シェイプ・オブ・ウォーター

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2018/02/28 | 掲載終了日 2018/05/01

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#シェイプ・オブ・ウォーター #NetGalleyJP


内容紹介

本年度アカデミー賞 最有力作品の小説版、日米同時発売!

ギレルモ・デル・トロ監督(『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』)が

盟友ダニエル・クラウスと共に、完全小説化。

映画では描かれないシーンはもちろん、各キャラクターの繊細な想いを魂込めて描き込んだ、

切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス

◉映画『シェイプ・オブ・ウォーター』2018年3月1日(木)全国ロードショー!

http://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater/


今、言葉を越えて──心が繋がる

〈あらすじ〉1962年、孤児院で育ったイライザ・エスポジートは、生まれつき口が利けない。ボルチモアにある政府の極秘研究施設で深夜勤務の清掃業務をこなしつつ、彼女は己の退屈な人生の中でもがいていた。そんなある晩のこと、イライザは偶然にも、“ある何か"を見てしまう。それは、この研究施設創設以来の“貴重品"。アマゾンの奥地で神のように崇められていたという“彼"の奇妙だが、どこか魅惑的な姿に心奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子供の頃のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼"とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。音楽とダンスに手話、そして熱い眼差しで二人の心が通い始めた時、イライザは“彼"が間もなく国家の威信をかけた実験の犠牲になると知る──。


◉アカデミー賞 作品賞ほか 13部門ノミネート

 監督賞/主演女優賞/助演男優賞/助演女優賞/脚本賞/作曲賞/編集賞/衣裳デザイン賞/美術賞/撮影賞/音響編集賞/録音賞

◉第71回英国アカデミー賞 最多12部門ノミネート

 作品賞/監督賞/脚本賞/主演女優賞/助演女優賞/作曲賞/撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞/音響賞/視覚効果賞

◉第75回ゴールデン・グローブ賞 監督賞/音楽賞 受賞

◉第23回放送映画批評家協会賞 作品賞/監督賞/美術賞/作曲賞 受賞

◉第52回全米映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞

◉ベネチア国際映画祭 金獅子賞受賞 2017

◉アメリカ監督組合賞 監督賞 受賞

◉アメリカ映画協会賞 作品賞 受賞

◉ロサンゼルス映画批評家協会賞 監督賞/主演女優賞/撮影賞 受賞

◉サンフランシスコ映画批評家協会賞 監督賞/美術賞 受賞

◉ボストン映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞

◉ラスベガス映画批評家協会賞 監督賞 受賞

◉フィラデルフィア映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞

◉フェニックス・オンライン映画批評家協会賞 作品賞/主演女優賞 受賞

◉アトランタ映画批評家協会賞 作品トップ10/主演女優賞 受賞

◉ヒューストン映画批評家協会賞 主演女優賞/作曲賞 受賞

本年度アカデミー賞 最有力作品の小説版、日米同時発売!

ギレルモ・デル・トロ監督(『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』)が

盟友ダニエル・クラウスと共に、完全小説化。

映画では描かれないシーンはもちろん、各キャラクターの繊細な想いを魂込めて描き込んだ、

切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス

◉映画『シェイプ・オブ・ウォーター』2018年3月1日(木)全国ロードショー!

ht...


おすすめコメント

本年度アカデミー賞の最有力作品であり、日本公開間近の話題作『シェイプ・オブ・ウォーター』の小説版です。

当初は小説版の発売の予定はなかったようですが、作品の評判んの高まりを受けて、デル・トロ監督が執筆を決意。

全米では公開から遅れての発売ですが、ちょうど日本公開直前に日米同時発売となります。

監督の想いが込められた、なんと600頁に及ぶ大作となっております。

小説としての完成度も高く、読んでから観ても、観てから読んでも、感動することまちがいなしです。

本年度アカデミー賞の最有力作品であり、日本公開間近の話題作『シェイプ・オブ・ウォーター』の小説版です。

当初は小説版の発売の予定はなかったようですが、作品の評判んの高まりを受けて、デル・トロ監督が執筆を決意。

全米では公開から遅れての発売ですが、ちょうど日本公開直前に日米同時発売となります。

監督の想いが込められた、なんと600頁に及ぶ大作となっております。

小説としての完成度も高く、読んでから観ても、観...


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784801913912
本体価格 ¥1,000 (JPY)

関連リンク

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

映画にはきっと深く描かれていないであろう、一人一人の心の襞。 マイノリティーに対する意識が、差別感情として恥ずかしげもなく社会を構成していた時代に、異なる存在をどう捉えるか。 中でもジャイルズと、ストリックランドの対比は見事なほどだ。 読後、その後きっとゼルダが味わうであろう寂しさが、置いていかれた読者である私の気持ちとリンクしている。

このレビューは参考になりましたか?