いっそこの手で殺せたら

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/07/27 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#いっそこの手で殺せたら #NetGalleyJP


内容紹介

悪夢は「妻が逮捕された日」から始まった

覚悟がある人だけ読んで下さい

  

衝撃デビュー作『極刑』から2年……

閲覧注意の「猛毒」エンターテインメント


(内容紹介)

元教師のライター・筒見芳晃は十歳年下の可愛い妻・絵梨、年頃の愛娘・沙梨奈と何不自由のない暮らしを営んでいた。

だが、穏やかな日々は突如一変する。

勤め先から妻が帰ってこない。携帯電話も不通。不吉な予感に駆られて交番を訪ねた芳晃は、驚天動地の事実を告げられる。

しかしそれは、やがて始まる忌まわしい悪夢の幕開けに過ぎなかった!! 

衝撃ミステリー『極刑』で鮮烈デビューを飾った小倉日向が放つ、業と毒の問題作。


(著者プロフィール)

小倉日向(おぐら・ひなた)

1964年、新潟県生まれ。上越教育大学大学院修了。

地元での公務員生活を経て、2020年、『極刑』(双葉社刊)にて作家デビューを飾る。

毒とユーモアを好み、筒井康隆、モンティ・パイソン、北野武らに影響を受ける。愛読した作家は他に遠藤周作、太宰治、向田邦子、丸谷才一など。テレビは海外ミステリードラマを好む。映画はスタンリー・キューブリック。近年はラース・フォン・トリアー監督の悪趣味さがお気に入り。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』はミュージカルの皮肉めいたパロディーだと思っている。

座右の銘は「驕(おご)れる者は久しからず」。


悪夢は「妻が逮捕された日」から始まった

覚悟がある人だけ読んで下さい

  

衝撃デビュー作『極刑』から2年……

閲覧注意の「猛毒」エンターテインメント


(内容紹介)

元教師のライター・筒見芳晃は十歳年下の可愛い妻・絵梨、年頃の愛娘・沙梨奈と何不自由のない暮らしを営んでいた。

だが、穏やかな日々は突如一変する。

勤め先から妻が帰ってこない。携帯電話も不通。不吉な予感に駆られて交番を訪ねた芳晃は、驚天...


出版社からの備考・コメント

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。


おすすめコメント

(担当編集より)

冒頭より、いきなり背後から殴り倒されるレベルの衝撃展開。

「え?え?ナニコレ?」とうなされつつページをめくるうちに、爽快なまでの「超悪意のラスト」に一直線!

もはや「覚悟がある人だけ読んで下さい」というキャッチコピーしか浮かびませんでした。

とにかく最初の1ページでもお読みいただきたいです。”覚悟”のある方には。

(担当編集より)

冒頭より、いきなり背後から殴り倒されるレベルの衝撃展開。

「え?え?ナニコレ?」とうなされつつページをめくるうちに、爽快なまでの「超悪意のラスト」に一直線!

もはや「覚悟がある人だけ読んで下さい」というキャッチコピーしか浮かびませんでした。

とにかく最初の1ページでもお読みいただきたいです。”覚悟”のある方には。


販促プラン

【書店員様へ】

拡材や新刊配本のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメールアドレスや店舗様へご連絡させていただく場合がございます。

こちらのタイトルの新刊ご希望数の締め切りは7月7日(木)迄とさせていただきます。


【書店員様へ】

拡材や新刊配本のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメールア...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784575245462
本体価格 ¥1,700 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

衝撃と嫌悪感のプロローグから始まる。
「ん?どういうこと??」「なんで?どうなってるの?」
から始まり、焦らされずっとモヤモヤしたまま読み進めていく。
プロローグとどう繋がっていくのか。
事件と事件の関係性はあるのか。
犯人は一体何が目的でどうしたいのか。
気になりだしたらもう読む手が止まらない。
毒を含んだ結末に、正義とは…守り抜くとは…綺麗事では終わらない心情を見た。

このレビューは参考になりましたか?

「覚悟がある人だけ読んで下さい」の惹句にひかれて読み始めました。
スピード感のある展開にページをめくる手が止まりませんでした。
そして物語の後半で明かされる、「いっそこの手で殺せたら」と願いたくなるよう真実。
ネタばれになるので詳しくは書けませんが、この小説の核となっている”真実”は現代の日本でも深刻な問題で、ただ現状では決定的な解決方法も、改善方法も編み出されていないように思います。
「いっそこの手で殺せたら」と思ってしまうのもある意味しょうがないような状況が現実世界にも存在しています。
悩んだ末、主人公が選んだのは・・・。
爽やかじゃないけれど、爽快感のあるラストでした。

このレビューは参考になりましたか?

元教師のライターが主人公、新たな形の「イヤミス」。全く期待せずに読み始めたところ、展開がこちらの想像をかなり超えてきたのでビックリ。お初の作家だとばかり思っていたら、デビュー作も読んでいたが、そちらはそこまで印象に残っていない。
展開が偶然に頼りすぎているという欠点はあるものの、ちょっと尋常ならざる意地悪展開はなかなかのもの。
前作も引っ張り出しての再読を決意する。

このレビューは参考になりましたか?

衝撃的なので覚悟を持って読んでください。
という前置きでした。。。

ミステリとしては、これは誰なの、この人誰、誰と誰がどう繋がってるの、これってなに???
と話が進むにつれてどんどんわからなくなってくる。
どれが伏線なのかどこかで騙されるのか騙されまい、と思いながら読んでも、何もかもが疑わしくなる、という嫌ーーな感覚を持たされてどんどん先に進まざるを得なくなるお話でした。

犯罪の内容は残酷というより心理的に来るのでその覚悟は必要かも。。。

このレビューは参考になりましたか?