夏がいく

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/06/20 | 掲載終了日 2024/06/19

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#夏がいく #NetGalleyJP


内容紹介

青春×三角関係×江戸時代

舞台は、江戸時代の旅籠。優太(わたし)は12歳で跡とり息子。最近、寺子屋で出会った清吾という侍の子といっしょに、旅籠に出没すると噂される幽霊をつかまえることになった。それをきっかけに、優太と清吾は仲良くなるが、一方、幼馴染の小町娘おきくをめぐって、二人のあいだには気まずい雰囲気も生じる。幽霊騒動の展開とともに、清吾、おきく、そして優太それぞれが抱える家族の秘密も明かされる。友情と、恋愛と、成長を描く、心揺さぶられる青春時代小説。

青春×三角関係×江戸時代

舞台は、江戸時代の旅籠。優太(わたし)は12歳で跡とり息子。最近、寺子屋で出会った清吾という侍の子といっしょに、旅籠に出没すると噂される幽霊をつかまえることになった。それをきっかけに、優太と清吾は仲良くなるが、一方、幼馴染の小町娘おきくをめぐって、二人のあいだには気まずい雰囲気も生じる。幽霊騒動の展開とともに、清吾、おきく、そして優太それぞれが抱える家族の秘密も明かされる。...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784652206324
本体価格 ¥1,500 (JPY)
ページ数 184

関連リンク

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

寺子屋にかよう優太と清吾が幽霊騒動に巻き込まれた。生き生きとした江戸庶民の暮らしの中、いつの時代でも変わらない子どもの友情と愛情と成長が描かれていく。
更にDVや高齢者問題など現代的課題さえ取り入れている事に脱帽した。

---------------------------

ちょっとしたやり取りなどに、江戸時代の庶民の日常が伝わってくる。更に、武芸から学問へと時代が変わっていく様子まで。児童文学としておくのはもったいないほどに。

最初の清吾の態度は他人にいい感じを与えるようなものではなかった。でも、優太と話が続くようになるとその実直さがわかってきた。後に人と距離を置かざるを得なかった清吾の理由を知れば尚更。

幽霊騒ぎが一件落着し、2人が交わす言葉遣いも壁を感じないものになるが、そこにおきくが加わり3角関係に。優太にとって辛い展開が続く。友情と愛情と成長は、どの時代の子どもでも経験していく通過儀礼なのだろう。

更に現代にも繋がっていく問題が語られていく。父子家庭での対立、DV、そして高齢者問題。

それらを乗り越えたと安心した所で明らかとなった、優太の秘密と幽霊騒動の関連。更にこの時代らしい複雑な事情に言葉を失った。

大人に近づくのは「悲しいのに笑う」だけではない。「自分の道を決めること」。それを優太と清吾は、硬い決意をもって実行した。それこそ、成長した証。

舞台は江戸時代。でも子ども達が歩む道、ぶつかる壁はどの時代でも変わらない。だからこそ、我々大人は、それを見守り手助けをして、次の世代を育てて行かなければならない、そう思った。

このレビューは参考になりましたか?