親方と神様

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #親方と神様 #NetGalleyJP

内容紹介


鋼と火だけを相手に、人生の大半を過ごしてきた鍛冶職人の前に現れたのは、澄んだ瞳をした12歳の少年だった。

少年は、鍛冶屋になりたいから、仕事を見学させてほしいと言う。年老いた職人は少年のその純粋でひたむきな姿に心が動き見学を許した。

少年は、毎日訪れるようになり、職人も鍛冶のことを話してやり、二人は心を通わせていった。

職人は、少年が鍛冶屋になりたいというのは、子どもの気まぐれだと思っていた。

...