異世界の戦士として国に招かれたけど、断って兵士から始める事にした

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2019/06/10 | 掲載終了日 2022/03/08

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#異世界の戦士として国に招かれたけど断って兵士から始める事にした #NetGalleyJP


内容紹介

1.戦士

2.兵士

3.冒険者見習い

謎と陰謀渦巻く異世界で、正しい選択肢はどれだ?


平和な日本で高校に通っていた兎束雪一は、学校の休み時間、突然、異世界の戦士としてクラス召喚に巻き込まれてしまう。 召喚された異世界では、世界の危機を救う戦士になるなら生活の保障をすると約束されるが、異例の好待遇を不思議に思う兎束。 クラスメイトの言動と、ときおり頭の中に聞こえる謎の声によって、城での生活を捨てて冒険者への道を選択したのだった。 神のイタズラに翻弄される謎解き異世界召喚ファンタジー、いま開幕!

1.戦士

2.兵士

3.冒険者見習い

謎と陰謀渦巻く異世界で、正しい選択肢はどれだ?


平和な日本で高校に通っていた兎束雪一は、学校の休み時間、突然、異世界の戦士としてクラス召喚に巻き込まれてしまう。 召喚された異世界では、世界の危機を救う戦士になるなら生活の保障をすると約束されるが、異例の好待遇を不思議に思う兎束。 クラスメイトの言動と、ときおり頭の中に聞こえる謎の声によって、城での生活を捨て...


出版社からの備考・コメント

※すべて校了前のデータとなっております。刊行時に内容が異なる部分もございますが、予めご了承ください。
※ツギクルブックスの公式Twitter、amazon、特集ページなどでレビューをご紹介させていただくことがございます。

※すべて校了前のデータとなっております。刊行時に内容が異なる部分もございますが、予めご了承ください。
※ツギクルブックスの公式Twitter、amazon、特集ページなどでレビューをご紹介させていただくことがございます。


おすすめコメント

神のイタズラに翻弄される謎解き異世界召喚ファンタジー、いま開幕!

・第7回ネット小説大賞 中間受賞作

・「盾の勇者の成り上がり」の著者アネコユサギ先生の仕掛ける謎解きファンタジー


神のイタズラに翻弄される謎解き異世界召喚ファンタジー、いま開幕!

・第7回ネット小説大賞 中間受賞作

・「盾の勇者の成り上がり」の著者アネコユサギ先生の仕掛ける謎解きファンタジー



販促プラン

【 6月10日以降 】校了後のデータの「試し読み版」に切り替わり、冒頭部分のみのご紹介となります。

【 6月10日以降 】校了後のデータの「試し読み版」に切り替わり、冒頭部分のみのご紹介となります。



NetGalley会員レビュー

面白かった。侵食率、陰謀、謎の声など謎が残ったままなので、続きが気になる。クラスメイトとともに異世界召喚された兎束は待遇の良い戦士になることを断り、冒険者になるため、兵士となる。まずは訓練校に配属されオークのブルと相棒になる。訓練校での生活を終え、貴族の元に配属されるが、その貴族は絵に描いたようなゴミ上司だった。その後、遠征に参加することになるが...。

このレビューは参考になりましたか?

異世界に召喚され、あえてチートな力を得ることなく自分の力で強くなることを目指す主人公と
チート能力を手に入れ超強くなっている他のクラスメイト
それぞれの運命はいかに!?

久々にこういった系統のラノベを読みましたが、とても読みやすく、良いと思いました
続きがありそうな感じなので楽しみにしております。

このレビューは参考になりましたか?

まず最初にすいませんでした 私が浅はかでした

異世界物のライトノベルって「なんだかなぁ」と思って敬遠していました。
今回物は試しと思い読んでみました
意外や意外と言っては失礼ですが、RPGを見ているようで面白かったです。
経験値やスキルの取得、ステータス確認とかゲームっぽく書いてあり楽しく読めました。

本作で異世界物のライトノベルの思い込みが払しょくされました
これからは敬遠せずにどんどん読んで行こうと思います

このレビューは参考になりましたか?