人生の主導権を取り戻す 最強の「選択」

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2019/12/02 | 掲載終了日 2020/08/05

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#オーブリーマーカス #NetGalleyJP


内容紹介

目覚めて最初の20分以内にやること…… レモン水を飲む・朝日を浴びる・すこしの運動。 これでウォーミングアップは十分だ。 あとは、アクセルを踏むだけで、マッスルカーのようにバリバリ進むことができる。 目覚めて何をするか、何を食べるか、どう働くか、 いかに休むか、どのくらい鍛えるか、どんなSEXをするか、 どうやって深く寝るか。 1日の積み重ねが人生であるからには、日々をどう過ごすかが人生を決める。 そして、1日の過ごし方は、自分の「選択」次第だ。 その最強の「選択」とは――。 マーケティングの仕事をしていた一介のテキサス男が、 年商70億に急成長するヘルスケア企業を立ち上げた。 ハンバーガーとパーティーに明け暮れていた男が、 身体も心も自分最高レベルにつくり変えた、そのメソッドを余すところなく伝える。

目覚めて最初の20分以内にやること…… レモン水を飲む・朝日を浴びる・すこしの運動。 これでウォーミングアップは十分だ。 あとは、アクセルを踏むだけで、マッスルカーのようにバリバリ進むことができる。 目覚めて何をするか、何を食べるか、どう働くか、 いかに休むか、どのくらい鍛えるか、どんなSEXをするか、 どうやって深く寝るか。 1日の積み重ねが人生であるからには、日々をどう過...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784491037639
本体価格 ¥1,700 (JPY)

閲覧オプション

ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

昔は自堕落な生活を送っていた著者が、どのようにして仕事で成功したのか。その成功をつかむために毎日をどのように過ごすようにしたのか。その選択過程を詳細に記したのが本書です。その選択過程については、非常にストイックでなかなか難しいなと思う点もありますが、読んでいて、そういう選択もあるのだな、と新鮮な驚きがありました。やはり何事もやり遂げるひとというのは、意志が強く、これと決めたらそれに向かって進んでいくのだな、と思いました。

このレビューは参考になりましたか?

選択肢を持つ環境づくり 日常の生活で支配されていることを支配する。 そのテクニックを習慣化できればこんなに頼もしいものはない。 水を飲む、光を浴びる、身体を動かす、呼吸、水を浴びる、朝食には脂肪そしてサプリメント。 通勤時はマインドフルネスの実践、職場に着けばコーヒーだ。 支配されることは対話なき世界。 自分の身体と対話することで環境を整える。 環境の選択がないことが支配であろう。 各章に記載されたユニークな処方箋。 それを実践しても面白いだろうが、自分のオリジナルを探すのもたのしそうだ。 おすすめはスリーポイント・シュート。 これを読むだけで雑学の知識が豊富になりそうだ。 本が好き!倶楽部 せいちゃん

このレビューは参考になりましたか?

最強の選択] 最近の本の名前のトレンドとして #最高 #最強 などのワードが 多くなっているように感じます。 ふとした普段の動作から自分の人生の主導権を取り戻す 方法がのっていました。 紹介します。 #脂肪をとる #つねに競争しろ #チームを守れ #疑問を残すな #恐れずにプレーしろ #この瞬間に集中しろ #個性をサポートしろ #身体を動かす #呼吸 #マインドフルネス #砂糖はあなたを駄目にする 身体を鍛える系の内容が多かったです。 外国の本は量が半端なく多いのも特徴です。 #人生の主導権を取り戻す #最強の選択 #オーブリーマーカス #恒川正志 #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい 人生の主導権を取り戻す 最強の「選択」 (TOYOKAN BOOKS) 人生の主導権を取り戻す 最強の「選択」 (TOYOKAN BOOKS) 1,870円 Amazon

このレビューは参考になりましたか?

●「ルーティング深い!」 日本的かどうかっていうところはありますが ルーティングが深く そして文章が面白いので 楽しいです。 イラストも個人的にすごい好き(笑) いやさすが海外の本……。 良い意味でも、悪い意味でも 海外の本だなーっと。 まずは、朝水を飲んで 光合成して 体を動かそうと 思いました

このレビューは参考になりましたか?

現代社会に生きる我々は、あたかも溢れる情報に溺れるように日々を過ごしている。本書は、溢れる情報から明快な根拠と共に日々の行動において無意識になされる「選択」を示してくれる。 そのすべてを出来るものではないにせよ、ただなんとなく過ごす日常に変化を加えるには最適な1冊。 当然のようにセックスに言及しているのも日本人の著者には見られない特徴だろう(参考になるかは別の話)。

このレビューは参考になりましたか?