異端の祝祭

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2021/05/21 | 掲載終了日 2021/07/07
KADOKAWA, 角川ホラー文庫

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#異端の祝祭 #NetGalleyJP


内容紹介

待ち受けるのは、圧倒的戦慄。今読めば「え? 芦花公園? わたしデビュー初期から知ってる」とドヤれること間違いなしの才能、現る! 


この祝祭の真実は、禁忌。ポップなのにねっとり不気味な民俗学カルトホラー!

失敗続きの就職浪人生・島本笑美。

原因は分かっている。彼女は物心ついた時から生きている人間とそうでないものの区別がつかないのだ。

街に溢れ返った異形のモノたちは、自分の姿が見えていると分かるや否や、笑美に纏わり付いてくる……。

ある日、ダメ元で受けた大手食品会社「モリヤ食品」の面接で、笑美はヤンと名乗る青年社長と出会う。ヤンの背後には眼窩が異常に大きい歪な女が付き従い、ふらふらと揺れていた……。

出会ったその瞬間から、何故か自分に惚れ込んでいるヤンに心奪われ、おかしいはずなのに、笑美はそのままモリヤに就職することを決める。

しかし「研修」という名のもと、ヤンに伴われて笑美が見たのは、「ケエエエコオオオオ」と奇声をあげながら這い回る人々だった――。

一方、笑美の様子を心配した兄・陽太は、心霊案件を専門とする佐々木事務所へ相談に訪れ……。

ページを開いた瞬間、あなたももう「取り込まれて」いる。


カクヨム発の「ほねがらみ」がTwitterでバズり大反響! ネット民を恐怖の底に叩き落とした驚異の新人作家が放つ、民俗学カルトホラー! 

待ち受けるのは、圧倒的戦慄。今読めば「え? 芦花公園? わたしデビュー初期から知ってる」とドヤれること間違いなしの才能、現る! 


この祝祭の真実は、禁忌。ポップなのにねっとり不気味な民俗学カルトホラー!

失敗続きの就職浪人生・島本笑美。

原因は分かっている。彼女は物心ついた時から生きている人間とそうでないものの区別がつかないのだ。

街に溢れ返った異形のモノたちは、自分の姿が見えていると分かるや否や、笑美に...


出版社からの備考・コメント

発売前から反響続々!


最初の13ページでもう驚かされました。ストーリー展開が上手で、結末が気になって一気読みしました。――WBLindsayさん


真夜中に、少しだけ読んで残りは明日の休日に、と軽い気持ちで読み始めたことを後悔した。何かよくわからない大きな不安感に飲み込まれてしまいそうな、居心地の悪さを感じるのに、ページをめくる手を止めることが出来ず、一気に読んでしまった。何なんだ、この作品は、、、すごい、のだけれど、何がどうすごいのかをうまく言葉に変換できない。楽しいとか、笑えるとか、明るい方の感情は全くわかないし、どちらかと言えば、気持ち悪い、どんよりした嫌な雰囲気が漂ってるのに、面白い。面白いという言葉にはこんな意味もあったのか、と思わされるような今まで知らなかった面白さだった。――むーさん


このままでは怖いから、続きを読みたい。――小説大好きさん


シリーズ化できそうです。というか、是非シリーズ化してください。――うさぎ丸さん

発売前から反響続々!


最初の13ページでもう驚かされました。ストーリー展開が上手で、結末が気になって一気読みしました。――WBLindsayさん


真夜中に、少しだけ読んで残りは明日の休日に、と軽い気持ちで読み始めたことを後悔した。何かよくわからない大きな不安感に飲み込まれてしまいそうな、居心地の悪さを感じるのに、ページをめくる手を止めることが出来ず、一気に読んでしまった。何なんだ、この...


おすすめコメント

\とにかく面白い小説が読みたいあなたに!/

まるで“和製ミッドサマー”? 芦花公園『異端の祝祭』


【担当編集より】

芦花公園。地名ではなくペンネームです。変わっていますよね。しかし! 今読んでおけば2年後くらいに「あ、芦花公園? 私デビュー時から知ってた」とドヤれること間違いなし! これだけ面白怖い小説にはなかなか出会えません。まさしく彗星のごとく現れた圧倒的才能。唯一無二のホラー体験を、ぜひ多くの方に味わっていただきたいです。

\とにかく面白い小説が読みたいあなたに!/

まるで“和製ミッドサマー”? 芦花公園『異端の祝祭』


【担当編集より】

芦花公園。地名ではなくペンネームです。変わっていますよね。しかし! 今読んでおけば2年後くらいに「あ、芦花公園? 私デビュー時から知ってた」とドヤれること間違いなし! これだけ面白怖い小説にはなかなか出会えません。まさしく彗星のごとく現れた圧倒的才能。唯一無二のホラー体験を、ぜひ多...


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784041112304
本体価格 ¥680 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)

NetGalley会員レビュー

初めは霊が見えるなどホラーっぽい感じだったのが、宗教学・民俗学っぽい話になり、さらにはカルト、そしてキリスト教?読み進めていくに従って、イメージがどんどん変わっていくお話でした。登場人物達も脛に傷持つ人達ではあるのですが、これまたイメージと違う過去を持っていて、ともかく他にない、不思議な印象のお話でした。

このレビューは参考になりましたか?

