したいとか、したくないとかの話じゃない

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2022/01/18 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#したいとかしたくないとかの話じゃない #NetGalleyJP


内容紹介

「セックスレス」はきっかけにすぎなかった・・・・・・

崩壊か? 再生か? 

妻の叫びが共感を呼ぶ家族小説

 

●内容紹介

売れない脚本家の夫に愛想をつかし、内緒でシナリオコンクールに応募、見事に最優秀賞を受賞し脚本家デビューを果たすとともに、経済的にも精神的にも自立しようとする妻を通し、夫婦とは、子育てとは、家族とはを問いかける家族小説。「セックスレス」を入り口に、「男親の家事育児への意識の低さ」「発達障害を持つ子へのケア」「コロナ禍での家族のあり方」などを盛り込んでいる。著者自身も妻と二人の子供を持つ父親で、自身の体験も本作には大いに反映されている。ダメ夫を描いた小説&映画『喜劇 愛妻物語』などの作品がある著者が、はじめて夫と妻両方の視点で夫婦を描いた意欲作。


●著者プロフィール

足立紳(あだち・しん)

1972年鳥取県生まれ。日本映画学校卒業後、相米慎二監督に師事。脚本を書いた『百円の恋』が第一回「松田優作賞」を受賞。同作は日本アカデミー賞最優秀脚本賞も受賞する。『14の夜』で映画監督デビューも果たす。小説家としても活動しており、著書に『喜劇 愛妻物語』『14の夜』『弱虫日記』『それでも俺は、妻としたい』などがある。


「セックスレス」はきっかけにすぎなかった・・・・・・

崩壊か? 再生か? 

妻の叫びが共感を呼ぶ家族小説

 

●内容紹介

売れない脚本家の夫に愛想をつかし、内緒でシナリオコンクールに応募、見事に最優秀賞を受賞し脚本家デビューを果たすとともに、経済的にも精神的にも自立しようとする妻を通し、夫婦とは、子育てとは、家族とはを問いかける家族小説。「セックスレス」を入り口に、「男親の家事育児への意識の低さ」「...


販促プラン

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784575244847
本体価格 ¥1,700 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)