刑事の慟哭

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #刑事の慟哭 #NetGalleyJP

内容紹介

この捜査―― 誰のために。何のために。


 組織に刃向かい、居場所を失くした男

ただ独り、司法の闇に紛れた犯人を追う


新宿署の刑事・田丸は、本部の方針に反して連続殺人事件の捜査を行い、その結果、真犯人を挙げた。しかしそれにより組織を敵に回し、署内で厄介者扱いされていった。

そんな中、管内で起こったOLの殺人事件の捜査でも、その主軸から外された田丸だが、偶然にも帰宅途中に歌舞伎町の人気ホストの刺殺体を発...

おすすめコメント

優秀ゆえに日陰者を演じる刑事の悲哀と魅力。 司法の盲点を突く社会派エンタメの鋭さ。 そして“慟哭”の先に待ち受ける熱い涙の結末。

下村敦史の警察小説は、面白さの格が違う!

宇田川拓也(書評家)