神楽坂つきみ茶屋

禁断の盃と絶品江戸レシピ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #神楽坂つきみ茶屋 #NetGalleyJP

内容紹介

幼馴染に憑いたのは、江戸時代の料理人!? 

事故で両親を亡くした月見剣士は、割烹「つきみ茶屋」を遺され、途方に暮れる。幼馴染の翔太とバーで働いていたこともあり、ワインバーへ改装しようと決意するも、心にしこりは残ったまま。 

だがある日、翔太が月見家で“絶対に使ってはならない”と言い伝えられていた金色の盃で酒を飲んでしまう。 
すると―― 

「おいおい、鮪の脂身なんざぁ、生で食ったら死ぬぜ!」 

なん...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※発売前作品のため、発売後に読まれる読者の皆様のためにも、「ネタバレ」「外部書評サイトへのレビュー投稿」は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

おすすめコメント

講談社文庫、2021年最初の勝負作!

どんなに忙しい方も、プロローグは必ず読んでください。
石畳の街で、たちまち波瀾万丈の世界が…読めばもう、とりこ。二人のその後が絶対気になります。大胆な設定と、こまやかな心配り、そしてテンポのいい展開。こんな物語が読みたかったんだ、講談社文庫にはこういう小説が足りなかったんだ…と叫びたくなりました。いやあ、時代小説ではない江戸料理、この手があったんですね。わくわ...

販促プラン

★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は  
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。     

★★