いっそこの手で殺せたら

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/07/27 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#いっそこの手で殺せたら #NetGalleyJP


内容紹介

悪夢は「妻が逮捕された日」から始まった

覚悟がある人だけ読んで下さい

  

衝撃デビュー作『極刑』から2年……

閲覧注意の「猛毒」エンターテインメント


(内容紹介)

元教師のライター・筒見芳晃は十歳年下の可愛い妻・絵梨、年頃の愛娘・沙梨奈と何不自由のない暮らしを営んでいた。

だが、穏やかな日々は突如一変する。

勤め先から妻が帰ってこない。携帯電話も不通。不吉な予感に駆られて交番を訪ねた芳晃は、驚天動地の事実を告げられる。

しかしそれは、やがて始まる忌まわしい悪夢の幕開けに過ぎなかった!! 

衝撃ミステリー『極刑』で鮮烈デビューを飾った小倉日向が放つ、業と毒の問題作。


(著者プロフィール)

小倉日向(おぐら・ひなた)

1964年、新潟県生まれ。上越教育大学大学院修了。

地元での公務員生活を経て、2020年、『極刑』(双葉社刊)にて作家デビューを飾る。

毒とユーモアを好み、筒井康隆、モンティ・パイソン、北野武らに影響を受ける。愛読した作家は他に遠藤周作、太宰治、向田邦子、丸谷才一など。テレビは海外ミステリードラマを好む。映画はスタンリー・キューブリック。近年はラース・フォン・トリアー監督の悪趣味さがお気に入り。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』はミュージカルの皮肉めいたパロディーだと思っている。

座右の銘は「驕(おご)れる者は久しからず」。


悪夢は「妻が逮捕された日」から始まった

覚悟がある人だけ読んで下さい

  

衝撃デビュー作『極刑』から2年……

閲覧注意の「猛毒」エンターテインメント


(内容紹介)

元教師のライター・筒見芳晃は十歳年下の可愛い妻・絵梨、年頃の愛娘・沙梨奈と何不自由のない暮らしを営んでいた。

だが、穏やかな日々は突如一変する。

勤め先から妻が帰ってこない。携帯電話も不通。不吉な予感に駆られて交番を訪ねた芳晃は、驚天...


出版社からの備考・コメント

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。


おすすめコメント

(担当編集より)

冒頭より、いきなり背後から殴り倒されるレベルの衝撃展開。

「え?え?ナニコレ?」とうなされつつページをめくるうちに、爽快なまでの「超悪意のラスト」に一直線!

もはや「覚悟がある人だけ読んで下さい」というキャッチコピーしか浮かびませんでした。

とにかく最初の1ページでもお読みいただきたいです。”覚悟”のある方には。

(担当編集より)

冒頭より、いきなり背後から殴り倒されるレベルの衝撃展開。

「え?え?ナニコレ?」とうなされつつページをめくるうちに、爽快なまでの「超悪意のラスト」に一直線!

もはや「覚悟がある人だけ読んで下さい」というキャッチコピーしか浮かびませんでした。

とにかく最初の1ページでもお読みいただきたいです。”覚悟”のある方には。


販促プラン

【書店員様へ】

拡材や新刊配本のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメールアドレスや店舗様へご連絡させていただく場合がございます。

こちらのタイトルの新刊ご希望数の締め切りは7月7日(木)迄とさせていただきます。


【書店員様へ】

拡材や新刊配本のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメールア...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784575245462
本体価格 ¥1,700 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

衝撃と嫌悪感のプロローグから始まる。
「ん?どういうこと??」「なんで?どうなってるの?」
から始まり、焦らされずっとモヤモヤしたまま読み進めていく。
プロローグとどう繋がっていくのか。
事件と事件の関係性はあるのか。
犯人は一体何が目的でどうしたいのか。
気になりだしたらもう読む手が止まらない。
毒を含んだ結末に、正義とは…守り抜くとは…綺麗事では終わらない心情を見た。

このレビューは参考になりましたか?

