十年屋と魔法街の住人たち3

お天気屋と封印屋

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/11/09 | 掲載終了日 2021/11/09

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#十年屋と魔法街の住人たち3 #NetGalleyJP


内容紹介

霧に満たされた黄昏横町2丁目。そこは、十年屋のご近所さんでもある、魔法使いたちが住む町です。緑の芝生に建てられたサーカスのテントのような家は、お天気の魔法使いビビの家。そのおとなりで、瓶の中に封じ込められたヨットに暮らすのは、封印屋のポーさんです。おや? これからビビとポーさんのお茶会が始まるようですよ。さて、魔法使いたちはどんなおしゃべりをするのでしょう。ビビはポーさんとツルさんの恋の行方を聞きたくてうずうずしている様子です。「十年屋」シリーズ特別編第3巻は、ビビとポーさんがお茶会で語った、7つのお話をお届けします。

霧に満たされた黄昏横町2丁目。そこは、十年屋のご近所さんでもある、魔法使いたちが住む町です。緑の芝生に建てられたサーカスのテントのような家は、お天気の魔法使いビビの家。そのおとなりで、瓶の中に封じ込められたヨットに暮らすのは、封印屋のポーさんです。おや? これからビビとポーさんのお茶会が始まるようですよ。さて、魔法使いたちはどんなおしゃべりをするのでしょう。ビビはポーさんとツルさんの恋の行方を聞き...


おすすめコメント

廣嶋玲子/神奈川県生まれ。『水妖の森』でジュニア冒険小説大賞受賞、『狐霊の檻』でうつのみやこども賞受賞。主な作品に「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」シリーズ、「もののけ屋」シリーズなど。

佐竹美保/挿絵画家。SF、ファンタジーなどの分野で多くの作品を手がける。挿絵を担当した主な作品に『魔法使いハウルと火の悪魔』『アーサー王物語』『ヨーレのクマー』『邪馬台戦記』、「ハリー・ポッター」シリーズなど。

廣嶋玲子/神奈川県生まれ。『水妖の森』でジュニア冒険小説大賞受賞、『狐霊の檻』でうつのみやこども賞受賞。主な作品に「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」シリーズ、「もののけ屋」シリーズなど。

佐竹美保/挿絵画家。SF、ファンタジーなどの分野で多くの作品を手がける。挿絵を担当した主な作品に『魔法使いハウルと火の悪魔』『アーサー王物語』『ヨーレのクマー』『邪馬台戦記』、「ハリー・ポッター」シリーズなど。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784863896529
本体価格 ¥1,200 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

お天気屋ビビと封印屋ポーさんのお茶会で、それぞれがお客さんのはなしを交互にしていく。 1話目には嫌な人がいたり、マダムゴーラの過去は悲しすぎるけど、ビビとポーさんのほんわかした話し方や、ボトルシップのお家などワクワクするアイテムもいっぱいで楽しく読めました。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ3。今回はお天気屋のビビちゃんと封印屋のポーさんのお茶会。ふたりがかわりばんこに話す、これまでのお客さんや自分の過去には、思いがけない襞があって、魔法の奥深さも感じられます。 お客さんとの関わりの中で、自分の魔法がよりよく作用するように祈る気持ちのまっすぐさ。表には出さない心遣いや思いやりに、胸が温かくなります。そして、いつまでもお客さんのその後を気にかける細やかな配慮が、ビビとポーさんの人柄を語っています。 何より今回嬉しかったのは、このシリーズの読者なら誰もが首を長くして待っているはずの、ポーさんとツルさんのことを、ビビがちゃんと聞き出してくれたことです!

このレビューは参考になりましたか?

「十年屋」シリーズのサイドストーリーの3作目。 今回の主役はお天気屋のビビちゃんと、封印屋のポーさん。 せっかくのお隣さんだから、とポーさんからお茶会のお誘いをうけたビビちゃん。うきうきで訪問です。 少しかわっているけど、居心地の良いポーさんのお家と、たくさんの美味しいものに囲まれて、さぁ、素敵なお茶会のはじまりはじまり!! ちょっぴり哀しいお話もあるけど、ビビちゃんがビビちゃんらしく生きるきっかけになったお話や、ポーさんがツルさんに恋したきっかけなど、ファンには“たまらん”エピソードてんこ盛りでした。

このレビューは参考になりましたか?