倉橋惣三物語

上皇さまの教育係

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/11/22 | 掲載終了日 2021/11/09

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#倉橋惣三物語 #NetGalleyJP


内容紹介

上皇陛下の幼少期に教育係を務めていた教育者・倉橋惣三。
子供の自発性を重視し、可能性を信じた惣三の、波乱万丈の生涯を描く

「近代幼児教育の父」「日本のフレーベル」とよばれる倉橋惣三は、大正期から昭和にかけて活躍した教育者。
昭和3年より合わせて6年間にわたり、昭和天皇皇后両陛下に御進講を行い、その後、皇太子殿下(現在の上皇陛下)の教育係として2年間、出仕した。学生時代から幼児教育に興味を持ち、やがて教育者となった惣三は、常に「子どもの友達」であろうとし、幼児教育の改革を次々行っていく一方で、息子との関係に悩む一人の親でもあった。
小説家・倉橋燿子氏と、娘の麻生氏が、遺された日記をはじめとする貴重な資料から、倉橋惣三の素顔とその理念に迫る。実話をもとにした感動の伝記小説。
 ※史実に基づき、一部創作を加えた伝記小説作品です


上皇陛下の幼少期に教育係を務めていた教育者・倉橋惣三。
子供の自発性を重視し、可能性を信じた惣三の、波乱万丈の生涯を描く

「近代幼児教育の父」「日本のフレーベル」とよばれる倉橋惣三は、大正期から昭和にかけて活躍した教育者。
昭和3年より合わせて6年間にわたり、昭和天皇皇后両陛下に御進講を行い、その後、皇太子殿下(現在の上皇陛下)の教育係として2年間、出仕した。学生時代から幼児教育に興味を持ち、やがて教育...


出版社からの備考・コメント

◆弊社では、一緒に作品と著者を応援していただける方からのリクエストを求めております。
リクエストいただきましたみなさまのプロフィールや、過去にご投稿いただきましたレビュー、フィードバック率を参考に承認しております。
そのため、下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

◆弊社では、一緒に作品と著者を応援していただける方からのリクエストを求めております。
リクエストいただきましたみなさまのプロフィールや、過去にご投稿いただきましたレビュー、フィードバック率を参考に承認しております。
そのため、下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺...


おすすめコメント

・倉橋惣三氏は、運動が苦手で不器用、引っ込み思案な少年でした。そんな惣三氏が、なぜ「近代幼児教育の父」とよばれる教育者になったのか?
鍵をにぎるのは、「人との出会い」です。

・運動が苦手で不器用なのは、大人になっても変わりませんでした。
幼かった現上皇さまとの微笑ましいエピソードも描かれています。

・大人の思う型に子どもをはめこむのではなく、子どもの中に入っていく。
子どもに学ぶ。子どもの中に眠る可能性を信じる……。
こんな惣三氏の教育が、今こそ求められているのではないでしょうか?

子どもにかかわっている方に限らず、すべての方に読んでいただきたい一冊です。


・倉橋惣三氏は、運動が苦手で不器用、引っ込み思案な少年でした。そんな惣三氏が、なぜ「近代幼児教育の父」とよばれる教育者になったのか?
鍵をにぎるのは、「人との出会い」です。

・運動が苦手で不器用なのは、大人になっても変わりませんでした。
幼かった現上皇さまとの微笑ましいエピソードも描かれています。

・大人の思う型に子どもをはめこむのではなく、子どもの中に入っていく。
子どもに学ぶ。子どもの中に眠る可能性を信...


販促プラン

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集共々に楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 販売部>まで直接お問合せをお願い致します。

★★

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集共々に楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
...


出版情報

ISBN 9784065258293
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

ドイツ幼児教育を研究し、お茶の水幼稚園の主事として、新しい指導法の導入や子供らしさを大事にした教育に情熱を注いだ倉橋惣三氏。明治時代中期から昭和中期にかけての伝記物語を彼の孫の妻と曾孫娘が綴る。筆者が児童書籍を多く手掛けていることもあり、平易な文体で、年齢問わず楽しめる。

このレビューは参考になりましたか?