「覚悟がある人だけ読んで下さい」の惹句にひかれて読み始めました。
スピード感のある展開にページをめくる手が止まりませんでした。
そして物語の後半で明かされる、「いっそこの手で殺せたら」と願いたくなるよう真実。
ネタばれになるので詳しくは書けませんが、この小説の核となっている”真実”は現代の日本でも深刻な問題で、ただ現状では決定的な解決方法も、改善方法も編み出されていないように思います。
「いっそこの手で殺せたら」と思ってしまうのもある意味しょうがないような状況が現実世界にも存在しています。
悩んだ末、主人公が選んだのは・・・。
爽やかじゃないけれど、爽快感のあるラストでした。

このレビューは参考になりましたか?

元教師のライターが主人公、新たな形の「イヤミス」。全く期待せずに読み始めたところ、展開がこちらの想像をかなり超えてきたのでビックリ。お初の作家だとばかり思っていたら、デビュー作も読んでいたが、そちらはそこまで印象に残っていない。
展開が偶然に頼りすぎているという欠点はあるものの、ちょっと尋常ならざる意地悪展開はなかなかのもの。
前作も引っ張り出しての再読を決意する。

このレビューは参考になりましたか?

衝撃的なので覚悟を持って読んでください。
という前置きでした。。。

ミステリとしては、これは誰なの、この人誰、誰と誰がどう繋がってるの、これってなに???
と話が進むにつれてどんどんわからなくなってくる。
どれが伏線なのかどこかで騙されるのか騙されまい、と思いながら読んでも、何もかもが疑わしくなる、という嫌ーーな感覚を持たされてどんどん先に進まざるを得なくなるお話でした。

犯罪の内容は残酷というより心理的に来るのでその覚悟は必要かも。。。

このレビューは参考になりましたか?

読み終わって、奥さんの逮捕からまさかこんなところまで来るとは…ととても衝撃を受けました。ネタバレなしでこの作品を語るのはとても難しいです。ただ、読んでいてどの登場人物も怪しいような気がしていましたが、ほとんどの人は最後には「なるほど…」と思えたのがすごいと思いました。とにかく面白くて本当に一気に読んでしまいました!

このレビューは参考になりましたか?

妻の逮捕?から始まり、実は別人!ってところで何が起こっているのか全く予想できず話に引き込まれた。
めっちゃ感情のジェットコースターで疲れてしまった。
それだけ面白い?というか先が気になってどんどん読んじゃうんだけど、辛くて悲しくて怒りが溢れてどうしようもない
加害者側が事の重大さを認識してなくて、許せない。こういう犯罪はなくならない現実にも絶望する
自分が、自分の子どもたちが被害に遭ったらどうしたらいいのか、被害に遭わない方法は?とか色々考えてしまう

このレビューは参考になりましたか?

「覚悟がある人だけ読んでください」
挑戦状のようなこの言葉にひかれよみました。

冒頭から嫌悪感さえ覚える展開でした。そこから次々に起こる展開に、この人怪しい?この人も怪しい?と登場人物すべてが信用できないような気持ちになりながら読みました。

覚悟して読んだつもりでしたが、覚悟が足りなかったのかもと思うほど猛毒でした。最初から仕掛けられた毒は遅効性だったようで読み終わりしばらくたっても解毒できず登場人物たちのことを考えてしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

性犯罪の被害者とその家族の心理描写が見事で、司法や私刑について考えさせられました。
第1章の終わりが予想外の展開で、小柴と主人公を引き合わせる目的があったとしても、なぜ妻を引き離すために警察を利用しなければならなかったのか、最後まで読み終えてもスッキリしませんでした。弁護士の件も少しモヤモヤが残ります。
ラストの主人公の行動は心情としては理解できるものの、別の結末を期待していたのでそちらへ行ってしまったのか、と救われない気分になりましたが、展開が速く淡白な筆致なので読みやすい作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

まさに急転直下。二転三転するストーリーとじわじわと押し寄せてくる「嫌な予感」に引き込まれました。どうなっちゃうの?どうなってるの?のと、怒涛の連続でハラハラが止まりませんでした。ラストまで読み、その理不尽さとやるせなさに怒りと哀しみが押し寄せてきました。新たなるダークヒーローの登場にして正義とは一体なにかを考えさせられる一冊。主人公の心情をよく表しているタイトルがとても秀逸です。あなたは、彼を許せますか?

このレビューは参考になりましたか?

