祝祭の子

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/08/18 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#祝祭の子 #NetGalleyJP


内容紹介

私たちは、殺人の記憶で繫がっている――

この連帯は、赦されないのか?


宗教と暴力で洗脳された子供たちは三十三名を殺害した。

過去と決別、あるいはうまく利用して生きていた〈生存者〉は、ある時から何者かに執拗に追われ始める。

一体誰が、何のために。予想外の結末が待つサスペンス長篇!


(あらすじ)

14年前に宗教団体が運営する施設内で起こった大量殺人事件。

33名の命を奪ったのは宗教と暴力で洗脳された子供たちだった。

終わったはずの加害の過去はいまも彼らを逃がすことなく、〈生存者〉と呼ばれ生きづらさを抱えて生活している。

彼らの育ての親ともいうべき宗教団体〈褻〉のトップ・石黒望は事件後行方不明になっていたが、死体が発見される。

〈生存者〉の一人、夏目わかばはその事実を警察から聞くが同時に何者かにより襲撃される。

混乱しているさなか、かつての仲間達と再会し、自らの存在を問う旅がはじまった――。

ミステリー界最注目の著者による新境地!


(著者プロフィール)

逸木 裕(いつき ゆう)

1980年東京都生まれ。学習院大学法学部卒。2016年「虹になるのを待て」で第36回横溝正史ミステリ大賞を受賞。同年、『虹を待つ彼女』と改題しデビュー。著書に『銀色の国』『空想クラブ』『五つの季節に探偵は』『風を彩る怪物』などがある。2022年に「スケーターズ・ワルツ」で第75回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。

私たちは、殺人の記憶で繫がっている――

この連帯は、赦されないのか?


宗教と暴力で洗脳された子供たちは三十三名を殺害した。

過去と決別、あるいはうまく利用して生きていた〈生存者〉は、ある時から何者かに執拗に追われ始める。

一体誰が、何のために。予想外の結末が待つサスペンス長篇!


(あらすじ)

14年前に宗教団体が運営する施設内で起こった大量殺人事件。

33名の命を奪ったのは宗教と暴力で洗脳された...


出版社からの備考・コメント

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。

※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。


販促プラン

【書店員様へ】

拡材や追加注文のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメールアドレスや店舗様へご連絡させていただく場合がございます。



【書店員様へ】

拡材や追加注文のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメー...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784575245530
本体価格 ¥1,600 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

子供がコロナ罹患し、濃厚接触者になってしまったので家にいざるを得なくなり、せっかくの機会なので本を読もうと思った作品がビックリするほどおもしろかった。

カルト教団で大量虐殺を手伝わされた子供たちのその後を描くという設定が秀逸。ちょっと悪趣味ではあるが、展開も巧い。
一気に読んでしまった。どのくらいのページか分からず読んだが、見てみると500ページを超えていた。意外にあったんだ。

このレビューは参考になりましたか?

洗脳され、多くの人を殺してしまった子供たち。彼らを操った石黒の目的は何だったのか。成長した彼らを襲う敵の正体は何なのか。答えを知りたくてどんどん読み進めた。
罪を犯した過去は消せない。どんなに反省し、後悔しても消してしまった命はもう戻ってこない。自分の過去とまともに向き合ったら生きていけない。だって自分たちは悪いことをしたから。
加害者になった彼らも、はじめは被害者だった。大人に守ってもらわなければならない小さな子供だった。
ラストで明かされた敵の正体にやり切れない思いがした。

このレビューは参考になりましたか?

期待以上の大傑作。誰もが記憶の片隅にあるあの大事件を連想しつつ、だからこそより入り込みやすいのか、頁はどんどん進む。何があっても登場人物の心の芯は冷え切っている描写で、戦闘と洗脳が合わさったら本当の地獄が待ち受けているのだと、心底恐ろしくなった。最後の明るい南の島で、おそらくあの3人だと思うが、少しでも癒やしを受けて人生を送って欲しいなと思った。

このレビューは参考になりましたか?

読み始めて、とんでもない世界に引き込まれて主人公たちはどうなってしまうのだろう?と気になって仕方がない。
それを上回るページ数の多さにビックリした。これからの長い物語に圧倒されるのは間違いないなと確信した。
被害者と加害者の線引きとは事件によって大きく変わってしまうものだと思うのと同時に安易に判断して語るのも恐ろしいことだと思った。

このレビューは参考になりましたか?