伯爵と三つの棺

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/07/16 | 掲載終了日 2024/07/15

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#伯爵と三つの棺 #NetGalleyJP


内容紹介

新本格の洗礼を受けた潮谷験のシン・本格ミステリー!

 記録せよ、その栄光と挫折を。

 記憶せよ、人の業の哀しみを。

~・.――~.・――~・.――~.・――

―あらすじ―

フランス革命時代が起き、封建制度が崩壊しようとしていたヨーロッパのある小国で元・吟遊詩人が射殺された。

容疑者と目されたのは、現場となった古城、「四つ首城」の改修をまかされていた三兄弟。
被害者の背後から引き金を引いた襲撃者を五人もの関係者が目撃していたが、犯人を特定することは難しい状況だった。三兄弟は友人から見ても区別が難しいほど容姿が似通っている三つ子だったからだ。

DNA鑑定も指紋鑑定も存在しない時代において、探偵は、純粋な論理のみで犯人を特定することができるのか? 

そして、殺害の背景には何があったのか。

――~.・――~・.――~.・――~・.

著者/潮谷 験(しおたに・けん)
1978年京都府生まれ。2021年『スイッチ 悪意の実験』で第63回メフィスト賞を受賞しデビュー。
同年『時空犯』で「リアルサウンド認定2021年度国内ミステリーベスト10」の第1位に。他の著書に、『エンドロール』『あらゆる薔薇のために』『ミノタウロス現象』がある。


新本格の洗礼を受けた潮谷験のシン・本格ミステリー!

 記録せよ、その栄光と挫折を。

 記憶せよ、人の業の哀しみを。

~・.――~.・――~・.――~.・――

―あらすじ―

フランス革命時代が起き、封建制度が崩壊しようとしていたヨーロッパのある小国で元・吟遊詩人が射殺された。

容疑者と目されたのは、現場となった古城、「四つ首城」の改修をまかされていた三兄弟。
被害者の背後から引き金を引いた襲撃...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。
★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、...

おすすめコメント

 
~.・ 担当編集者より ~・.――~.・――~・.――

『スイッチ 悪意の実験』で第63回メフィスト賞を受賞した潮谷験さん。
1作ごとに新しい設定、世界観に挑戦し、3年間で5作を発売しました!
2024年は驚愕の歴史ミステリーをお届けいたします!

 
~.・ 担当編集者より ~・.――~.・――~・.――

『スイッチ 悪意の実験』で第63回メフィスト賞を受賞した潮谷験さん。
1作ごとに新しい設定、世界観に挑戦し、3年間で5作を発売しました!
2024年は驚愕の歴史ミステリーをお届けいたします!


販促プラン


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューをご投稿ください!
著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなどNetGalley以外の外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

ご協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

★★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 出版営業局>まで直接お問合せをお願いいたします。

★★


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューをご投稿ください!
著者・担当編集ともに楽しみにお待ちしております。

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなどNetGalley以外の外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

ご協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

★★★
作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 出版営業局>まで直接...


出版情報

ISBN 9784065361757
本体価格 ¥2,000 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

書記官のクロや彼が出逢う三つ子はキャラクタ造詣がはっきりしていて掴みどころがあり、すぐに世界観に馴染むことができる。
 やがて殺人事件が発生するも、三つ子の顔がそっくりなために犯人を特定することができないし、あまつさえ作中の時代では科学捜査も発展していないため犯人の特定は容易でない。
 シンプルな殺人事件なだけに、華麗なロジックが求められることはすぐさま理解できた。
 捜査の困難さからどうやって犯人を絞るのだろうか、と私はフーダニットに着目するようになった。
 第二章に至ってからは作中時代ならではの捜査手法に逆に新鮮さを覚えた。貴族と浮浪者の間に横たわる溝が顕現しており、後に判明する驚くべき事実から、いっそう二つの立場が起こす軋轢に胸が苦しくなりました。

 意外にも捜査は着実に進行するも、やはりというべきか暗雲が立ちこめる。なんといっても最重要容疑者である三つ子には強固なアリバイや、犯行の不可能性があるからだ。
 事件発生時の絶対的な情報があるだけに、これら不可解な謎をどのようにして解き明かすのだろうかと気になって仕方がなかった。
 そして二章の終わりになって一段と物語の動く気配を感じ取り、気分は高まっていった。

 こうしたミステリ要素も楽しいが、本書の面白さはそればかりではない。
 時代性によって浮き彫りとなる、伯爵の地位における懊悩と研鑽。そして中流貴族である『私』の成長。
 登場人物の誰しもが現状に満足することなく直向きに生きようとしているからこそ、親しみやすく安心感がある。だからこそ私は伯爵の振る舞いにいたく感動したし、『私』が政務書記官として芽生えさせる信念に胸を熱くさせたのです。
 普段あまり馴染みのない時代の、その中にあって生活を想像しにくい貴族という役職。読み手に感情移入を起こすに難しいと思われる材料も、著者は見事なまでに美しく調理しています。
 貴族が貴族たるための振る舞いは非常に読み応えがありました。

