自分がきらいなあなたへ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2019/01/25 | 掲載終了日 2020/01/14

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#自分がきらいなあなたへ #NetGalleyJP


内容紹介

ひとりぼっちで悩んでいる人、心の中にひとりぼっちの自分を抱えている人へ。

小さいころは寝たきりだった著者が、車いすで日本や世界を飛び回る、現在にいたるまで。植えつけられた自己否定感、男性依存、家族との葛藤をのりこえて、大嫌いだった自分を肯定できるようになるまでのステップを、あますところなく綴る。

日本初の障がい者自立センターをつくり、国際会議で優生保護法廃止を訴え、骨がよわい特徴をもちながら出産にのぞみ、子育てを終えた著者から、生きにくさを抱えるすべての人に贈る本。

ひとりぼっちで悩んでいる人、心の中にひとりぼっちの自分を抱えている人へ。

小さいころは寝たきりだった著者が、車いすで日本や世界を飛び回る、現在にいたるまで。植えつけられた自己否定感、男性依存、家族との葛藤をのりこえて、大嫌いだった自分を肯定できるようになるまでのステップを、あますところなく綴る。

日本初の障がい者自立センターをつくり、国際会議で優生保護法廃止を訴え、骨がよわい特徴をもちながら出...


販促プラン

ご注文は、出版社と書店とをダイレクトにつなぐ BookCellarをご利用くださ い。 https://www.bookcellar.jp/

ご注文は、出版社と書店とをダイレクトにつなぐ BookCellarをご利用くださ い。 https://www.bookcellar.jp/


出版情報

ISBN 9784907364106
本体価格 ¥1,700 (JPY)

関連リンク

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

身体は大事な友達、仲間、パートナー 生まれてきてよかった! 思わず子どもたちを抱きしめてしまった。 僕は2児の父だ。 しかし彼らのことを何も理解していない。 それは今も尚、自分と向き合うことができていないからだ。 著者の安積さんは赤ちゃんのころから「不全」と呼ばれた、いわゆる「障害者」である。 身内が精神障害というカテゴリーわけされていたためか、僕はこの「障害者」という言葉が心底嫌いだ。 嫌いになった理由は安積さんの書く言葉に全部あった。 そもそも何があったのか? 自分が泣きながら、必死で生きてきた姿だ。 176ページは、心の宇宙が広がるような暖かい気持ちになった。 特に心打たれたのは性に関すること、海外のピアカウンセリングについて。 悲しみを癒すために子どもは泣く。 その時々に流す涙の意味は、深い何かがあると理解した。 これから成長する子どもの理解に、まだ小さい時に読んでよかった1冊である。 本が好き倶楽部! せいちゃん

このレビューは参考になりましたか?

●「実情」 本当にすごい実情でした、 自分が優しくできるかはわかりませんが その時点でもしかしたら上から目線なのかな。 本当にリアルだなって思いました 結構冒頭で、障碍者の学校の中でも 重い障害を持つ人を見下していた自分みたいな 話がありましたが、 そういう世界観なんだってすごく驚きました。 そして、当たり前なのですが 本当に同じ人間なんだなって痛切に思いました 悩むことだって一緒、 そして嬉しいことだって一緒(妊娠とか 子どもがかわいいとか) そういった色々を踏まえた中、 どうしてもできないことがあって それが歯がゆくもありという中から生まれた 自分が嫌いな人(私)に対するメッセージなので 芯にくるものがありました。

このレビューは参考になりましたか?