不気味な儀式に、謎の呪文に、脳髄を掻き回されながらも一番ヤバイ奴はあいつなのでは?と思うと、怖いのは正体のわからないものだと思っていたのに正体の分かりきった人間すら恐ろしい。
るみ先輩には無双してほしい。
けれどその強さもまた残酷な産物。

このレビューは参考になりましたか?

恐い怖い怖すぎる
全方位に何もかもが怖い。
就活に終わりの見えない日常が少しずつ少しずつずれていく。
最後の最後まで怖さが続く。
読み終わってから、振り返れないほどの恐さ。
万人受けしません 覚悟して読んで下さい

このレビューは参考になりましたか?

軽い気持ちで読んだのを、後悔しました、読みはじめてから、すぐにとんでもないのに手を出してしまったなと思ってしまいました。カルト過ぎて、最後まで読めるかどうかでしたが・・・。衝撃のカルトホラーですね。まだまだ、物語は続いて行くように感じました。

このレビューは参考になりましたか?

恐怖が襲ってくる……というか重なってくるような感覚でした。信仰心からくる恐怖に、恐ろしさを感じたことはあまりないのですが……
キャラに関しては一冊に色々詰め込み過ぎかな、と思いましたが、それを差し引いても続きを読みたくなるような展開がよかったです。
得体のしれないものへの恐怖よりは、変な方向にとんだ人間の純粋なる狂気に恐怖を感じました。

このレビューは参考になりましたか?

カルト怖い。洗脳怖い。
全ての人が疑わしい。何が真実なのかわからなくなる。
自分の信じる世界が正しいのか、どうなのか、だんだん作品と混ざり合っていく意識がかなり怖い。
文章からねっとりと絡んでくるこの感覚。
これってすごいことですよ!文章からねっとり!
すごい作家さんだ!これからの作品が楽しみです!

このレビューは参考になりましたか?

ねっとりじっとりとしたホラー、堪能できました。
静かに怖い。最初は正体不明の怖さにゾクゾクしていたのですが、後半は人間が生み出す怖さに寒気が。この怖さ、クセになりそうです……。芦花公園、今後も見逃せません……。

このレビューは参考になりましたか?

「ほねがらみ」が評判なので、とても興味がありました。
(ちなみに「ほねがらみ」はまだ読めておりませんが、近いうちに読みたいと思っております。)
「異端の祝祭」は、想像していたようなホラーとは違いました。
だから「異端」なのでしょうか。
怖いというよりは、気味が悪い、気持ちが悪い、という感覚です。

このレビューは参考になりましたか?

心霊ホラーかと読み始めたが、徐々に普通のホラーとはちょっと質の違う怖さ、ゾクりとする不気味さが増してくる。すべてが異様で怪しすぎて、この人は一体何者?おかしすぎる!とそちらに気を取られていたら、えっ!と、驚くまさかの展開。その後も次々と明かされていく衝撃の真実にぐちゃぐちゃに振り回されるカルトホラーだった。本当の被害者は誰だったのか。ラストの1行に身が竦んだ。

このレビューは参考になりましたか?

私には『霊感』というものは全く無く、普通なら見えないものを見る経験は無い。霊感だけでは無くもっと暴力的にも使える力を持っている人が目的の為に手段を選ばないとしたら本当に怖い。普通に生活していれば『おかしい』『怖い』と認知出来る事も、信仰心や依存する気持ちが強い時気付かないものなのだろう。幼少期に普通に育てて貰えない人の心への影響は大きい。人では無いものも怖いけど、やっぱり人間が1番怖い。宗教や信仰心を否定するつもりは無いが、私個人としては怖いものの1つだ。単なるホラーだけでは無い怖さのある作品だった。

このレビューは参考になりましたか?

芦花公園さん初読み。民俗学、カルト、ホラー、異能者などなどてんこ盛りの一冊。澤村伊智さんっぽい雰囲気だけどバトル感はそこまでない。宗教には詳しくないけれど、キャラがたっているのでとても楽しめた。やはり人間が一番怖いのだなぁ。二人がこれまで解決してきた事件も気になるし、これはぜひシリーズ化してほしい!

このレビューは参考になりましたか?

最初から最後までただただ不気味。
初めは幽霊の出てくるホラーかと思ったら、宗教?カルト?え、一番怖いのって人間!というように、怖さがだんだん移っていく。なかなか先が読めないホラーでした。登場人物も一癖も二癖もあるような変わった人ばかり。途中で私何を読んでいるんだろうと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

最初は霊が見えてしまう女の子の普通の心霊物かと思っていましたが、読み進むうちにカルト教団とか、なんだか怪しい宗教とか儀式とか出てくるし、洗脳されてる人達には得体の知れない恐怖を覚えました。そういう状況を正気で理解した上で一緒にいる笑美が恐いなと思った。普通に育っていたら、霊の見えるすこし変わった子で済んだかもしれないのに。

このレビューは参考になりましたか?

前半の怒涛の展開、兄が施設に侵入し、異祭の準備をするところの気味悪い描写とか、かなりグロい。民俗信仰とか、キリスト教とか出てきて、ごちやごちゃになり、それでもやはり怖いのは自分のない人が思い込んだ時の洗脳の怖さだと思った。ホラー作品としても読ませる作品だった。

このレビューは参考になりましたか?