目の見えない白鳥さんとアートを見にいく

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2021/09/03 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#白鳥さんとアート #NetGalleyJP


内容紹介

【2022年 Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞 ノミネート作】

【第53回大宅壮一ノンフィクション賞 ノミネート作】


一緒に見る、その先に見えてきた世界とは──
心がほぐれるノンフィクション!

白鳥建二さん、51歳、全盲の美術鑑賞者。年に何十回も美術館に通う──。

「白鳥さんと作品を見るとほんとに楽しいよ!」
友人マイティの一言で、アートを巡る旅が始まった。
絵画や仏像、現代美術を前にして会話をしていると新しい世界の扉がどんどん開き、それまで見えていなかったことが見えてきた。

アートの意味、生きること、障害を持つこと、一緒に笑うこと。
白鳥さんとアートを旅して、見えてきたことの物語。

[著者略歴]
川内有緒(かわうち・ありお)
1972年10月9日東京都渋谷区生まれ。
映画監督を目指して日本大学芸術学部へ進学したものの、あっさりとその道を断念。大学卒業後、行き当たりばったりに渡米。中南米のカルチャーに魅せられ、米国ジョージタウン大学て中南米地域研究学修士号を取得。米国企業、日本のシンクタンク、仏のユネスコ本部などに勤務し、国際協力分野で12年間働く。2010 年以降は東京を拠点に評伝、旅行記、エッセイなどの執筆を行う。白鳥建二さんを追ったドキュメンタリー映画『白い鳥』の共同監督。現在は子育てをしながら、執筆や旅を続け、小さなギャラリー「山小屋」(東京・恵比寿)を家族で運営。趣味は美術鑑賞とD.I.Y。「生まれ変わったら冒険家になりたい」が口癖。

【2022年 Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞 ノミネート作】

【第53回大宅壮一ノンフィクション賞 ノミネート作】


一緒に見る、その先に見えてきた世界とは──
心がほぐれるノンフィクション!

白鳥建二さん、51歳、全盲の美術鑑賞者。年に何十回も美術館に通う──。

「白鳥さんと作品を見るとほんとに楽しいよ!」
友人マイティの一言で、アートを巡る旅が始まった。
絵画や仏像、現代美術を前に...


出版社からの備考・コメント

本作品の発行元は集英社インターナショナル、発売元は集英社です。

本作品の発行元は集英社インターナショナル、発売元は集英社です。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784797673999
本体価格 ¥2,100 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

目の見えない白鳥さんと美術館巡り。目の前のアートについてあーだこーだと伝えるうちに、今まで見えてなかったところまで見えてくる。敷居の高かった現代アートも構えずに見たくなるし、仏像鑑賞も楽しそう・・と、浅く考えていたら、優生保護法のことや歴史の闇に葬られた人種差別のことなど重たい問いを突きつけられる。けれど著者の葛藤の向こうで、当の白鳥さんはいつも飄々と穏やかだ。過剰な気遣いもお節介もせず一緒に笑うこと、それに尽きるのだなと。読みやすく面白く、目を開かされることの多い本だった。

このレビューは参考になりましたか?

目の見えない人とアートを見に行くことは、作品を言葉で紹介する際に普段なら見過ごしてしまうことまで注意深く観察できるという、案内者にとってのメリットのみがある、自己満足に近い行為なのではないかと思っていました。
でも、その考えは、目の見えない人も視覚的イメージをふくらませて作品を見ようとしているという先入観からきていて、どこかで、目の見えない人に楽しめるわけがないと思っていたのがわかりました。
もちろんもともとは見えていた人など、そのように楽しむ人もいるとは思いますが、白鳥さんは、私が知覚する視覚とは違う見方で、作品を見ているのでしょう。
仲良くなければ聞けない質問がいろいろ出てきたので、目の見えない人との垣根が少し低くなったように感じました。

このレビューは参考になりましたか?

たまたま今、自分の小狡さや、みっともなさを眼前に突きつけられ、ウツ一歩手前にいる。心臓を鷲掴みされたような痛さの中、この本を読んだ。
そして思った。
あぁ、因果応報なんだな、と。
自分を自分のカタチのまま受け入れ、その姿をひらくことができた人の周りには、そのようなエネルギーが満ちるんだな。
頑なな自分を捨てよう。
一番やりたいと思ったところを手から放さないままに。

読んでよかった。

このレビューは参考になりましたか?

アート好きな著者と友人の日常を描いている。これだけ聞くと普通なのに、そこに盲人がいるという著者の日常が作品になっている。それだけこの著者の日常は多くの人にとって非日常で、自分と縁のない世界なのだろう。私自身も最初、見えない人がアートを見ると、見える人には見えない素晴らしい何かが見えるのかもしれないと思い読み始めた。そんな思いを本の中の白鳥さんはバッサリ一刀両断してくれる。多様性とかマイノリティとかSDGsとか、わかっているつもりなだけだった自分に気付かされる。違うこと、わからないことを素直に聞ける、それ自体を楽しめるって生きる醍醐味だなぁと思った。

このレビューは参考になりましたか?

この本に巡り会えて本当によかった!
私の中で美術鑑賞は静かに鑑賞する事が堅苦しく感じ、また学生時代の美術の授業のイメージが強く、作者の年代に何を感じ考え何を伝えたのかという正解がわからず無意識のうちに避けていましたが、この本を読んで美術館に行ってみたい!と自分の中の新しい扉を開けたような気がします。
静かに鑑賞するなんてもったいないですね。同じ絵を見ているはずなのに言葉にしてみると感じ方や焦点が全く違ったりする事、考えたこともなく、目からうろこでした。
美術鑑賞だけでなく、それは日常色々なことに通じているのではないか、つい「普通」が先走りしてしまう世の中でみんなにおすすめしたい1冊です。
文章が明るくて、その会話に私も同行しているのではないかと思わせてくれるような自然体で、読了後小さな旅行に行ったような興奮がありました。

このレビューは参考になりましたか?

全盲の白鳥さんと美術作品の観賞をするという体験から始まり、幾度となく交流を重ねながら、その中の雑談からいろいろな問題提起がなされていて、度々読むのを中断して自問自答しました。とはいえ、あまり堅苦しくなく、白鳥さんたちのおしゃべりの仲間に勝手に入れてもらってるような感じでした。もちろんいろいろな美術作品の紹介も面白く、興味が持てました。白鳥さんが、「自分の記憶だと思っているものは、常に新鮮な状態の過去の記憶」と言ったところが、記憶って古くなるものだと思っていたわたしには衝撃でした。

このレビューは参考になりましたか?