この夜が明ければ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/10/21 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#この夜が明ければ岩井圭也 #NetGalleyJP


内容紹介

一つ屋根の下で交錯する思惑と、暴かれていく本性。

ページを追うごとに世界が反転する、怒濤の一気読みサスペンス!

正義感の強い青年・工藤秀吾は、北海道の港町で行われる水産加工の夏季限定アルバイトに参加した。

集まった6人の男女とともに、宿舎で寝食を共にしながら、大量の魚を捌く日々。そんなある日、アルバイトのリーダー格であった男が遺体となって見つかる。通報しようとした秀吾に「警察を呼ばないで」と懇願し、携帯電話を奪ったのは、最年少のアルバイト佐藤真里だった。秀吾は他のバイト仲間に訴えかけるも、誰も自ら警察を呼ぼうとしない。死んだ男の荷物から脅迫状が見つかってもなお、まともに取り合おうともしない。どうやらこの宿舎にいる人間達は、それぞれ人に言えない秘密があるようで……? 

一夜にして世界が反転する、ノンストップサスペンス!


一つ屋根の下で交錯する思惑と、暴かれていく本性。

ページを追うごとに世界が反転する、怒濤の一気読みサスペンス!

正義感の強い青年・工藤秀吾は、北海道の港町で行われる水産加工の夏季限定アルバイトに参加した。

集まった6人の男女とともに、宿舎で寝食を共にしながら、大量の魚を捌く日々。そんなある日、アルバイトのリーダー格であった男が遺体となって見つかる。通報しようとした秀吾に「警察を呼ばないで」と...


おすすめコメント

(出版社のおすすめコメント)

『文身』、『水よ踊れ』の岩井圭也が描く、「正しさとは何か?」をめぐるスリリングな心理サスペンス!

この物語に登場するのは、誰もが「普通に」生きることができず、社会や法律から取りこぼされてしまった人々です。

一つの屋根の下で繰り広げられる彼らの対話は、不寛容な空気が張り詰める現代社会に一石を投じることでしょう。

ラストの主人公の行動は、どのように映るか。正しいか、間違っているのか。

ぜひあなた自身の目で、彼らの選択を見届けてください。


(著者プロフィール)

1987年生まれ、大阪府出身。北海道大学大学院農学院修了。2018年「永遠についての証明」で第9回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、デビュー。他の著書に『夏の陰』『文身』『水よ踊れ』などがある。


※この作品を応援してくださる方は、作品の感想をぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #この夜が明ければ #NetGalleyJP

※校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますので、ご了承ください。


(出版社のおすすめコメント)

『文身』、『水よ踊れ』の岩井圭也が描く、「正しさとは何か?」をめぐるスリリングな心理サスペンス!

この物語に登場するのは、誰もが「普通に」生きることができず、社会や法律から取りこぼされてしまった人々です。

一つの屋根の下で繰り広げられる彼らの対話は、不寛容な空気が張り詰める現代社会に一石を投じることでしょう。

ラストの主人公の行動は、どのように映るか。正しいか...


出版情報

ISBN 9784575244557
本体価格 ¥1,600 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

この物語の感想を一言で言い表すことはとてもできない。 真実へと迫っていくミステリー作品としての面白さ。 現代社会の闇に絡めとられた人々の嘆き。 ページをめくるごとに重みを増し解析されていく人々は、物語の中でたしかに生きている。 "彼ら"と私を隔てるものはもう何もない。 絶望も、希望も、物語の中には等しくあった。

このレビューは参考になりましたか?

岩井さんのことは2019年に発表された「夏の陰」で知り、すごく難しい問題を小説の形で真剣に問いかけてくる人だなと感じました。 今回の「この夜が明ければ」の後半も、「夏の陰」同様に、「あなたはどう考えますか?」と岩井さんから問いかけられている気分でページをめくりました。「全部の問題に答えがあるわけじゃないんだよ。どうしようもない状況で、逃げるしか選択肢がないことだってある。向き合えば絶対解決するなんて、傲慢だよ」という物語の終盤に登場する台詞に物語のすべてが集約されていると感じました。それから、後から読み直すと、アルバイトの内容が”カラフトマスの加工”というのも、効いていると思いました。真相を知ってから読み返すと発見が色々あって、それも面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

テンポの良い展開に、読む手が止まらず一気読みだった。 犯人の疑いがある6人それぞれの背景が、重く絶望的で苦しかった。多くは同情的だったが、嫌悪感がするものもあった。 現代社会の問題点も描かれていることから、サスペンスだけでなくノンフィクションを好む方にもおすすめの一冊。

このレビューは参考になりましたか?

たった一夜で、暴かれていく真実。 人に言えない秘密を抱えた面々。 彼等が進む先に果たして希望はあるのか?! ラストにかけて、居場所のない彼等に正しさを振りかざすことが、私にはできるのだろうか。考えてしまった。 ミステリありサスペンスあり! 岩井作品はやはり面白い。

このレビューは参考になりましたか?

岩井圭也作品、今度も超凄い!息もつかせぬ展開でページを捲る手を止められない!正しさの基準とは何か?自分は生きるために何を選択するのか?痛いほど突きつけられ、胸底に錘を抱えたまま読み終える。 北海道のとある町で、漁協の短期バイトに集まった7人のうちの1人が、ある時突然遺体で発見される。事故か自殺かそれとも他殺か?なのに通報を渋るメンバーたち。やがて意外な形で彼らの秘密が暴かれていく…。真実は何処に?たったひと晩の長い長い夜に、希望の朝はおとずれるのか? まさに現実に今ある問題、理不尽過ぎる境遇に喘ぐ人や、自らの性分や選択・判断を間違い続け生き辛さに絡め取られている人たちの"生きる道"を問う、衝撃の問題作!

このレビューは参考になりましたか?