いのちの値段

医療と費用を巡る50の物語

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #いのちの値段 #NetGalleyJP

内容紹介

読売新聞朝刊看板連載医療ルネサンスにおいて読者からの大反響によって一年半の長期特集となったシリーズ「いのちの値段」を書籍化。

いのちと患者が生きるための費用を巡る問題に、現代社会の歪みや格差が現れる。
なかにし礼さんのがんとの闘い。ノーベル賞受賞で話題の高額な新薬オプジーボのジレンマ。人工透析、小児心臓移植、病名のつかない痛み、認知症、看取り。高齢者は千差万別な老後に備え、その陰で現役世代は追いつめら...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。