トヨタの子

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/06/11 | 掲載終了日 2024/06/13

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#トヨタの子 #NetGalleyJP


内容紹介

日本企業最大の利益を誇るトヨタ自動車。
その創業者&ボンボン御曹司(?)の夢と苦難を
奇想天外な特殊設定で書き下ろす、
驚愕の経済エンタテインメント小説!

「もっといいクルマをつくろうよ」
おじいさん、あなたの言葉だったのですね。
この小説を読んで、二度泣いた。
-豊田章男

--------------------------
【 主人公はこの二人!】

■トヨタ自動車創業者 豊田喜一郎
自動織機で世界を席巻し、日本の自動車産業を興しながら、失意の最後を遂げた男

■トヨタ自動車会長 豊田章男
喜一郎の孫。ボンボン御曹司と揶揄されながら、世界一の車メーカーを改革した男


【 あらすじ 】

豊田家御曹司・章男少年は曾祖父・佐吉の顕彰祭へ家族と来ていた。いたずら坊主の章男は裏山から転び落ちた拍子に車にはねられてしまう。一方は明治時代、佐吉の息子・喜一郎は「自動車」に乗ってきたというアキオと名乗る不思議な子供と、しばしの友情を育む。青年に成長した喜一郎は、父の佐吉に自動車産業への夢を語りながら、あの少年のことを尋ねると、子供はすでに亡くなっていた。
親を継ぎ紡績会社に入った喜一郎はボンボン扱いされて現場では蚊帳の外に置かれながらも、クルマへの夢を捨てきれず社業に励む。そんな喜一郎の前に不思議な人が次々と現れて……彼らはいったい何を伝えに来たのか?

世界のトップメーカー・トヨタ自動車と創業者の夢と苦難を、奇想天外な特殊設定で書き下ろす驚愕の経済エンタテインメント小説!

--------------------------
著者/吉川 英梨(よしかわ・えり)
1977 年、埼玉県生まれ。著書は講談社から刊行中の「新東京水上警察」シリーズ、「海蝶」シリーズの他、「女性秘匿捜査官・原麻希」シリーズ、「警視庁53 教場」シリーズ、「十三階の女」シリーズ、『雨に消えた向日葵』『海の教場』『虚心』『桜の血族』など多数ある。サスペンス・ミステリーの旗手として注目を集めている。

日本企業最大の利益を誇るトヨタ自動車。
その創業者&ボンボン御曹司(?)の夢と苦難を
奇想天外な特殊設定で書き下ろす、
驚愕の経済エンタテインメント小説!

「もっといいクルマをつくろうよ」
おじいさん、あなたの言葉だったのですね。
この小説を読んで、二度泣いた。
-豊田章男

--------------------------
【 主人公はこの二人!】

■トヨタ自動車創業者 豊田喜一郎
自動織機で世界を席巻し、日本の自...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、...


販促プラン


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューをご投稿ください!
著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。
また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 出版営業局>まで直接お問合せをお願いいたします。      

★★



読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューをご投稿ください!
著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。
また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐...


出版情報

ISBN 9784065358634
本体価格 ¥2,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

「会社のために死ねるか」

世界一の販売台数を誇るまでになったトヨタのフィロソフィーを描いた一冊。

ボンボンといわれた章男はひょんな出来事からタイムリープする能力を得る。
章男は祖父に伝えたいメッセージのためタイムリープを繰り返す。

いまや八千人もの人員を乗せるトヨタ丸、その100年の歴史とこれから。

このレビューは参考になりましたか?

600ページ近い大作。でも、あっという間に読んでしまった。
トヨタ創業者の伝記、その中に巧みにタイムリープが盛り込まれたSF/ファンタジー作品、ビジネス小説、、、、。
いろんな視点から楽しめた。
そして、自分の原点、初心、覚悟、、、そうしたものが溢れていたような気がする。

タイトルの「トヨタの子」についても。
創業者一族のことを指しているのかと思っていたけど、働く社員全員が「トヨタの子」だった。

普段は読まないジャンルだけれど、読んでいる間は充実した時間だった。

このレビューは参考になりましたか?

主人公はトヨタ自動車創業者の豊田喜一郎と、トヨタ自動車会長の豊田章男。
曾祖父の顕彰祭に来ていた章男が車にはねられてしまうところから物語は始まる。喜一郎は自動車に乗ってきたアキオとひとときの友情を育む。その後も喜一郎は不思議な出会いがあり、彼らの言葉により前へと進んでいく。

世界のトヨタの創業者と孫である会長の不思議な物語だった。
主人公二人が悩んだとき、時代に翻弄され苦しいときタイムリープにより奇跡がおきる。
経営者は常に孤独だ。だが友人たちや支えてくれる人たちによりひとりぼっちではないという優しい思いが込められていた。

三河地域に住んでいたことがあるが「トヨタカレンダー」という言葉をそこで初めて聞いた。トヨタ関連以外の職種でもそのカレンダーで休日があったりと、さすが世界のトップメーカーでは他業種にまで影響があることを知った。この地域以外にも世界中にトヨタの子がいる。だからこそ会長の豊田章男氏の開発への思いに胸が熱くなった。

奇想天外だけれど、孫から祖父への、祖父から孫への思いが呼応し奇跡がおきる。自動車が好きでたまらない少年たちの思いが詰まったラストがとてもよかった。
580ページ近くあるのに自動車産業の歴史と未来の自動車産業について知ることができてあっという間に読み終えた。

このレビューは参考になりましたか?

