考になりましたか?