亜由未が教えてくれたこと

〝障害を生きる〟妹と家族の8800日

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #亜由未が教えてくれたこと #NetGalleyJP

内容紹介

障害をぜんぶ抱きしめた、家族の奮闘の物語


2016年の相模原障害者殺傷事件をきっかけに、重い障害をもつ自らの妹にカメラを向けて番組を作ったNHKのディレクターが世に問う、「障害者は不幸を作ることしかできませんか?」

「障害者は不幸を作ることしかできません」――2016年7月、神奈川県相模原市にある知的障害者施設で大量殺傷事件を起こした植松聖被告の言葉だ。障害者を介助する立場にあった元職員が起こした事件...

おすすめコメント

「亜由未が教えてくれたこと」を含むNHKのハートネットTVにおける「相模原障害者施設殺傷事件後の一連の放送活動」が、ギャラクシー賞入賞!                                                       ETV特集「亜由未が教えてくれたこと」は、放送文化基金ドキュメンタリー部門奨励賞受賞!

販促プラン

【書店様へ】
本書はNHK番組の書籍化ですが、NHKコーナーのみならずノンフィクション、福祉、教育などのコーナーでご展開もご検討ください。