14歳の水平線

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #14歳の水平線 #NetGalleyJP

内容紹介

好きなサッカー部も辞めてしまった中2の加奈太。最近、息子の気持ちが掴めない征人。夏休み、そんな父子が征人の故郷の島にやって来た。加奈太はキャンプで出会った子供達と交流を深める。30年前の夏、中2の征人。父親が漁から戻らない。息子と父親、そしてかつて少年だった父親の視点で交互に描く、青春&家族小説の感動傑作、待望の文庫化!!

おすすめコメント

友だちのこと、家族のこと、好きな人のこと、将来のこと…思春期に感じるモヤモヤの全てが詰まった物語です。そこに、南の島とその人々ののんびりとした雰囲気と、神様の島としてのちょっと不思議な怖さのある空気が相まって、最高の夏休み青春ストーリーになっています!