 真実を導くための論拠の披露は鮮やかであり、ロジック好きの私にとって『科学技術を頼れない時代におけるフーダニット』は最高としか言いようのないものだった。
 ただ、謎解きというのはあくまでも日常の中に生じた事件というバグにおける修正パッチでしかないのかもしれないとも思ったのです。
 フランス革命期、近隣国での動乱。
 真相解明が何かを劇的に変えるわけではなく、時代の趨勢に人は抗うことができない。ここにある遣る瀬無さや無念さがさあっと尾を引きました。
 ただそれだけで物語に幕が引かれるのではなく、やはり最後にはミステリとしての落とし所がある。
 最大の謎──ずっと胸の内で蟠り続けていたホワイダニット。それが明かされたとき思わず「うわーっ」と声が出たし、意外な伏線に驚嘆した。
 はたして貴族制にかかる人々の思慕を綴るために、このようなミステリを上梓したのだろうか。もしそうなら著者のチャレンジ精神とそれを見事ものにする手腕に敬服しました。

 そしてどこまでもどこまでも読者を翻弄してくれるストーリーに、読了直後の私はただ吐息をこぼすしかなかった。作中の時代、舞台を見事に扱った傑作ミステリでした。

このレビューは参考になりましたか?

伯爵と三つの棺
いや~、面白かった…!!
様々な違和感の正体が、最後の最後まで次々と解き明かされていくので、夢中で読み進めてしまいました。
終始重厚感がありつつも、流れるようなきれいな文章や魅力的なキャラクターたち、軽妙な会話などにより、スルスル読めました。
佳嶋さんの装画も作品にバッチリハマっています。この本は紙で手元に置いておきたいので、発売されたら購入しようと思います。
素敵な作品を、本当にありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?

1792年の「三つ子事件」で記録役を務めた「私」の手記から始まる。
私と三つ子は友人である。三つ子はそれぞれ自分の得意分野があり知り合った頃から城を持つことを望んでいた。
「三つ子事件」が起きたのはちょうどフランス革命により時代が変わろうとしていた時代。ヨーロッパの小さな国で吟遊詩人が目撃者5人の前で射殺された。

科学捜査の手法がない時代にどうやって犯人を探し出すのか。参考資料も提示されまるで当時のままの空気が閉じ込められているようだった。
第二章の手紙の内容に驚いたが、その後も何度も驚きの展開が待っていた。
これはやられたなと思うほどに翻弄された。科学捜査で解明できない時代背景だからこそ、簡単にはたどり着かない真相に行き着くまでを味わうことができてとても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

やりました。こんな歴史に名を残しそうな名作を、罪深いネタバレを踏む前に読むことができたのは、幸運以外の何物でもありません。余分な情報を入れる前に読むことができて本当によかったです。
やられました。見事に犯人の、そして作者の目論見にしてやられました。気持ちよく欺かれました。もちろん一読者として望むところの極地なので、こんなに嬉しいことはありません。
時代背景は詳しくないものの、素直な語り口調からスっと入ってくるのでストレスも感じず、ひたすら物語に没頭できました(そして簡単に騙される)。
今年読んだ中でベストのミステリでした。ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

ヨーロッパの小国の再建途中の城で起きた射殺事件。再建にあたっていた三兄弟の父親と目される男は誰に、どんな理由で殺されたのか?
アダロを殺した犯人を三兄弟の中から一人に絞るシンプルなフーダニットながら、途中で示唆される四人目の存在や伯爵・主席公偵ほか魅力的なキャラクターたちが物語をにぎやかに彩りながら引っ張っていき終始飽きさせない。苦しみや悪事に手を染めねばならない心理が言葉巧みに書かれており、人間が隠し事を暴かれたくないと狂おしいほど願ったとき事件は起きミステリは生まれるのかもしれない、そんなことさえ思わされる静かな迫力があった。推理の連鎖を余すところなく堪能でき、最後の最後まで目が離せなかった一冊。

このレビューは参考になりましたか?

序盤から一気に物語に惹き込まれました!
人物が丁寧に描かれているので、もう、頭の中で動いている感覚。
何度も「え!そうだったのか!」と驚くやらわくわくするやら。
最後の最後まで惹き付ける仕掛けがたくさんあって、すごく読みやすいのにしっかりとした読了感があって満足です。
これを映像で見たいと思いました。
ありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?