あすなろ書房

1961(昭和36年)年、創業。
同年、椋 鳩十・著『母と子の20分間読書』を刊行。
枠にとらわれることなく、「新しい確かな視点の感じられる本」づくりを出版姿勢として、出版活動を続けている。
主な出版物に、『木を植えた男』(フレデリック・バック、寺岡襄・訳)、『おおきな木』(シェル・シルヴァスタイン、村上春樹・訳)、『シャーロットのおくりもの』(E.B.ホワイト、さくまゆみこ・訳)、「中学生までに読んでおきたい日本文学〔全10巻〕」(松田哲夫・編)、「知のビジュアル百科〔全50巻〕」など。
時を超えて読み継がれる作品を、世に送り出したい、という思いは、創業時より変わることなく受け継がれている。
  • こんな読者のリクエストを待っています!
  • 掲載開始年 2018

新着作品

リクエストの多い作品

過去の掲載作品