カロリーが足りません

終末食べあるきガイドブック 魔物グルメ編in池袋

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #カロリーが足りません #NetGalleyJP

内容紹介

元社畜さんが目覚めたら文明が崩壊していました――とにもかくにも、必要なのは「カロリー」! 新感覚のサバイバル&食レポSF!

元社畜の「僕」は空きっ腹を抱え、携帯端末に搭載されたAI「クオヴァディス」を頼りに、廃墟と化した池袋界隈をさまよっている。
――始まりは、割のいい治験バイトだった。まさか投薬されて眠っている間に25年の月日が経っているとは。そして、その間に何が起こったのは分からないけれど、東...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※発売前作品のため、発売後に読まれる読者の皆様のためにも、「ネタバレ」「外部書評サイトへのレビュー投稿」は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

おすすめコメント

新感覚「はらぺこ終末SF小説」が登場!
「寝ているだけで日当6万円」という治験バイトに参加した元社畜、現フリーターの“僕”。目覚めたらそこは25年後の世界で……!?

お腹を空かせた主人公が、携帯端末に搭載されたAI“クオヴァディス”とともに、文明崩壊後の東京を「カロリー」求めて彷徨い歩く、新感覚「はらぺこ終末SF小説」が登場です。 

荒み果てた世界で生き延びるため、クオヴァディスが起動したのが《生存...