「死」が教えてくれた幸せの本質

二千人を看取った医師から不安や後悔を抱えている人へのメッセージ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/02/03 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#死が教えてくれた幸せの本質 #NetGalleyJP


内容紹介

二千人を看取り、自らもがんを経験した著者の船戸崇史医師。30年近くに渡る在宅医療の経験から見えてきた「幸せの本質」を1冊の本にまとめました。

死を目の前にして、人は何に幸せを感じるのか、後悔を残さない生き方とは何か、を実体験に基づいた深い視点から描いています。

著者は「死を覚悟することは終わりではない。なぜなら、死を直面した方が人生は深まるから」と言います。しかし現在は日常から「死」が隠されている時代です。それゆえに現代人は本当の幸せを実感しづらい。

お金をたくさん稼いでいても楽しそうではない人。

家族や職場の人間関係にストレスを感じている人。

将来に漠然とした不安を抱えながら過ごしている人。

過去の後悔に囚われている人。

現代人は様々な葛藤を抱えながら生きています。

そんな私たちが亡くなった方々の生きざまを知ることにより、少しだけ自分の人生に勇気をもらえるかもしれません。

不安や後悔、様々な葛藤を抱えている人にぜひ読んでいただきたい1冊です。

二千人を看取り、自らもがんを経験した著者の船戸崇史医師。30年近くに渡る在宅医療の経験から見えてきた「幸せの本質」を1冊の本にまとめました。

死を目の前にして、人は何に幸せを感じるのか、後悔を残さない生き方とは何か、を実体験に基づいた深い視点から描いています。

著者は「死を覚悟することは終わりではない。なぜなら、死を直面した方が人生は深まるから」と言います。しかし現在は日常から「死」が隠されている時代...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784909249432
本体価格 ¥1,400 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

まるで私のために書かれた本のような気がしました。最初から涙が止まりませんでした。私の母も癌で亡くなりました。まだ若かった。母の生きざまは素晴らしかった。受け入れるまでにはまだ時間がかかりそうですが、こちらの作品を読んで、母からもらった大事な命なのだから、もっと自分を大切にしたいと改めて思いました。前を向いてしっかり生きていきたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

重いテーマであるものの笑ったり涙したりしながら深く考えさせられた。
亡くなった家族に対して持っている後悔、自分自身のいつか来る死にまざまざと向き合わされた気がします。
なのに読後は爽やかな気分になれるのは著者の人柄なのだと思う。
死がテーマだけど生が本当のテーマですね。

このレビューは参考になりましたか?