水辺のブッダ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2019/05/15 | 掲載終了日 2019/05/17

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#水辺のブッダ #NetGalleyJP


内容紹介

川辺で生きるホームレスの父・望太と、都会の闇に溺れゆく孤独な娘・絵里。 絶望と希望。死とエロス。プリズムのようにきらめく、父と娘の“生きる”物語。

川辺で生きるホームレスの父・望太と、都会の闇に溺れゆく孤独な娘・絵里。 絶望と希望。死とエロス。プリズムのようにきらめく、父と娘の“生きる”物語。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784093865418
本体価格 ¥1,600 (JPY)

NetGalley会員レビュー

罪を犯し多摩川の河川敷でホームレスとして生きる望太と、新しい家族に馴染むことができず、都会の闇に溺れゆく孤独な女子高生、絵里。

序盤からつづく、同時進行の絶望のなかでも、ときおり描写される、歳時記を思わせられるほどに美しく光に満ちた景色が、読者に対してこれからの未来への希望を持たせてくれる。
そして必ずこの物語はそれに応えてくれる。

僕はこの小説をよんで、辛くも苦しくもなったけど、とても清々しい気持ちにもなり、何か解放されたという感覚も覚えました。
こんなに奥行きのある読後感を味わったのはいつ以来でしょうか。

このレビューは参考になりましたか?