最初から衝撃的で、何が起きているのか、つながりがどうなっているのか、不安を抱えながら読み進めると、次第に分かってくる真実。
目をそむけたくなるような場面やなぜと謎が深まる場面が、最後にはつながっていきました。
重いテーマですが、声なき声をあげている方の多さや、再犯率の高い性犯罪について考えるきっかけになりました。

このレビューは参考になりましたか?

制裁が、誰かを救うことがあるのかな。
傷がえげつないものであればあるほど、精細にとらわれることで傷の新鮮さを保ってしまう気もする。
それでも。
その存在を抹消することでしか手に入れられない安堵はある。次に進むための踏み台にすることもできる。

例えば駅に「痴漢は犯罪」なんてポスターが貼られるほど、性犯罪が犯罪だとわからない国に、私は暮らしてる。

性犯罪と、どう向き合うのか、もう一度考えるきっかけになる本だ。

このレビューは参考になりましたか?

デリケートな内容であるため、
読み手によっては苦手な人もいるかも。
ただ作品中の様な事実がある事を知れる。
スピード感あり伏線回収も楽しかった。
読めれば何でも良い私にはおもしろい作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

何回かにわけて読書を楽しもうと思っていたのに、
途中でやめられすに一気にラストまで読み進めてしまいました。
物語の始まりは、ちょっとこの手の・・読みたい本じゃないかな。。と感じたのに、
どんどん展開していく内容に、どんどんはまっていき、
読後は、ちょっと爽やか。(というには、強烈ですが)
恐ろしくて、グロテスクで、少し爽快なストーリー。
最後の執拗な復習(復讐)に、そこまで!?と思うものの、むしろ、つきぬけたユーモア感覚さえ感じました。
この小説を読ませたいな。とくに、加害者側の人間に。。
けれど、、被害者側と、その周辺の人たちにも、少し救われる気持ちが生まれると思います。

登場人物の背景や組織の描写などが、的確で無駄がなく、話が停滞しない。
そのディテールが、この恐ろしいストーリーの奥行きを作り、真実味のあるものにしている。
と感じました。作者の方の筆力をひしひしと感じます。

昨今はやりのラストを書ききらない嫌ミスとは、一線を画す読後感です。
私は、好きです。

濃密な読書体験を、ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

元教師で今は教育関係の執筆をしている主人公。10歳下の妻と中学生の娘を持つ一般的な男性。ある日、妻が逮捕され、その日から今までの日常とはかけ離れた悪夢がはじまる。謎が謎を呼ぶミステリーかと思いきや、テーマがとても重く、その実態を知ると恐怖や怒りを覚える。確かに多少の『覚悟』を必要とする物語となっている。

このレビューは参考になりましたか?

プロローグからなんとも気分が悪くなるような不穏な始まり。
主人公の妻の逮捕から思わぬ方向へ話が進んでいき、どういうことかと気になってどんどん読み進めるとまさかの過去や展開が次々押し寄せてきた。
軸となる事件は小説の中だけの話だとは思えず、現実にもきっとこのような出来事は数知れずあるのだろう。それだけに加害者の身勝手な思考が本当に腹立たしかったし、被害者の痛みや苦しみは本当に深いもので私の想像を絶するものなんだろうと胸が痛くなった。
結末は賛否あるかもしれないが、残酷な中にも救いがあり、個人的にはとても良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

かなりセンセーショナルな内容でした。
でも、それに向かい合ざる得ない人も
いることを理解しました。
日頃の営みでさえも若干頭をよぎるような
瞬間があると思うと色んな意味で辛いだろうと思う。
短すぎず長すぎず読みにくくなく読みやすいというわけでもなくという感じですが
この内容で上のどれかだったら読む気失せてたと
思うのでうまいなぁと思います。

このレビューは参考になりましたか?

突然消えた妻、何か得体の知れない大きなものに巻き込まれていくような主人公が気になって、ページを捲る手が止まらない!

冒頭からいきなり女子高生への生々しいレイプ。レイプ含め性的描写が多めで、グロシーンもあるので、確かに閲覧注意。

ただ、グロ作品というわけではなく、ミステリーの部分が面白いので、エログロ描写を一部含むミステリー、という感じ。
表紙から、ホラーなのかな、と思ったけど、ホラーではなかった。

レイプ事件は、被害者が負った心の傷は生涯続くのに、加害者に罪悪感がほとんどないのが腹立たしかった。

ラストの描写は強烈。男性が読んだら失神しそう。

このレビューは参考になりましたか?

