君のことを想う私の、わたしを愛するきみ。

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

内容紹介

人が愛するのは肉体なのか。それとも、魂、心、精神なのか。
魂のみが死滅してしまう奇病、「ルドング病」が流行する2114年の日本。
その唯一の治療法は、過去に死んだ人間の精神を代わりに肉体に入れるというものだった。
2017年、28歳の若さでこの世を去った井上綾乃(いのうえあやの)は、
30歳の「小笠原霧恵」という女性の肉体に精神を宿し、2114年の日本で再び目覚める。


しかし綾乃は、既に自分が愛した夫と娘が...

おすすめコメント

理性と感性を同時に震わせ、真実の愛を問いかける物語だ

(三省堂書店営業企画室 内田剛)


最後のめぐり合わせでぐぐっときました。

運命は何年たってもめぐり逢うようにできているのかもしれない。

(有隣堂書店伊勢佐木町本店 佐伯敦子)


「縁」は、時間も空間も超えて引き合う。

ましてや惹き合う二人ならば。

(大垣書店高槻店 井上哲也)


自分ならどうするのだろうか?

ページをめくるたび、答えが見い出せず切なくなりました。

(一...