末ながく、お幸せに

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

文芸小説
刊行日

内容紹介

あたし、生まれてきてよかった。
お祝いを一言、お願いします。
8人のお祝いスピーチで、何が語られたのか!?

シリーズ1000万部ベストセラー『バッテリー』完結から12年!
ついに辿り着いた、あさの文学の最高到達点!


ある式場で、九江泰樹と瀬戸田萌恵の披露宴が開かれていた。出席者は、様々な思いを胸に言祝ぎを花嫁に贈る。その中には、萌恵の実の母と育ての母も含まれていた。生きることの喜びと悲しみを描く結婚式の物語...

出版社からの備考・コメント

※本書は、正規の刊行に先立ち、見本として制作されたバウンド ・プルーフです。内容には未校正の部分がございます。