どうなるのこれ??どういうこと????とハラハラドキドキしっぱなしだった。
まさかそういうことだったなんて序盤では想像つかなかった。
ほんっと理不尽。
社会道義的には主人公の行動は許されないけれど、でも分かる気がする。

このレビューは参考になりましたか?

嫌悪感のある犯罪シーンが序盤からあるので注意が必要。

しかし、犯罪シーン直後の場面転換が素晴らしい、騙される。怪しい人物がコロコロ切り替わる。真相に近づくにつれ、事件の闇がここまで大きいのか…と恐ろしくなるが、真相が知りたくて怖くても読み進めてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

まさに"猛毒"!!!
ある日突然、妻が逮捕され、平穏な日常が壊れ謎が謎を呼ぶスリリングな展開に、ページを捲る手が止まらなかった。
真相に近づくにつれ、恐怖と嫌悪が膨れ上がり、これから以上ページを捲ってはいけないと思いつつも一気に読み終えた。
最初から最後まで感情の振れ幅が半端なく、とても疲れた読書体験だった。
デビュー作より格段に面白くなっている!!

このレビューは参考になりましたか?

女性の気持ちは判らないが、父親の気持ちとしては判る。そして、あのような結末を自身の手で行いたいと思うのはいたって健全な行動だと思う。被害者の人権を守るがために加害者の人権を守りすぎている。特に性犯罪は一度で極刑かそれに準ずる処罰が必要と考える。

このレビューは参考になりましたか?

妻が逮捕され、そしてこのタイトル。完全に妻に対しての憎悪的な話かと思い込んでいました。ページを読み解いて、全く対極の話でまずはそこで驚かされました。女性には恐ろしいシーンもいくつかあるものの、冒頭から訳の分からないトラブルに巻き込まれる小市民の奮闘ぶりに目が離せず、先が気になって離れられないとはこのこと。ややご都合主義なところはあるものの、この勢いはベテランにはない新人ならでは。とても面白く久々にドキドキする小説に出会えました。

このレビューは参考になりましたか?

プロローグから読むのが辛かった。
けれどもどうしても先が気になって読むのが止まらなかった。
もしかしてこの人が犯人じゃないだろうかと疑心暗鬼で読み進めた。
点が繋がったときの安堵感と行先の不安感。
色々な感情が忙しかった。
最近では海外で犯罪による妊娠の堕胎は認められないという判決が出て話題にもなりましたね。
性犯罪は身体だけでなく心も壊されます。
今は分からないけど、警察署での聴取に更に傷つくケースもある。
被害に遭ったことは言いづらいし、加害者が上の立場である場合は恐ろしくて声にも出せないことがある。
AVやその手の漫画などはフィクションであることを理解させるべきだと思う。嫌がっていることが演技だのと勘違いする輩が一定数世には存在する。
ネタバレになるので多くは語れないけれど、
覚悟がある人だけ読んでください。のフレーズはその通りだった。
表現がリアルなので被害に遭ったことのある人にとってはかなり辛い内容なので、読む人を選ぶと思う。

このレビューは参考になりましたか?

面白い!というと語弊がありそうですが、まずは妻の突然の逮捕から始まり、
なんとなく不穏な空気のまま、証拠不十分で釈放される妻がなんと別人だったところから、
事件の謎がどんどん深まっていくわけです。
どういうこと?
読んでいるこちらも、なんだなんだとどうなるのだと、これこそ本当に読む手が止まらない!
そして、犯人からの不思議なリクエストに応えると、妻は無事に還ってはくるが、
謎はさらに深まるばかり。
関係者が次々と不慮の事故か、殺人かというような形で殺されていき、
いったいぜんたい、どういうことなの?と本当に止まりませんでした。
このミステリは、すごい。
リーダビリテイも高く、ぐいぐいと最後まで、読めます。

このレビューは参考になりましたか?

