大西巨人と六十五年

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #大西巨人と六十五年 #NetGalleyJP

内容紹介

「あの大西巨人が大西巨人でなくなったら、私がこうしてあげますから」、と首に両手を回した。巨人は「うん」と頷いた。――四半世紀を費やした4700枚の、日本文学の金字塔と称される『神聖喜劇』を著し、93歳まで原稿に向かった大西。その妻が共に歩んだ歳月と、医師に無謀だと言われた、たった一人での看取り15日間。



出版社からの備考・コメント

版型は四六判セミハードです。