6600万年前……ぼくは恐竜だったのかもしれない

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #ぼくは恐竜 #NetGalleyJP

内容紹介

「とうさん、ぼく おおきくなったら、とうさんみたいに なりたい」 ドラコレックスの家族を通して描く「恐竜の絶滅」と「親子の愛」の物語。


恐竜が大好きな子どもたちが一番知りたい「絶滅」をテーマに親子の愛を伝える珠玉の絵本。 文は『おこだでませんように』(小学館)などの作品で知られる児童文学作家・くすのきしげのり先生、 絵は現代版水墨画と呼ばれる筆で恐竜を描く新進気鋭の画家・CANさんが手掛けま...

おすすめコメント

『6600万年前……ぼくは恐竜だったのかもしれない』の「恐竜ぬりえ」シートを公開!

子どもたちに楽しんでいただければ幸いです。

https://www.chigakusha.jp/2020/03/207/


販促プラン

【おうち時間応援キャンペーン with くすのきしげのり 】  

おうち時間はくすのきしげのり先生の作品を読もう!

本キャンペーン中、対象作品のどれか1冊でもレビューをご投稿頂いた方に、

絵本も入る「恐竜エコバッグ(デザイン:恐竜画家CANさん)」をプレゼント!

【キャンペーン期間】

2020年5月11日~7月10日

※エコバッグの数に限りがございます。

無くなり次第この期間内に終...