度肝抜かれました!すごい!息もつかせに展開に脳みそがついていかない。いったい誰が?どうして?何のために?の疑問を主人公の筒見と一緒に翻弄されました。誰もかれもが怪しく見えて誰が味方なのかわからなくなっていく。刑事も弁護士もなにもかもが。
 でもその翻弄されながらも 真意がわからないながらも自分ができることで妻を守るという気概が読んでいて迫力ありました。
 真相がわかるにつれて 驚きと納得とを感じ でも理不尽さももちろん。それでも そういう方法でしか救えないってことも感じた。
 結果、筒見は自分の意志で生き方を選んだ。幸せの為に。幸せのためだと信じて。いつかほころびがくるだろうと思う。けれども その方法でしか救えない人もいるって事実が悲しい。

このレビューは参考になりましたか?

筒見芳晃は元教師で現在は教育関係の書籍を執筆、
妻の絵梨と中学1年生の娘の沙梨奈の三人で暮らしていた。
どこにでもある平穏な家庭。

ところがある日、妻が突然逮捕されてしまう。
なぜ逮捕されたのかすら分からないまま釈放を待つしかない日々。
ようやく釈放された妻はだったが、
それは信じられない展開への入り口だった。

目を背けたくなるようなプロローグから
どんどん明らかになっていく真実。
「いっそこの手で殺せたら」
そのタイトルがすごく説得力を持ってくる展開。

スピード感のある展開にとにかく引き込まれた。

このレビューは参考になりましたか?

衝撃的なプロローグにこれは本当に覚悟して読まなければと思いました。読み始めるとプロローグとのつながりに混乱し、何がなんだかわからなくなり、次々と起る不可解な出来事の謎に振り回されながらも先が知りたくページをめくる勢いが止まりませんでした。一体どうなってしまうのか。すべてがつながったとき、もやもやしていた気持ちが解消されるとともに、心の傷を抱えた人々の気持ちを思うとやるせなくなりました。
それでも、ラストは胸がすっとし、ものすごく巧みな構成で混乱させられながらもぐいぐいと引きこまれてしまう作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

かなり重い内容にしっかりと足を踏み入れた一冊。まさか奥さんの失踪がこんな展開につながるとは思いもしませんでした。小説の中だけじゃなく現実世界でもよく耳にする教師の性犯罪。被害者本人やその家族の苦しみや加害者への憎しみが垣間見れます。

このレビューは参考になりましたか?

帯の『覚悟がある人だけ読んでください』という文言に惹かれて読みました。
嫌悪感しか浮かばない一ページ目から始まり、ページをめくる手が止まりませんでした。
何かに触れるとネタバレになってしまうので、是非読んで、としか言えませんが、
個人的にはラストはスッキリした読後感でした。

このレビューは参考になりましたか?

覚悟のある人だけ…かなり心理的にハードなのかなと帯の文言に惹かれて読み始めた。
冒頭や物語の途中にも目を背けたくなる苦手な描写に怯む。
これは、結構読み手を選ぶかもしれないと思って躊躇ったけれど、元教師のライターが実は怪しいのではないか、いやその妻も…と疑い出したら止まらず一気に読みました。
被害者側は決して消え去ることのない傷を負いながら生きているのに対して加害者が何食わぬ顔をして暮らしていると考えるだけで司法はなんとかならないものかと思う。
やり過ぎ感のある展開でしたが、それが痛快に感じるラストに唸りました。

このレビューは参考になりましたか?

その時の欲望の犠牲になった人たちがずっと抱える苦しみを理解する事は同じ苦しみを味わった人たちに分からないけれど、身近にいる家族や兄弟が共有してくれるだけでも少しは楽になれるのだろうか。
これからも無くならないであろうこの問題に激しく憤りつつもラストで多少溜飲を下げられてよかった。

娘が疑問に思った『悪人組織が世界征服をした後彼らはどんな世界を望んでいるのか』。きっと主人公の言う通りこの世の大多数は善人で人の幸せを願えるいい人が沢山いるからそんな時は来ない。
私もそう思いたい。

このレビューは参考になりましたか?

成人女性が行方不明になるなかなかのシチュエーションからの展開は、先を読み解くのが難しかった。
この人はどっちの?と裏読みしながら楽しめる。(楽しむ話ではないが)
犯人を見つけたとて、幸せになるわけではない切なさ。立ち直ることができない出来事ってどう乗り越えれば良いのか。復讐することで解決できるのか。
色々と考える。

このレビューは参考になりましたか?