読書の愉しみを味わいました。トヨタの創業者一族が実名で登場ということで「これはどこまで事実なのだろう?」と気になり、途中何度も読む手をとめて、トヨタについて検索しました。すると、人の名前が変わっていたり、章男さんがやっていたのがフィールドホッケーからアイスホッケーになっていたりなどわずかにちょこっとずらしてはあっても、実際に豊田喜一郎さん、章男さんがたどってきた歴史が描かれていることがわかりました。車と蒸気機関車を競争させるとか社長がテストドライバーなんて、漫画のようだからさすがにフィクションかと思いきや、本当にやっていて驚きました!そんな事実をそのままノンフィクションでかいても実録小説としてかいても、トヨタの話はきっと充分に面白いのだと思います。しかし、もしそのような本ならば、私は読んでみたいとは思わなかったかと。運転免許証も持っておらず、車には全く興味がないばかりか、みてもさっぱり車種がわからないのですから……。でも吉川英梨さんが「タイムリープ」を絡めてトヨタの歴史を描くーその仕掛けに興味を持ってリクエストをし読んでみたら、ラストまでワクワクしっぱなしでした。この本を読んだことで興味がわき、東洋経済ONLINE連載の「豊田章男 100年の孤独」を、全く車に興味がなかった自分が今読んでいることに我ながら驚きます。「こんなことがあったらいいな…あったかも?」と思わせてくれる素敵な仕掛けがあるフィクションだからこそ、愉しく、世界が広がりました。

このレビューは参考になりましたか?

トヨタ自動車の物語をタイムリープを織り交ぜ、昔と今、それぞれの苦悩や喜びが描かれていました。

社員みんなが「トヨタの子」

この言葉がすごく印象的です。

ほぼ実際に起こったことが書かれているとの事!
社長がテストドライバーをするとか、耐久レースに出場するとかとてもビックリです。
でも、こんな社長の元ならば…と着いていきたくなりました!

このレビューは参考になりましたか?

吉川英梨さんがこのような実在の、しかも世界の車産業でもトップに君臨する実在の企業を扱った経済小説を描かれるとは驚きだった。しかも喜一郎氏から現会長の章男氏までTOYOTA本家3代の時空を超えたSF小説であり、時空を超える方法はまさしく転生でもある。まさしく驚きの三重奏って感じですが、それでいて内容も重厚で読み応え十分です。僕自身30年来のTOYOTA信奉者であるが、この作品を読むともう他社の車は乗りたくないって思っちゃいます。兎にも角にも吉川英梨さんの新境地ですね。

このレビューは参考になりましたか?

トヨタ自動車創業者の豊田喜一郎と孫でこの本では現社長である豊田章男の物語。
章男があるきっかけで過去にタイムスリップして喜一郎と繋がっていく。
喜一郎は国産車を自分の手で作るために自動車会社を起こすが時代は戦争に進んでいくためになかなか思うようにいかない。
戦争というものが如何に大きな壁となってやりたいことを阻んでいるかが分かって辛い。
また今の時代に創業者の御曹司として特別扱いされていると見られながらもより庶民のためにいい自家用車を作ろうとする章男。
いろいろな問題が起こる中でがんばっている章男には賞賛を与えてあげたいが、今この本を読んでる時に不正行為が発覚する皮肉。
今回の事件の真相を知りたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

トヨタの子、豊田章男の少年時代からの一代記。しかしただの物語ではない。祖父にタイムリープやタイムスリップして何度も会う。祖父の代の苦悩に章男の御曹司ならではの苦悩。まさに波乱万丈の人生だ。履歴書を出し面接などをして入社とあるように社長の父から簡単にバトンタッチしたわけではない。こうして人なり人格が作られたのだ。トヨタの歴史、車の歴史がよくわかった。

このレビューは参考になりましたか?

現トヨタ自動車会長の豊田章男が、不思議な形でトヨタ自動車創業者である祖父の豊田喜一郎らと繋がってゆく。ゼロから国産自動車を作り上げた苦難と奮闘が熱かった。もしあの時開発を諦めていたら、今の日本の産業構造はどうなってただろう?と考えてしまう。巨大企業を引き継いだ章男氏だけでなく、この物語に出てくる熱い想いを持った人たちみんながトヨタの子だった。時代が行き来してちょっと戸惑うところありましたが、日本がすごく元気だった時代が感じられて、これからの未来にも期待したくなる話でした。

このレビューは参考になりましたか?

祖父の孫への思い、孫の祖父への思いにハラハラしながらも胸が熱くなりました。
どんな境遇の生まれの人に対しても、ひとりの人間として接したいと思いつつどうしても遠慮や忖度してしまいがちです。
そうされる側の気持ちが垣間見え、これを読んだあとは以前よりも相手の気持ちを慮るようにしたいと思わせてもらいました。
車を運転できず車に関心も低いため技術的な描写シーンは淡々と読み進めてしまいましたが、車好きな人には興味深い内容なのかと。
日本の自動車産業の未来に再び光が見えることを願います。

このレビューは参考になりましたか?